編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

JAXA、リコー、宇宙空間で撮影した360°の全天球静止画・動画の第2弾を公開

株式会社リコー

From: PR TIMES

2019-11-27 10:00

リコーは宇宙船外で撮影した360°静止画・動画の第2弾を本日公開しました。

RICOH THETAをベースにJAXAとリコーで共同開発した小型全天球カメラが、宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームで360°の静止画・動画の撮影を行いました。

10月17日に公開した第1弾の映像に続き、第2弾では新たに静止画3枚、動画を1本を追加しています。

国際宇宙ステーション(ISS)は、地球を約90分で一周します。第2弾では、地球一周の画像をタイムラプス動画にしました。雲の様子から夜の様子、とても美しい地球一周をご覧いただくことができます。

撮影された全天球静止画・動画は、JAXAが運営する「JAXAデジタルアーカイブス」(JDA)で公開されます。また、リコーが運営するサイト「THETA LAB」にも掲載いたします。こちらではWebブラウザ上から360°の全方位を自由な視点でご覧いただけます。

VRゴーグルなどを利用することで、臨場感あふれる全天球イメージで宇宙空間を疑似体験できます。

映像はこちらからご覧いただけます。
THETA LAB 
(リンク »)

JAXAデジタルアーカイブス 
(リンク »)


<関連ニュース>
JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]