編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

夫や妻の趣味グッズ、勝手に捨ててしまうのはNG!10~30代独身の7割超えが「理解できない」

株式会社パートナーエージェント

From: PR TIMES

2019-11-26 11:00

~夫や妻の趣味グッズ、半数がスペースと予算を決めて楽しむならOK~

Vol.138 QOM総研 「趣味と結婚」に関するアンケート調査



 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、 (リンク ») 、以下パートナーエージェント)は、10~39歳の独身男女300人に対して「趣味と結婚」に関するアンケート調査を実施いたしました。


[画像1: (リンク ») ]



<調査背景>
 SNSやテレビなどのメディアで、夫や妻の趣味のグッズを勝手に捨ててしまうことについて話題となっています。相手の大切にしているものを勝手な判断で処分してしまうことを、夫婦は許容できるのでしょうか。パートナーエージェントが先日公開した「10~30代の独身男女の趣味と結婚」に関する調査では、10~30代独身男女のおよそ半数が「オタクと結婚できる」と回答しました。
 今回の調査では、夫や妻の趣味のグッズについてどう扱うのがいいと思うのか、聞いてみました。

<調査結果サマリ>


夫や妻の趣味グッズを勝手に捨ててしまう人、「理解できない」7割超え
半数が夫や妻の趣味グッズについて「スペースと予算を決めて楽しむ分には問題ない」
もしも趣味のグッズを勝手に捨てられてしまったら? 4人に1人が「許せないと思う」
アニメ・アイドルグッズから哲学書、御朱印まで、バラエティに富む趣味グッズ



■夫や妻の趣味グッズを勝手に捨ててしまう人、「理解できない」7割超え


Q.結婚相手(夫や妻)の趣味のグッズを勝手に捨ててしまう人についてどう思いますか?(n=300)※必須回答・複数回答可


 SNSやテレビなどで、自分が趣味で集めているコレクション、例えば本やキャラクターグッズ、プラモデルなどを、夫や妻に勝手に捨てられてしまった人についての話題を見かけたことはないでしょうか。「夫婦だからと言って承諾もなく処分してしまうのは問題だ」、「自分の興味のないものが家中に溢れかえっているのはつらい」とそれぞれの言い分はあるようです。まずは夫や妻の趣味グッズを勝手に捨ててしまう人について理解できるかどうか聞きました。
 10~30代の独身男女の71.0%が「理解できない」と回答しました。さすがに夫や妻の持ち物を勝手に捨ててしまうのはNGという意識があるようです。
[画像2: (リンク ») ]


 年代別に見てみると、「10~19歳」と「30~39歳」は同率の76.0%、「20~29歳」でも61.0%が「理解できない」と答えています。
[画像3: (リンク ») ]



■半数が夫や妻の趣味グッズについて「スペースと予算を決めて楽しむ分には問題ない」


Q.結婚相手(夫や妻)の趣味のグッズについて、あなたならどうしてもらいたいですか?(n=300)※必須回答


 もしも、自分の夫や妻が趣味でグッズをたくさん集めていたらどう思うでしょうか。
 最も多かったのは「スペースと予算を決めて楽しむ分には問題ない」で47.7%でした。次点は「特に気にしない」(23.7%)となっています。「全て処分してもらいたい」と答えたのは2.3%でした。
[画像4: (リンク ») ]



■もしも趣味のグッズを勝手に捨てられてしまったら?4人に1人が「許せないと思う」


Q.もし、あなたの趣味のグッズを結婚相手(夫や妻)に勝手に捨てられてしまったらどうしますか?(n=300)※必須回答


 では、自分の趣味のグッズを夫や妻に勝手に捨てられてしまったらどうでしょうか。
 「許せないと思う」(26.0%)、「話し合いをして謝ってもらう」(25.0%)が上位となりました。「黙ってあきらめる」という人も6.0%いました。
[画像5: (リンク ») ]



■アニメ・アイドルグッズから哲学書、御朱印まで、バラエティに富む趣味グッズ


Q.あなたは趣味のグッズを持っていますか?それはどんなものですか?(n=300)※必須回答


 趣味でコレクションしているグッズにはどんなものがあるのでしょうか。本や漫画、キャラクターグッズ、人形などはよく話に聞きますが、それ以外にもさまざまなコレクションがあるようです。

