編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

’だいすけお兄さん’主演「おばけのアッチ リーディングミュージカル」初上演!

株式会社ポプラ社

From: PR TIMES

2019-11-26 14:05

会場いっぱいのファミリーがお話と歌で大盛り上がり!公演レポート公開

株式会社ポプラ社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千葉均)は「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」40周年を記念して制作され、2019年11月9日(土)町田市民ホールにて初上演された横山だいすけさん主演の「おばけのアッチ リーディングミュージカル~本の世界に飛び込んでアッチと遊ぼう!アッチと歌おう!~」の公演レポートを公開しました。



「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」40周年を記念して制作された、”だいすけお兄さん”こと横山だいすけさん主演「おばけのアッチ リーディングミュージカル~本の世界に飛び込んでアッチと遊ぼう!アッチと歌おう!~」が2019年11月9日(土)町田市民ホールにて初上演されました。
[画像1: (リンク ») ]


朗読は横山だいすけさん、アッチ役、エッちゃん役、ボン役などにわかれて、おはなしが語られます。
[画像2: (リンク ») ]


大きなスクリーンには映像が映し出され、物語にいつの間にか引き込まれていきます。おはなしの場面が自然に歌になっていて会場も大盛り上がり♪
[画像3: (リンク ») ]


やさしい語り口でアッチのおはなしを読んでくれる横山だいすけさん。
[画像4: (リンク ») ]


おはなしの切り替わりでは会場のみんなと一緒に大きく伸び~♪
[画像5: (リンク ») ]


シックな衣装とピアノ・ギター・ヴァイオリン奏者でステージはさながらクラシックコンサートのよう。「はじめてのコンサート」となったお子さんも多かったようです。
[画像6: (リンク ») ]


横山だいすけさんをはじめ、第一線で活躍するキャストによる情感たっぷりの朗読をベースに、アッチがお料理をつくりながら口ずさむ「スパゲッティのうた」や「フルーツポンチのうた」が素敵な曲になって歌われる「おばけのアッチ リーディングミュージカル」。ピアノ・ギター・ヴァイオリン奏者による全編生演奏が加わって、ワクワクドキドキの物語世界が鮮やかによみがえり、いつの間にかおはなしの世界に入り込んでしまいます。当日、会場にはたくさんの親子が集まり、初めて体験するおばけのアッチの舞台に、大きな大きな歓声があがっていました。

横山だいすけさんのオフィシャルブログでも「おばけのアッチ リーディングミュージカル」終演後の盛り上がった舞台裏や角野先生との記念写真も紹介されています。「角野先生と」>>> (リンク »)

今回「おばけのアッチ リーディングミュージカル」で演じられたのは、シリーズ第1作でアッチとエッちゃんが出会う『スパゲッティがたべたいよう』、仲間たちとのつながりが描かれる『フルーツポンチはいできあがり』、ドララちゃん初登場作『おばけのアッチとドララちゃん』です。歌になっている部分もすべておはなしの一場面なので、原作の方もチェックしておくとより楽しめそうです。

子ども大人も楽しめる「おばけのアッチ リーディングミュージカル」はさらにパワーアップして来年の公演を準備中です。詳細がきまったら「おばけのアッチ リーディングミュージカル」公式や「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」のホームページでお知らせしていきます。
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]




■ポプラ社ホームページ公演レポート>>> (リンク »)



リーディングミュージカルとは

リーディングミュージカルとは朗読のように本を読みながら歌ったり演技したりして進めていくお芝居です。通常は座った状態で本を手にしたまま役者さんたちがセリフをしゃべったり歌をうたったりします。物語のすべてを演じてみせる一般的なミュージカルとは違って、色々なイマジネーションをふくらませる楽しみ方は本を読むのと似た魅力があります。今回はスクリーンにうつしだされる映像と生演奏される音楽と一緒にさらに想像力をかきたてられる演出に。長年に渡って親しまれてきたアッチの魅力を存分に味わっていただきたいと思います。

■「おばけのアッチ リーディングミュージカル」公式HP>>> (リンク »)


初回公演について

【公演概要】
■タイトル:おばけのアッチ リーディングミュージカル~本の世界に飛び込んでアッチと遊ぼう!アッチと歌おう!~
■原作:角野栄子 作/佐々木洋子 絵「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」(ポプラ社刊)
■脚本・演出:岸本功喜
■音楽:小島良太
■出演:横山だいすけ・のだこころ・石橋佑果・佐々木純・遠山美樹【演奏】奥田祐(ピアノ・キーボード)・地行美穂(ヴァイオリン)・川相賢太郎(ギター)
■公演日:2019年11月9日(土)1.開場 11:15/開演 12:00 2. 開場 14:15/開演 15:00
■会場:町田市民ホール 〒194-0022 東京都町田市森野2-2-36 TEL 042-728-4300
【運営】
■主催:アークスインターナショナル株式会社
■共催:一般財団法人町田市文化・国際交流財団
■特別協賛:株式会社ポプラ社
【一般お問い合わせ先】
■アークスインターナショナル TEL 0798-34-5377(平日13:00~18:00)



「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」とは?


[動画: (リンク ») ]



1979年に『スパゲッティがたべたいよう』でスタートした「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズは、魅力的なキャラクターと自由な発想のストーリーで、子どもたちの大きな支持を集めました。親から子へと世代を超えて読み継がれています。2018年に国際アンデルセン賞・作家賞を受賞した児童文学作家・角野栄子さんのライフワークとして毎年新刊が発表され、幼年童話のロングセラー・シリーズとしてファンを増やし続けています。
■「おばけのアッチのほんだな」が全国を巡回中♪「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」40周年特設サイトはこちら>>> (リンク »)

■「おばけのアッチCafé」in 名古屋 2019年12月8日まで「カルロバ名古屋」にて開催中!>>> (リンク »)



2019年12月刊行新刊『おばけのアッチ おもっちでおめでとう』


[画像10: (リンク ») ]


『おばけのアッチ おもっちでおめでとう』
作・角野栄子/絵・佐々木洋子/ポプラ社 刊

もうすぐお正月。アッチは仲間たちとおもちつき!「アッチとおもっち、そっくりだ!」とからかわれらアッチは、おもちを持って空高く飛んでいきます。すると、おもちはどんどんのびていき・・・!?

ISBN 978-4591-16451-8
定価:本体900円(税別)

※書影は変更になることがあります


【出版社紹介】
社名:株式会社ポプラ社  (リンク »)
本社所在地:〒102-8519 東京都千代田区麹町4丁目2番地 住友不動産麹町ファーストビル8・9階
設立:1947年6月
事業内容:児童書、一般書などの出版


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]