編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ゴルフ経験者500名に聞いた。ゴルフのおかげで仕事がうまくいった人は6割以上!8割以上が「上司や同僚と仲良くなった」

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

From: PR TIMES

2019-11-26 11:00

年収が高い人ほどスコアが良い傾向。一緒にゴルフコースを回りたい芸能人ランキング 男性芸能人1位:大泉洋 女性芸能人1位:新垣結衣

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石坂 信也、以下「GDO」)は、ゴルフをする、全国の20代から50代の会社員500名を対象に「ゴルフに関する調査」を実施しましたので、その調査結果を発表いたします。



本調査では、ゴルフを始めたきっかけ、1ヶ月あたりのゴルフにかける金額とバブル期との比較、ベストスコア、ゴルフのおかげで仕事がうまくいった経験など、様々な項目に回答いただきました。6割以上の人が「ゴルフのおかげで仕事がうまくいった・円滑に進んだ経験がある」という事実をはじめ、会社員のゴルフ事情が見て取れる結果となっております。また、年収が高い人ほどスコアが良い傾向も見られました。
 加えて、一緒にゴルフコースを回りたい思う芸能人については、男性芸能人では大泉洋さん、女性芸能人では新垣結衣さんが1位にランクインしました。
[画像1: (リンク ») ]


調査結果 トピックス
1.ゴルフを始めたきっかけ 1位は「職場の同僚(36.6%)」、2位は「友人・知人(32.2%)」
2.ゴルフ経験者のベストスコアで最も多いのは「90~100未満(24.8%)」
  年収が高い人ほどスコアが良い傾向
3.ゴルフによって仕事がうまくいった経験がある人は6割以上(63.2%)
  8割以上の人は、ゴルフを通して上司や同僚と仲良くなったと感じている(85.4%)
4.1ヶ月あたり、ゴルフにかける金額 「1万円~3万円未満(47.8%)」が最多
  バブル期の方がゴルフにお金をかけていた人が多い。
5.一緒にゴルフコースを回りたい芸能人ランキング
  男性芸能人1位:大泉洋 女性芸能人1位:新垣結衣


<調査結果>
1.ゴルフを始めたきっかけ 1位は「職場の同僚」
 まず、ゴルフを始めるきっかけになった人や影響を受けた人について質問しました。その結果、全体で回答が多かったのは、「職場の同僚(36.6%)」「友人・知人(32.2%)」「家族(23.2%)」でした。性別で見てみると、男性で最も回答が多かったのは「職場の同僚(43.2%)」であったのに対し、女性で最も多かったのは「家族(36.4%)」と、男女で違いが見られました。
 さらに、一緒にゴルフをすることが多い相手について掘り下げて調査してみると、半数以上の人が「友人・知人(57.0%)」「職場の同僚(53.8%)」と回答。また、「仕事の取引先の人(26.4%)」と回答した人は4人に1人以上みられ、いわゆる“接待ゴルフ”を行っている人も多いことがうかがえました。
 先述した性別で見られる違いも踏まえると、男性の場合は、職場の同僚や取引先の人の影響でゴルフを始め、継続する人が多いことが考えられます。
[画像2: (リンク ») ]



2.ゴルフ経験者のベストスコアで最も多いのは、「90~100未満」
 次に、ゴルフをする会社員のスコアはどのくらいなのかを知るために、過去のベストスコアについて質問しました。その結果、最も多かったのは「90~100未満(24.8%)」でした。また、一般的にゴルフがうまいとされるスコア100を切っている人は、全体の半分ほどということが明らかに。また、中には70未満というプロ並みの人も一定数いました。
[画像3: (リンク ») ]


年収が高い人ほどスコアが良い傾向
 また、スコア100を切る、いわゆるゴルフがうまい人を年収別で比較してみました。その結果、年収400万円未満の人では、100を切っている人が38.7%だったのに対し、年収800万円以上の人では70.8%と、年収が高い人の方がスコアが良い傾向が見られました。年収が高い人は、金銭的に余裕があるため頻繁にゴルフに行けるということや、仕事の付き合いでゴルフをする機会が多いことなどがイメージできます。
[画像4: (リンク ») ]



