編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

アクロディアと内外ゴム、センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」の販売開始へ

株式会社アクロディア

From: PR TIMES

2019-12-02 10:46

株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 堤 純也、以下「当社」) は、内外ゴム株式会社(本社: 兵庫県明石市、代表取締役社長 土井 正孝、以下「内外ゴム」)とセンサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」の開発を完了し、12月2日より販売開始することとなりましたので、お知らせいたします。



本製品は硬式野球版『i・Ball Technical Pitch』の軟式野球版の新製品となります。
軟式野球の愛好チーム数は4万チームを超え、競技人口は120万人を超えています。

硬式野球版である『i・Ball Technical Pitch』はご好評をいただき順調に推移しておりますが、軟式野球版を市場に投入する事で、より幅広いユーザ層、より多くのユーザにご利用いただき、野球界の更なる発展に貢献していきたいと考えております。

■『テクニカルピッチ軟式M号球』とは
『テクニカルピッチ軟式M号球』は、軟式野球ボールの中心部に9軸センサー※を内蔵したIoT製品です。ボール本体は、公認M号球と同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作られています。ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、専用サーバーで投球データの解析が可能です。
※3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、3軸角速度センサー

[画像1: (リンク ») ]

投手がTechnical Pitchを投げると、Bluetoothによってスマホに投球データが転送される。

[画像2: (リンク ») ]


◇販売
本体価格:27,500円(税別)
12月2日発売開始(Web販売などで販売)
(リンク »)


【株式会社アクロディア】
所在地:東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル
設立:2004年7月
上場:2006年10月 東証第二部(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供
ウェブサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アクロディアの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]