編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

【ドリームインキュベータ】NEXTユニコーン起業家向け「ファイナンス・プロデュース」事業を始動

株式会社ドリームインキュベータ

From: PR TIMES

2019-12-03 11:00

~1千億円超の事業創造を目指す起業家のファイナンス戦略をプロデュース~

戦略コンサルティングとベンチャー投資育成事業を行うビジネスプロデューシングカンパニーの株式会社ドリームインキュベータ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山川 隆義 以下、DI)は、このたび、起業家の資金調達やM&Aのアドバイザリー事業を行う「プライベートキャピタル・グループ」の人員を増強し、NEXTユニコーンを目指す起業家向けの「ファイナンス・プロデュース」事業を始動したことをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

DIは2000年の創業以来、“日本経済を元気にする”という想いの下、志高い起業家や大企業の事業創造をビジネスプロデュースしてまいりました。

DIのプライベートキャピタル・グループは、スタートアップ投資社数やVC(ベンチャーキャピタル)ファンド社数が近年増え続けている中でもIPO件数が増えていない状況や、新規事業分野でスタートアップとの協業やM&Aを活用する大企業側のニーズの増加に鑑み、起業家・スタートアップの資金調達の大型化や大企業等との間でのM&Aなどを加速するアドバイザリーを実行し、これまでも数百億円超の企業価値創出に貢献してまいりました。

ファイナンス・プロデュース事業においては、ユニコーンに対する逆風がある状況下でも、以下のような定義におけるNEXTユニコーン起業家に最適なソリューションを提供します。


起業家を中心とする「ファイナンス・プロデュース」の特長

・ NEXTユニコーン起業家が直面するファイナンス戦略における課題に対して、トータルなソリューションを提供
・ 特に、シリーズB以降や大企業の新規事業カーブアウトを中心とするスタートアップ・起業家の資本政策、資金調達やM&Aにおけるアドバイザリーに注力
・ DIの事業創造のためのビジネスプロデュースや戦略コンサルティングの実績に基づく知見、国内外の大企業やVC/PEファンド、起業家等とのネットワークも活用


ファイナンス・プロデュース事業における「NEXTユニコーン」の定義


[画像2: (リンク ») ]

1. 1千億円以上の企業価値での大型上場(IPO)を目指す次なるユニコーンとして、大型の資金調達などを活用して事業加速を目指す起業家(狭義のNEXTユニコーン)
2. 小規模上場を選ばず、新規事業に取り組む大企業等にM&Aを活用してグループ入りし、より大きな経営資源を活用して1千億円以上の事業創造を目指す起業家(広義のNEXTユニコーン)
3. 大企業等の新規事業のなかで、外部の経営資源をフル活用するほうが成功確度が高まる新規事業をカーブアウトし、1千億円以上の事業創造を目指す起業家(広義のNEXTユニコーン)



プライベートキャピタル・グループ メンバー


[画像3: (リンク ») ]

(専属メンバーは左から2人目より、草嶋 健介、松井 克成、ジェソン 義人、島本 大地)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]