3.ゴルフによって仕事がうまくいった経験がある人は6割以上
 ビジネスのコミュニケーションツールとも言われるゴルフですが、実際に会社員の方々はどの程度ゴルフをビジネスに活用しているのでしょうか。まず、ゴルフを通して、上司や同僚と仲良くなったと感じるかどうかを質問してみました。その結果、16.6%の人が「とてもよく感じる」と回答。「そう感じる(36.4%)」「どちらかというとそう感じる(32.4%)」と回答した人と合計すると、8割以上の人が、ゴルフを通じて同僚や上司と仲良くなっていることが分かりました。
[画像5: (リンク ») ]


ゴルフによって仕事がうまくいった経験がある人は6割以上
 次に、ゴルフのおかげで仕事がうまくいった・円滑に進んだ経験があるかどうかを質問しました。その結果、6割以上の人が経験があると回答(63.2%)。さらに経験があると回答した人を対象に、エピソードも語ってもらいました。すると、「10回飲みに行っても取れなかった仕事が、1回のゴルフでうまくいった」「ゴルフをした後に、進めていたプロジェクトの協力を得ることができた」など、ゴルフがビジネスに良い結果を与えた具体的な体験談が数多く集まりました。
[画像6: (リンク ») ]


〈ゴルフのおかげで、仕事がうまくいった・円滑に進んだエピソード〉

[表1: (リンク ») ]



4.1ヶ月あたり、ゴルフにかける金額 「1万円~3万円未満」が最多
 さらに、後半では、クラブやウェアなどゴルフに必要なグッズをそろえるために、どのくらい金額をかけているのかについて調査しました。その結果、最も票が集まったのは「10万円~20万円未満(22.8%)」。続いて多かったのは「5万円~10万円未満(21.8%)」、「1万円~5万円(15.2%)」でした。約7割の人が、20万円未満でゴルフ用品を一通りそろえているようです。
[画像7: (リンク ») ]


1ヶ月あたり、ゴルフにかける金額「1万円~3万円未満」と回答した人が最多。バブル期の方がゴルフにお金をかけていた人が多い。
 次に、現在ゴルフに対して、1ヶ月あたりどのくらい金額をかけているのかを回答してもらいました。その結果、約半数近くが「1万円~3万円未満(47.8%)」と回答。続いて多かったのは、「1万円未満(28.8%)」でした。毎月の出費と考えると決して安くはない金額ですが、趣味の息抜きや仕事のパフォーマンスの向上に繋がることを考えると、有意義なお金の使い道とも考えられます。
 さらにバブル期(1986~1991年)にゴルフをしていた人を対象に、1ヶ月あたりにかけていた金額を質問してみました。すると、バブル期は現在と比較して「1万円~3万円」の割合が低く、さらに増額した「3万円~5万円未満」と「5万円~10万円未満」の割合が高い結果に。やはり消費が活発だったバブル時代には、ゴルフにもお金をかけていた人が多いようです。
[画像8: (リンク ») ]



5.一緒にゴルフコースを回りたい芸能人ランキング
 最後に、「一緒にゴルフコースを回りたい芸能人」について回答してもらいました。男性芸能人、女性芸能人それぞれについてアンケートをとったところ、女性芸能人の1位は新垣結衣さん(22.0%)、2位は綾瀬はるかさん(16.8%)、3位は土屋太鳳さん(8.0%)。男性芸能人では、1位は大泉洋さん(20.6%)、2位はDAIGOさん(13.8%)、3位は阿部寛さん(9.8%)という結果となりました。上位にランクインする人たちは、男女両方からの支持を集める傾向が見られました。また、選んだ理由を聞いたところ、その芸能人に対しても「一緒に回ったら楽しそう」といった意見が多く見られました。

〈一緒にゴルフコースを回りたい女性芸能人〉

[表2: (リンク ») ]



理由
1位:新垣結衣
上手くいかなくてもフォローしてくれそうだから(埼玉県・28歳男性)
一緒に楽しんでくれそうだから(東京都・23歳女性)
清潔感があって好きだから(愛媛県・40歳男性)
元気に飛び回りそうだから(栃木県・26歳男性)
可愛さ抜群。ウェアも似合いそうだから(東京都・46歳男性)

