編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

【美容センサス2019年下期】≪美容医療≫

株式会社リクルートライフスタイル

From: PR TIMES

2019-11-20 11:00

美容医療の過去1年間の利用率は、女性10.0%、男性6.4%。「自身の施術に抵抗・違和感を感じない」が男女とも30%超え



[画像1: (リンク ») ]


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」( (リンク ») )は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、美容医療(医療脱毛/美容外科・美容内科・美容皮膚科/審美歯科・矯正歯科)の利用に関する実態調査を実施しました。その結果をご報告いたします。


調査トピックス
●美容医療の利用率は女性全体で10.0%、男性全体で6.4%
年代別に見ると利用率が最も高いのは男女ともに20代。美容外科・内科・皮膚科のジャンルで最も女性の利用率が高いのは「美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療」、次いで「シワ・たるみ・毛穴の治療」
[画像2: (リンク ») ]



●美容医療をやってみたいと思った理由、男女ともに1位は「自己満足」
2位は男女共通で「コンプレックスの解消」、加えて男性は「モテたい」

●「美容医療への抵抗感」について、男女ともに3割以上が「抵抗・違和感がない」
年代別に見ると、女性では10~20代、男性では20代で「抵抗・違和感がない」が4割超え。
[画像3: (リンク ») ]



詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]