編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ついに電子書籍で「宮部みゆきの小説」が読める! 初の傑作選『宮部みゆき よりすぐり短編集』 12月6日、満を持して電子限定配信開始!!

株式会社新潮社

From: PR TIMES

2019-11-26 17:35

宮部みゆきの短編集が、初めて「電子書籍」になります! 12月6日配信開始の『電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集』は、紙媒体での発売は無しの「電子書籍限定配信」。しかも、著者初の「傑作選」です。



[画像1: (リンク ») ]

アンソロジーの一編として配信されることはあっても、「丸ごと一冊、宮部さんの小説」という電子書籍の刊行


は、今回が初! しかも著者にとって初めての「傑作選」でもあります。今回の短編集に収録されたのは、「サボテンの花」「雪娘」「10年計画」「朽ちてゆくまで」「たった一人」「邪恋」「ばんば憑き」「片葉の芦」「神無月」「地下街の雨」「淋しい狩人」「刑事の財布」という、様々なジャンル、執筆年代を網羅した12篇。長年に亘り宮部作品を担当してきた編集者・佐藤誠一郎がより抜いた短編たちには、代表作・話題作の原型が感じられ、小説家・宮部みゆきの主だった足跡を辿ることができます。「宮部さんの短編も読んでみたいけれど、何から読んだらいいの?」という初心者には最適なスターターブックとなっています。長年のファンにも“目から鱗”な読みどころを押さえた「全作品解説」付き。

今回は『よりすぐり短編集』のほか、『宮部みゆき全一冊』『ほのぼのお徒歩日記』、そして、宮部さん監修『半七捕物帳-江戸探偵怪異譚』の3冊も、同時に配信開始です!

[画像2: (リンク ») ]


【解説を担当した佐藤誠一郎(新潮社出版部)のイチオシポイント!】
短編は「切り取る」のが仕事。宮部さんの刃物は、和包丁だったりゾーリンゲンだったりと実に様々ですから、「切れ味の違う十二品」が特徴のメニューになりました。「あの有名な長編」の原石を探す楽しみも隠し味の一つ。宮部さんの小説脳の自在さを、どうか堪能してください!


【書誌情報】 
書 名:『電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集』
価 格:本体980円+税/ 配信開始日:2019年12月6日
特設サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]