2位:綾瀬はるか
楽しく話をしながらゴルフができそうだから(山口県・29歳女性)
可愛らしい笑顔で頑張ってコースを回れる気がするから(愛知県・29歳女性)
ずっと、笑っていてくれそう。気分が楽しくなりそう(兵庫県・33歳男性)
おちゃめで楽しくプレーできそう(神奈川県・55歳男性)
意外と運動神経もよく、楽しそう(愛知県・47歳男性)

3位:土屋太鳳
健康的で明るい雰囲気でラウンドが楽しくなりそう(神奈川県・54歳男性)
運動神経が良さそうで可愛らしいから(東京都・56歳男性)
スポーツ全般得意そう(愛知県・28歳女性)

〈一緒にゴルフコースを回りたい男性芸能人〉

[表3: (リンク ») ]


理由
1位:大泉洋
場が盛り上がりそう。単純に楽しくなりそう!(愛知県・29歳女性)
ラウンド中笑いっぱなしになりそう(秋田県・54歳男性)
一日中、楽しく過ごせそうだから(東京都・47歳男性)
うまくいかないときに笑わせてくれそうだから(大阪府・25歳女性)
笑いが絶えなさそうだから(岡山県・28歳男性)

2位:DAIGO
何を言っても肯定的に受けてくれそうだから(愛知県・48歳女性)
人が好さそうで一緒にまわっていても、気を使わなさそうだから(東京都・29歳男性)
楽しく回れそうだから(兵庫県・26歳女性)

3位:阿部寛
どんなゴルフをするのか楽しみである。見ているだけで楽しい(兵庫県・33歳男性)
格好良い人だから(大阪府・33男性)
話が弾みそう(東京都・59歳女性)

<インターネット調査概要>
調査期間:2019年10月29日~11月6日
調査対象:年に3~4回以上の頻度でゴルフをする全国の会社員 500名


■「GDO」について
 今回実施した「ゴルフに関する調査」を通して、ゴルフがもたらすビジネス上のメリットや、会社員のスコア事情、年収との相関関係など、様々な実態が明らかになりました。インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する「GDO」は、すべてのゴルファーの良きサポーターとして、これからもゴルファーにとって快適なゴルフライフを提案するとともに、ゴルフの楽しさ・素晴らしさをより多くの人々へ伝えてまいります。

<「GDO」公式サイト>
(リンク »)


■「ゴルファータイプ診断」を展開中!

[画像9: (リンク ») ]



 特設サイトでは、「ゴルファータイプ診断」を展開しています。本コンテンツでは、ゴルフに関する簡単な質問10問に回答するだけで、あなたがついつい"やりすぎちゃう"ゴルフのプレイスタイルをズバリ診断!さらに、あなたのゴルファースタイルにあった上達のカギをアドバイスします。努力しすぎ?メンタル弱すぎ?おだてすぎ?プレイに悩めるすべてのゴルファーに贈る、診断という名の道しるべです。

<「ゴルファータイプ診断」サイト>
(リンク »)


【診断結果 一例】
・プレッシャーに激ヨワ!豆腐メンタルゴルファー ・練習やりすぎ!ラウンド前ぼろぼろゴルファー

[画像10: (リンク ») ]


・見た目は完璧!見かけ倒しファッションゴルファー ・ミスが許せない!いちいち落ち込みすぎゴルファー

[画像11: (リンク ») ]


・とにかく飛ばせ!マッスル系ゴリラゴルファー    ・手堅く攻める!石橋叩きすぎゴルファー

[画像12: (リンク ») ]


・ヨッ、日本一ッ!おだて上手な太鼓もちゴルファー    ・天国か地獄か!出たとこ勝負なお気楽ゴルファー
[画像13: (リンク ») ]



株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) (リンク »)

本社所在地:東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア8階
設立:2000年5月1日
代表者:代表取締役社長 石坂 信也
資本金:1,458百万円(2018年12月末現在)
従業員数(連結):1,108名(2019年8月末現在)※臨時従業員含む
事業内容:ゴルフに関する総合サービス/新品中古用品販売、「ゴルフガレージ by GDO」運営、ゴルフ場予約サービス、メディア広告事業、レッスン事業「ゴルフテック by GDO」および「キッズゴルフ」の運営
GDOクラブ会員:401万人(2019年9月末)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]