編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

株式取引にかかる手数料および金利等の改定のお知らせ

松井証券株式会社

From: PR TIMES

2019-12-09 08:36

~全ての個人に、より魅力的な取引環境を提供~

松井証券( (リンク ») )は、株式取引にかかる手数料および金利等のコストを見直し、2019年12月23日(予定)より、通常の株式取引にかかる手数料体系「ボックスレート」、およびデイトレード専用の信用取引サービス「一日信用取引」の金利・貸株料等の改定を行いますので、お知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

当社は、通常の株式取引*1にかかる手数料体系として、現物取引・信用取引に関わらず1日の約定代金合計で手数料を決定する「ボックスレート」を採用しています。さらに、投資初心者が少額からでも株式投資を始められるよう、1日10万円以下の少額取引については手数料を無料としています。近年、上場企業の中で、個人株主作りを目的に最低投資金額を少額にする取り組みが行われておりますが、10万円以下で購入できる銘柄数は東京証券取引所に上場する株式等の4割程度です*2。そこで当社は、個人投資家層の更なる裾野拡大を目指し、少額取引にかかる手数料無料の条件を「1日50万円以下」に拡大することを決定しました。これにより、東京証券取引所に上場する株式等の9割以上を手数料無料で取引できる*2ようになります。この度の手数料体系見直しにより、今後、上場企業による個人株主作りのための最低投資金額引き下げの動きが活発化し、投資金額の更なる小口化が進むことで、投資初心者を含む少額投資家の株式市場への参加、つまり“株”取引人口が拡大し、個人株主の裾野が拡大していく効果も期待しています。

また、当社は、デイトレード専用の信用取引サービス「一日信用取引」を手数料無料で提供しております。この度、デイトレードにかかる取引コストについても見直しを行い、「一日信用取引」の金利・貸株料等を業界最低水準*3に引き下げることを決定しました。通常の株式取引およびデイトレード専用「一日信用取引」にかかるサービス改定内容は以下の通りです。

【手数料および金利等の改定内容】
 ◎通常の株式取引にかかる手数料

[画像2: (リンク ») ]

 ◎「一日信用取引」の手数料・金利等(デイトレード向け信用取引サービスの比較*3)

[画像3: (リンク ») ]


松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。

以上

*1 インターネット経由の現物取引、制度信用取引および無期限信用取引。
*2 当社調べ、2019年12月5日時点。
*3 返済期限が1日の信用取引サービスを提供する3社(当社、SBI 証券、楽天証券)の比較。表中のデータは、1注文あたりの手数料・金利・貸株料等を表示、手数料はすべて税抜き表示。
*4 SBI証券の手数料は1注文の約定代金に対してかかる手数料コース「スタンダードプラン」を表示。

<取扱商品のリスクおよび手数料等の説明>
■株式取引は株価の変動等により損失を生じるおそれがあります。また、信用取引は差入れる委託保証金額の約3.2倍まで取引ができるため、損失額が差入れた保証金の額を上回る可能性があります。
■現物取引、制度信用および無期限信用取引の委託手数料はインターネット経由の場合1日の約定代金の合計により決定し、100,000円が上限です。
■一日信用取引の委託手数料は、インターネット経由で新規建を行った当日中に反対売買を行った場合、無料です。現引・現渡を行った場合、当該建玉の新規建手数料として、約定代金×0.3%がかかります。
■弁済期限の前営業日(一日信用取引の場合は新規建を行った当日)までに建玉が決済されなかった場合、お客様の口座において当社の任意で当該建玉を決済します。その際の手数料は、約定代金×1%(最低20円)です。ただし、一日信用取引の場合は、約定代金×0.3%(最低20円)です。
■手数料表示はすべて税抜です。
■信用取引は、買付けは買付代金に対する金利、売付けは売付株式等に対する貸株料がかかります。
■一日信用取引の場合、金利(買い方)および貸株料(売り方)は、新規建を行った当日においては、1注文あたりの建金額が300万円未満の場合は年利2.0%、300万円以上の場合は無料です。翌日以降は、建金額にかかわらず年利2.0%です。
■一日信用取引のプレミアム空売りは貸株料に加えて、1日につき1株あたり、前営業日終値×1%が上限のプレミアム空売り料がかかります。
■信用取引は、その他、品貸料(逆日歩)、管理費、名義書換料、権利処理手数料が発生する場合があります。
■信用取引の委託保証金は、取引額の31%以上、最低30万円が必要です。委託保証金率は、全ての信用建玉を合算して計算します。委託保証金の種類、委託保証金率および代用有価証券の掛目は当社独自の判断によって変更することがあります。
■制度信用、無期限信用と一日信用取引では、返済の期限等についてそれぞれ異なる制約があります。
■無期限信用取引は、合併や株式分割等の事象が発生した場合や、株式の調達が困難となった場合等に返済期限を設定することがあります。
■当社WEBサイトの契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、取引規程、取引ルール等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。
■業者名等 松井証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
■加入協会名 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]