編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ゲーム業界特化型eギフトとTwitterを活用したキャンペーン施策を強化

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2019-11-28 17:05

各種Twitterキャンペーンとゲームファン20万フォロワーにリーチ可能な「ファミ通App」アカウント内アナウンスをパッケージ化したサービスの提供を開始

eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、法人向けにeギフトと各種デジタルキャンペーンの施策を提供する「giftee for Business」(※2)における、Twitterを活用したゲーム業界に特化型のキャンペーン施策を強化いたします。また、その施策の一つとして、2019年11月28日より、ギフティがゲーム業界に提供する各種Twitterキャンペーンを、株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区/代表取締役社長:豊島 秀介)が運営するスマートフォンゲームアプリの情報ポータルサイト「ファミ通App」へ記事広告掲載、および公式Twitterでの投稿をパッケージサービスとして共同で提供開始いたしますので、あわせてお知らせいたします。



ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスの一つである、法人を対象にeギフトと各種デジタルキャンペーンの施策を提供する「giftee for Business」は、2019年1月~9月までの累計で533社に導入をいただいており、ゲーム業界のデジタルキャンペーンにおいては、2017年のサービス開始以降、スマホゲームと相性のよいTwitterインスタントウィン機能とあわせ、ひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」や「バンドリ!ガールズバンドパーティ」、「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」等をはじめとしたスマホゲームのキャンペーン200案件以上に採用をいただいております。

ギフティが提供するeギフトを活用したTwitterインスタントウィン機能とは、キャンペーン実施企業が運営するTwitterページを、Twitterユーザーがフォロー&RT(リツイート)するなどの条件を満たした際に、リアルタイムに抽選が行われ、当落結果が即時表示、また、当選者にはその場で特典としてeギフトが付与されるTwitterキャンペーンのツールです。キャンペーン実施企業は、200種類以上のラインナップから、当選ギフトを自由に選ぶことができる他、想定リーチ数に合わせた当選確率の設定や、ユーザーの複数回当選防止等にも対応可能であり、新タイトルのプロモーションや会員の獲得などに効果的な機能です。また、当選者がeギフトの選択を行うことも可能です。また、Twitterインスタントウィンは抽選からeギフトの付与まで一気通貫で実行可能なため、賞品配送などの事務局負担は一切ありません。

一方、スマホゲームの国内市場は、2017年度に前年度比8.9%増の1兆290億円に達し市場拡大は続くものの、市場が急速に成熟し始めており、既存タイトルの人気が継続する中で、新しいタイトルがリリースされても十分な人気を獲得できないケースが増えているという調査結果もレポートされています。(矢野経済研究所調べ)このような市場動向を踏まえ、ギフティでは、ゲーム業界向けの施策の強化を図るべく、「ファミ通App」とのパッケージサービスの提供を開始いたしました。

「ファミ通App」とのパッケージサービスは、ギフティのTwitterインスタントウィンキャンペーンにお申込みをいただきましたゲームメーカーに提供するサービスであり、「ファミ通App」内のキャンペーン特設サイト上でTwitterキャンペーンの告知を行えるサービスです。Twitter上での効率的な拡散に加えて、ゲームコアユーザーへの確実なリーチを実現することが可能です。パッケージリリース記念として、ギフティのTwitterインスタントウィンキャンペーンにお申し込み頂いた全てのタイトルが無料で本特設サイトに掲載されます(※3)。また、「ファミ通App」公式Twitterアカウントで20万フォロワーに向けてキャンペーンの告知ができるタイアップパッケージも合せてご提供予定です。

なお、ギフティ単独の施策としても、複数のゲームタイトルのTwitterキャンペーンを広く告知することを目的に、2019年10月7日~11月3日まで、専用LPを公開し、「ゲーム横断感謝祭」を開催しました。初の試みとなる本施策には、「とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)」や「ポケコロ ( (リンク ») )」などをはじめとする9タイトルにご参加をいただきました。期間中の総RT数は約40万件に達し、フォロワー獲得単価も30円台を達成致しました。

ギフティは、ゲーム業界とユーザーをつなぎ、ゲーム文化を盛り上げるべく、引き続き、eギフトとデジタルキャンペーンの各種機能を活用した施策の提供に取り組みます。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組む、eギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です。
(※2) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます。
(C) 2015-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Alim Co., Ltd.
(C) 2019 TOARU-PROJECT (C) 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【 Twitterインスタントウィンについて 】
名称: Twitterインスタントウィン
概要 :  ギフティが提供するeギフトを活用した企業のデジタルマーケティング施策を支援する「giftee campaign platform」の機能の1つであり、eギフトを当選商品とするTwitterを活用したインスタントウィン機能
機能:
・キャンペーン応募条件の任意設定
「特定のアカウントをフォロー」「特定のツイートをリツイート」「特定のハッシュタグをつけてツイート」など、応募条件を任意に設定してキャンペーンを行うことができます
・リアルタイムでインセンティブ付与
キャンペーンに応募したユーザーは、その場で抽選結果を確認することが可能です。当選者にはリアルタイムで、キャンペーンのLP上から、eギフトが付与されます。メールやDMを送る手間は一切必要ありません
・インセンティブ選択機能
インセンティブとして提供する商品を複数用意し当選したユーザーが選択することもできます。例えば、「App Store & iTunes ギフトカード」と「Google Play ギフトコード」2種類のデジタルコードをインセンティブとして設定し、当選後にキャンペーン参加者がお好きなギフトを選択することが可能です。
[画像1: (リンク ») ]

(C) 2019 iTunes K.K. All rights reserved.
Google Play、Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。
・不正複数回応募制御
キャンペーン応募時にTwitterのアカウントと連携をすることで、1度キャンペーンに参加したユーザー参加が複数回応募することを防ぐことができます
・高負荷対応
Twitterプロモトレンドや、広告などの大きなトラフィックが集まった場合でも、対応できるインフラを備えています。
導入イメージ :

[画像2: (リンク ») ]

【 「ファミ通App」パッケージサービスについて 】
名称 :  「ファミ通App」gifteeパック
概要 :  eギフトを活用したTwitterインスタントウィンと「ファミ通App」での告知をパッケージ化したサービス
1. 特設サイト上でのキャンペーン告知:
ファミ通App内の特設サイト上でTwitterキャンペーンの告知を行うオンリーワンパッケージです。ギフティのTwitterインスタントウィンシステムをご活用頂いたキャンペーンのみ掲載されます。
Twitter上での拡散に加えて、ファミ通Appの抱えるゲームコアユーザーへのリーチによって、効率的なユーザー獲得を実現します。
2. ファミ通App 公式Twitter上での告知:
ファミ通App上での紹介記事出稿と公式Twitterアカウントでの告知を特別価格でご提供するパッケージです。ファミ通Appアカウントの20万フォロワーに向けて一斉にキャンペーンを告知することが可能です。
提供開始日: 2019年11月28日
特設サイトURL: (リンク »)
特設サイトイメージ :

[画像3: (リンク ») ]


■ 株式会社ギフティについて
ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」(※3)、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※4)、の3サービスで、個人、法人、自治体を対象に幅広くeギフトを活用したサービスを提供しております。
社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目10−25 齊征池田山ビル2F
設立: 2010年8月10日 (サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,518,269千円(2019年10月末時点)
代表者: 代表取締役 太田 睦
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
     ・カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
     ・法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
     ・eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
     ・地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL: 株式会社ギフティ  (リンク »)
    カジュアルギフトサービス「giftee」  (リンク »)
    法人向けeギフトサービス 「giftee for Business」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]