【10代】
・欅坂46のグッズ(14歳・男性)
・小説とAAAのDVDなど(14歳・男性)
・インコのグッズ、アニメグッズなど(14歳・女性)
・アイドルのチェキ(14歳・女性)
・趣味のグッズではないが、見られたくない、触られなくない大切にしているものがある(14歳・女性)
・バンドリのTシャツ、キーホルダー、ペンライト、ペンケース、お守り、ノート、腕時計、ファイル、小説、フィギュア(16歳・男性)
・アイドルのライブグッズ、好きなアニメのグッズ、ライトノベルなど(17歳・男性)
・back numberのグッズ、ムーミンのグッズ、アナと雪の女王のグッズ(17歳・女性)
・好きなスポーツ選手の写真集(17歳・女性)
・海外の哲学書(18歳・男性)
・うたの☆プリンスさまっ♪のCDやDVD などを集めている(19歳・女性)

【20代】
・同人誌、好きな作品のCD(20歳・女性)
・観葉植物(24歳・女性)
・クラシック音楽や洋楽のCDを棚に6段ほど集めている。ギターを1本持っている(25歳・男性)
・シャーペンをコレクションしている(26歳・男性)
・アイドルのコンサートグッズやCD(26歳・女性)
・ヒップホップ系アーティストのキャップ(帽子)をコレクションしている(27歳・男性)
・フィギュアが少し(28歳・男性)
・ガンプラ(29歳・男性)
・少し違うかもしれないが、美容品を大量に買ってしまう(29歳・女性)
・原哲夫さんの漫画(29歳・女性)

【30代】
・たくさんの漫画本がある。また、その漫画のフィギュアやぬいぐるみを棚に飾っている(30歳・女性)
・好きなアイドルのグッズ、女優さんが出ている雑誌など(31歳・女性)
・こまごまとしたガチャガチャの商品(31歳・女性)
・KAT-TUNの全て(31歳・女性)
・好きなアニメのブルーレイ(32歳・男性)
・御朱印(35歳・男性)
・軍事系(35歳・男性)
・レーシングカーのミニカー収集(36歳・男性)
・電子タバコ(VAPE)の関連商品。使用することはもちろんですが、コレクションが趣味になっています(36歳・男性)
・野球グッズ(36歳・女性)
・名探偵コナンの本(38歳・男性)
・ゲームキャラクターのフィギュア、ぬいぐるみ、同人誌など(39歳・女性)


 好きなもの、大切にしているものには、その人にとってたくさんの思い出や気持ちが詰まっています。もしも「たくさんありすぎて困る」ということでしたら、収納をきちんと考えたり、スペースや予算のルールを決めたりしてみてはいかがでしょうか。勝手に捨ててしまうのではなく、2人でしっかり話し合って決めることが大切なのかもしれません。お互いが納得いく形で問題を解決できるような夫婦でいたいものです。


調査方法:インターネット調査
調査対象:「結婚したい」と回答した10~39歳の男女 300名
集計期間:2019年10月2日~6日


<株式会社パートナーエージェント 会社概要>
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3 イマス大崎ビル4階

U R L :
パートナーエージェント (リンク »)

事業内容 :
1.婚活サービス
・専任コンシェルジュによる高い成婚率を実現する婚活支援サービス「パートナーエージェント」
・婚活パーティーサービス「OTOCON」
・婚活支援事業者向け会員相互紹介プラットフォームサービス「CONNECT-ship」
・アライアンス型婚活支援サービス
・地方自治体向け婚活支援サービス
・企業向け婚活支援サービス、他
2.ブライダルサービス等
・適正価格を追求したスマートな結婚式「スマ婚」サービス
・結婚式二次会の幹事業務を行う「2次会くん」サービス、他
3.その他QOL(Quality of Life)サービス
・結婚式場紹介サービス「アニバーサリークラブ」
・ブライダルリング「LITO DIAMOND」
・保険代理店サービス
・パーティー会場運営(株式会社 IROGAMI)、他

~代表メッセージ~
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても
機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで
多くのお客様の支持を頂いてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして
未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献してまいります。


【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容についてはご自由に転載・引用いただいて構いませんが、引用・転載時には、必ず「婚活支援サービス パートナーエージェント」を明記いただけますようお願い申し上げます。また、パートナーエージェントのWebサイト( (リンク ») )へのリンクも貼っていただけますと幸いです。
※ 記事などで取り上げていただけた際は、お時間ございましたらpublic@p-a.jp宛てにご一報いただけると幸甚に存じます。


<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント 広報担当:平田・原
TEL:03-6388-9831(部署直通) FAX:03-5759-2701
Mail:public@p-a.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]