編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

『タワー オブ アイオン』次期アップデート「Blue Flame」12月18日(水)実装!新要塞戦「プラデス要塞戦」や新感覚の決闘場「太初の決闘」などを追加

エヌ・シー・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2019-12-04 13:15



PC向けオンラインゲーム『The Tower of AION(以下、タワー オブ アイオン)』をサービス、運営しているエヌ・シー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン)は、2019年11月18日(水) に新アップデート「Blue Flame」を実装する予定です。
[画像1: (リンク ») ]

■最新アップデート「Blue Flame」
実装時期:2019年12月18日(水)定期メンテナンス時
お知らせページ: (リンク »)
概要:
本アップデートでは新たな要塞戦「プラデス要塞戦」やルールをアレンジできる新感覚の決闘場「太初の決闘」が実装されます。
さらにミニオングレンダルやシータ達がパワーアップしたミニオンSが登場します!
アップデート特設ページは当日12月18日(水)定期メンテナンス後に公開しますのでお楽しみに!
※戦闘をサポートしてくれる妖精で、召喚されるとプレイヤーの能力を高めたり、各自が保持しているスキルを使用できる。

[画像2: (リンク ») ]

プラデス要塞戦

[画像3: (リンク ») ]

太初の決闘

[画像4: (リンク ») ]

ミニオンS


【タワーオブアイオン ゲーム概要】
2009年7月に正式サービスの始まったMMORPG(※)でアジア、北米、ヨーロッパなど全世界60カ国で楽しまれています。
天族と魔族そして龍族、3つの種族が「飛行」によって、「縦×横」だけでなく、「高さ」の要素が加わった、360°の空間で飛翔を体感できます。醍醐味の一つである「要塞戦」は、天族と魔族の種族間で陣地をめぐった戦争であり、地上だけではなく空中でも繰り広げられます。プレイヤーが空を飛行しながら敵と戦う光景は、他のオンラインゲームでは決して体験することができません。
※Massively Multiplayer Online Role-Playing Gameの略称で大勢の人が同時に参加できる。
[画像5: (リンク ») ]


タイトル The Tower of AION(タワー オブ アイオン)
ジャンル MMORPG
タワー オブ アイオン公式サイト (リンク »)
公式Twitter  (リンク »)
公式YouTube (リンク »)
公式Facebook (リンク »)
[画像6: (リンク ») ]


The Tower of AION (R) are registered trademarks of NCSOFT Corporation. Copyright (C) 2009NCSOFT Corporation. NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

※当プレスリリースの内容は2019年12月4日現在のものです。諸般の事情により予定を変更する場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エヌ・シー・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]