編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

株式会社博報堂DYメディアパートナーズとの資本業務提携及び、同社を割当予定先とする第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ

株式会社アドウェイズ

From: PR TIMES

2019-11-22 18:15

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)及び株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋 弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、本日開催の両社取締役会において、アプリプロモーション領域を中心としたブランド広告主向けインターネット広告事業において連携強化を図り、お互いの企業価値を向上させるため、資本業務提携契約を締結することについて決議いたしました。
本資本業務提携契約の締結に伴い、アドウェイズは、博報堂DYメディアパートナーズを割当予定先とする第三者割当による自己株式の処分を行い、博報堂DYメディアパートナーズは、12月9日付けで当社自己株式2,837,800株(2019年9月30日時点の当社発行済株式総数の6.82%相当)を取得する予定であります。

1.業務提携の概要
博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所の「メディア定点調査2019」(※1)によると、生活者の1日あたりのメディア接触時間が約412分となっている中、携帯電話/スマートフォン、タブレット端末の接触時間は150分にせまり、35%強を占めると言われております。

スマートフォンを中心とするスマートデバイスの普及による生活者のメディア接触行動の変化は、企業のマーケティングコミュニケーションやプロモーション展開にも大きな影響を及ぼしており、今後、5Gによる通信インフラの発展や各種IOTサービスの拡大により加速するものと予想されます。
さらに昨今の、金融やEコマースや人材マッチングサービスなどの決済サービスや各種会員向けサービスの拡大に伴い、アプリを顧客体験の場として利活用する企業も増えてきており、従来、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのマスメディアを中心にマーケティングを展開していたブランド広告主もスマートフォンを中心とするインターネット広告市場に大きな期待を寄せるようになっております。

急速に拡大するインターネット広告市場の中で、特にアプリのダウンロードやアクティベーションを目的とするアプリプロモーション領域においてアドウェイズ グループでは、全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」、運用型広告総合支援システム「STOROBELIGHTSシリーズ」や動画クリエイティブ大量生成ツール「Dobel」を用い、最適な広告配信を提供してきました。
一方、このような環境の元、これまでも博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂DYグループのメディア・コンテンツビジネスを担い、広告主・媒体社・コンテンツホルダーに対し、最適な課題解決力で、ブランドサービスとメディアサービスを「統合的」に提供しており、多数の広告主企業から幅広い信頼を得てきました。

この度の両社の資本業務提携は、アドウェイズグループのデジタル広告運用力、クリエイティブ力、アドテクノロジー分野における開発力などと、博報堂DYメディアパートナーズおよび博報堂DYグループの保有するメディア・コンテンツホルダーへのネットワーク力や広告主企業に対する提案力などを掛け合わせることにより、広告運用ツールの共同開発、独自広告ソリューションの販売拡充や新規顧客への共同営業など、両社一体となり取り組むことで、強固な業務推進体制を構築するものであります。

この強固な業務推進体制の構築は、広告主企業に対し、今まで以上に最適かつ効果的・効率的な広告機会を提供する事ができ、それが両社の企業価値向上に繋がるものと判断し、アドウェイズと博報堂DYメディアパートナーズは、資本業務提携を行うことといたしました。

※1 博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所「メディア定点調査2019」 2019年5月23日
(リンク »)

2.資本提携の概要
アドウェイズは、自己株式処分により、2019年12月9日を処分期日とし、博報堂DYメディアパートナーズに対して、当社普通株式 2,837,800 株(2019年9月30日時点のアドウェイズ発行済株式総数41,588,500株に対して6.82%、総議決権個数387,450個に対して7.32%)を割り当てる予定です。

3.博報堂DYメディアパートナーズ 会社概要
会社名 : 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
代表取締役社長 : 矢嶋 弘毅
本社所在地 : 東京都港区赤坂五丁目3番1号
設立 : 2003年12月1日
資本金 : 95億円
従業員数 : 837名(2019年4月1日現在)
URL : (リンク »)


アドウェイズは、今後も市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充およびデジタル広告における信頼性、透明性の向上に努めるとともに、世界各国で効率的かつ実用的な広告マーケティングサービスの開発を実現してまいります。


□■□株式会社アドウェイズについて  (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、メディアコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]