編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

渋谷の街が音楽プレーヤーになる。音のAR「Audio Scape by au」で、渋谷の街を回遊してコールドプレイの最新曲が聴ける!

KDDI株式会社

From: PR TIMES

2019-11-21 18:35

一般財団法人渋谷区観光協会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:金山 淳吾、渋谷区観光協会)、一般社団法人渋谷未来デザイン(所在地:東京都渋谷区、代表理事:小泉 秀樹、以下 渋谷未来デザイン)、KDDI株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 小林 和之)は、2019年11月22日より、渋谷のスクランブル交差点・宮下公園交差点・ペンギン通りの3カ所において、音のARサービス「Audio Scape by au」上でコールドプレイの新曲を試聴いただける取り組みを実施します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



 
 「Audio Scape by au」は、2019年9月に開催した「渋谷エンタメテック会議」にて発案されたアイデアをもとに実現した音楽生成サービスです。お客さまがスマートフォンからウェブサイトにアクセスすることで、AIが位置情報・時間・気分・天気などを解析し、それぞれのエリアの世界観・カルチャーあわせて音楽を自動選曲します。

 今回は、コールドプレイのニュー・アルバム『エヴリデイ・ライフ』の発売を記念して、渋谷エリアの3カ所にて「Audio Scape by au」を起動することで、アルバムに収録されている『オーファンズ』を試聴いただけます。

 ワーナーミュージック・ジャパン のコールドプレイ担当者は、「この最先端のサービスで音楽やカルチャーに敏感な日本を代表するエンタメの街、渋谷を行き交う人々にコールドプレイを届けたい、という思いからこの企画が実現しました。コールドプレイの記念すべきアルバムのプロモーションを行うことでより多くの方にコールドプレイの楽曲を楽しんでいただくきっかけになればと思います。」と述べています。

 今後も「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」では、来たる第5世代移動通信システム「5G」時代を見据えて、KDDIの有するテクノロジーとオープンイノベーションを組み合わせることで、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていきます。

■「Audio Scape by au」のコールドプレイ・コラボレーションについて
1.概要
渋谷のスクランブル交差点、宮下公園交差点、ペンギン通りの3カ所において、音のARサービス「Audio Scape by au」を立ち上げるとコールドプレイの楽曲を試聴いただけます。

2.ご利用方法
ブラウザより「Audio Scape by au」( (リンク ») )にアクセス。コールドプレイ「オーファンズ」が配置された「渋谷スクランブル交差点」「宮下公園交差点」「ペンギン通り(渋谷PARCO隣接の通り」に近づくと、コールドプレイ「オーファンズ」が再生されます。
[画像3: (リンク ») ]

3.実施場所
渋谷のスクランブル交差点、宮下公園交差点、ペンギン通りの3カ所

4.実施期間
2019年11月22日から2020年3月31日まで

■コールドプレイについて
 1997年ロンドンで結成。2000年、デビュー・アルバム『パラシューツ』が世界的にヒットを記録し全7枚のアルバム総セールスが8,000万枚以上を誇る、21世紀を代表するバンドのひとつ。
 日本には2017年4月にワールド・ツアーのアジア地域での最終公演の場所として来日。初来日から17年目、初めて実現した東京ドーム公演。1夜限りの公演はソールドアウト、チケットはプレミア化した。フジロック、サマーソニックへも出演。
 今回のアルバムは、国や言語、文化、宗教に違いはあれど、世界のどこにいても誰にでも「普通に1日」は訪れる。1日24時間をテーマに掲げたコンセプト・アルバム。
『エヴリデイ・ライフ』と題された本作は「SUNRISE(日の出)」と「SUNSET(日の入り)」の2部構成で、1日の限られた24時間をテーマとしたコンセプト・アルバムです。

<リリース情報>
コールドプレイ / Coldplay
ニュー・アルバム「エヴリデイ・ライフ / Everyday Life」
2019年11月22日発売
WPCR-18287 税抜価格¥2,700



収録曲
1. Sunrise / サンライズ
2. Church / チャーチ
3. Trouble In Town / トラブル・イン・タウン
4. BrokEn / ブロークン
5. Daddy / ダディ
6. Wonder Of The World / Power Of The PeopleArabesque / ワンダー・オブ・ザ・ワールド/パワー・オブ・ザ・ピープル
7. Arabesque / アラベスク
8. When I Need A Friend / ホウェン・アイ・ニード・ア・フレンド
9. Guns / ガンズ
10. Orphans / オーファンズ
11. Èkó / エコ
12. Cry Cry Cry / クライ・クライ・クライ
13. Old Friends / オールド・フレンズ
14. Bani Adam / バニ・アダム
15. Champion Of The World / チャンピオン・オブ・ザ・ワールド
16. Everyday Life / エヴリデイ・ライフ
17. Flags / フラッグス※
※日本盤ボーナス・トラック
CD購入/ ダウンロード / ストリーミングはこちら: (リンク »)

(参考)「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」( (リンク ») )について
来たる5G時代を見据えてKDDI、渋谷区観光協会、渋谷未来デザインの三者で立ち上げた、主にエンターテインメントに特化したテクノロジーを駆使し、渋谷の街をより面白くしていくためのプロジェクト。音楽・アートといったエンターテインメント領域を中心に、新たな文化の創出や、観光面での魅力的な街づくりを推進していきます。
[画像4: (リンク ») ]

※2019年11月21日、「Audio Scape」から「Audio Scape by au」に改称。 

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]