編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

関節痛で悩む人は3000万人とのデータも。コラーゲンは食事で摂取しても効果有り。薬だけに頼らずに、関節痛を改善する食事法とは

株式会社扶桑社

From: PR TIMES

2019-11-27 16:25

たくさん食べてコラーゲンを摂取しましょう。

料理研究家・小田真規子さんが、ひどいひざ痛に悩んでいたときに実際につくって食べて、
その効果を実感できた、コラーゲンを効率よくとれるレシピを紹介。さらに、コラーゲンの
研究の第一人者・城西大学の真野博教授によるひざ痛の解説と予防法などを掲載。



[画像1: (リンク ») ]

薬だけに頼らずに、しっかりコラーゲン食材を食べることで改善しましょう!
多くの人が抱えるひざの痛みのトラブル。ひざ痛は早い人で40代から始まり、女性は50代半ば、男性は60代半ばから急増します。その原因として多いのが変形性膝関節症。日本における変形性膝関節症の推定患者数は自覚症状がある患者で1000万人。自覚症状がない人数も合わせると3000万人の患者がおり、中高年世代の国民病ともいわれます(※)。 
(※)厚生労働省「介護予防の推進に向けた運動器疾患対策に関する検討会」の報告書(平成20年)

●どうしてひざ痛になるの?

[画像2: (リンク ») ]

関節は骨と骨とを連結させなめらかに動かす役割をもっています。ジョイント部分である骨と骨の表面は軟骨で覆われており、クッションの役割を果たしています。ところが加齢とともに軟骨がすり減るとクッション機能も変形していき、痛みを感じるようになり、ひどくなると歩行が困難になる場合も! そうなる前にコラーゲンを重視した食生活をしてみては? 自分のひざは自分で守り、生涯元気で歩ける体を目指しましょう!

[画像3: (リンク ») ]

●コラーゲンって食事で摂取しても意味がないと聞いたけれど……
そんなことはありません!確かに過去には「食事から摂取するコラーゲンは、なんの意味もない」と言われてきました。ところが、10年くらい前から世界的にも、食事由来のコラーゲンは体内に取り込まれ、取り込まれた小さな活性型コラーゲンペプチドは、軟骨、骨、筋肉、皮膚の細胞に直接作用することがわかってきました。
現在では、活性型コラーゲンペプチドは細胞の中で遺伝子を活性化させることが認められています。(※)
(※)本書より。真野博教授による「あとがきにかえて」より抜粋。

●コラーゲンをとる料理法は?

[画像4: (リンク ») ]

鶏や豚の骨付き肉、うなぎや皮付きの鮭や煮干しなどがコラーゲンを多く含む食材。
これらは、「熱を加える」「酸を加える」「皮・骨などを丸ごととる」のを意識して料理すればとることができます。この本では、さらにコラーゲンの働きを助けてくれるサポート食材も盛り込み、できるだけ簡単につくれて、食べやすい料理を紹介しています!

■目次・内容
Chapter1コラーゲンがとれる骨付き肉おかず
鶏手羽先の黒酢煮込み/鶏スペアリブの照り焼き炒め/チーズタッカルビなど

Chapter2コラーゲンがとれる魚のおかず
鮭缶のアクアパッツァ/さば缶のおかずポテサラ/鮭のちゃんちゃん焼きなど

Chapter3コラーゲンがとれる汁までおいしい鍋
サムゲタン風鍋/鶏すき/豆乳水炊き鍋など

Chapter4コラーゲンがとれるご飯&麺                           
シンガポールライス/スープカレー/鮭缶ピラフなど

コラム
どうしてひざ痛になるの?/コラーゲンはひざ痛の救世主!?
コラーゲンを多く含む食材/コラーゲンを上手にとるには?
コラーゲンをとる料理法/コラーゲンをもっと知るためのQ&A
あると便利なコラーゲンのもと/便利なコラーゲンのつくりおき
ゼラチンはコラーゲンです/コラーゲンがとれるホットドリンク
コラーゲンがとれる即席スープ

■著者プロフィール
小田真規子(おだ まきこ)
料理研究家・栄養士・フードディレクター。1998年にスタジオナッツを設立。つくりやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい家庭料理をテーマに、料理・生活雑誌にオリジナルレシピを発表するほか、レシピ本の出版、企業への料理提案やアドバイスなどに携わる。著書に『つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当』(扶桑社)、『栄養まるごと10割レシピ』(世界文化社)、『シニアの減塩するからおいしいレシピ』(NHK出版)。

■監修者プロフィール
真野 博(まの ひろし)
城西大学薬学部医療栄養学科(管理栄養士養成課程)教授。専門分野は食品機能学、骨代謝学、分子細胞生物学で、「コラーゲンペプチドの運動器に及ぼす作用」を研究中。また、埼玉西部地区(奥武蔵)の食材を使った心と身体と社会に優しいメニューを開発中。環境保全治療団体「高麗川かわガール」を主宰し、高麗川流域の環境保全活動を行い環境教育学にも関わる。

■新刊概要
タイトル:『薬に頼らずに食べて改善 ひざ痛になりたくなければ、お食べなさい』
著者:小田真規子
監修者:真野博
発売:2019年11月26日
定価:1100円(本体1000円+税)
判型:AB判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-61482-9

■購入リンク
Amazon
(リンク »)
楽天ブックス
(リンク »)

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
TEL 03-6368-8863

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]