編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

子どもたちの未来に夢と希望を 児童支援・災害地支援など7団体にチャリティ基金を寄付

サイバーソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2019-12-10 12:15

クラウド型メールサービスの売上を寄付、サイバーソリューションズ2019年CSR活動報告

 法人向けソフトウェアの開発、販売を行うサイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下当社)は、子どもたちへの支援として2009年より売上の一部を寄付するチャリティ基金制度を設けています。
 2019年の活動において、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)の売上の一部を『NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク』、『公益社団法人難病のこどもとその家族へ夢を』、『公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン』、『熊本市 熊本城災害復旧支援金』、『認定NPO法人日本レスキュー協会』、『社会福祉法人佐賀県共同募金会』、『京都大学iPS細胞研究所』の7団体に合計780万円を寄付したことを、2019年12月10日(火)に報告いたします。



■大雨被害や虐待などが目立った2019年 一人でも多くの子どもを笑顔に
当社が売上の一部を寄付するチャリティ基金を始めて、本年で10年を迎えます。
当社は電子メールソリューションの専門企業としてコミュニケーションツールの開発事業を行っています。多くのお客様やお取引先様、関係者各社様にご支援頂きながら展開している事業の収益を社会貢献で還元したいという想いと、安心安全なコミュニケーションを支えるには未来を担う子どもたちが笑顔で暮らせる社会創りが必要と考え、難病児支援や児童虐待防止、災害被災地の児童支援などを行う団体への寄付を行っています。
特に2019年は児童虐待や大雨による各地の被災など、子どもたちの安全を脅かす事件や事象が相次ぎました。来たる2020年に、ひとりでも多くの子どもが夢と希望にあふれた毎日を過ごせるよう、微力ながら支援活動の一助となるべく活動を続けてまいります。

「多くの子供達に夢や希望を持ってもらいたい。」
当社は多くのお客様やお取引先様、関係者各社様にご支援頂きながら事業を展開してまいりました。そしてこの感謝の気持ちを社会貢献で還元したいという想いから、2009年にチャリティ制度を設立いたしました。
この制度を通じて、多くの子供たちに少しでも多くの夢と希望を持ってもらえることが出来ればと願っております。なお、被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
サイバーソリューションズ株式会社は、日頃の感謝の念も込めまして売り上げ一部の還元、そして被災地支援や社会貢献活動に具体的なアクションを起こす社員を応援していきたいと考え「ボランティア休暇制度」を設けております。今後も様々なかたちで社会貢献活動を継続させていただきます。

                       サイバーソリューションズ株式会社
                          代表取締役社長 秋田健太郎
[画像1: (リンク ») ]


【 寄付金対象 】

NPO 法人難病のこども支援全国ネットワーク ( (リンク ») )
公益社団法人難病のこどもとその家族へ夢を ( (リンク ») )
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン ( (リンク ») )
熊本市 熊本城災害復旧支援金( (リンク ») )
認定NPO法人日本レスキュー協会< ( (リンク ») )
社会福祉法人佐賀県共同募金会 令和元年8月佐賀県豪雨災害義援金 ( (リンク ») )
京都大学 iPS 細胞研究所 CiRA ( (リンク ») )


■2018 年寄付について: (リンク »)
■チャリティ基金制度: (リンク »)
■CYBERMAILΣについて: (リンク »)


<サイバーソリューションズについて>

[画像2: (リンク ») ]

サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバーをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約15,000社以上の企業で利用されている高性能Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム『CyberMail』、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績 NO.1(富士キメラ総研「2009~2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より)のメール監査・メールアーカイブシステム『MailBase』、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム『MailGates』を開発、販売しております。2009年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド・SaaS型の『CYBERMAILΣ』として提供するサービス事業も開始しました。
また、ネットワーク分離における総務省ガイドラインに基づいて開発を行った、『CyberMail-ST』は多くの自治体様で導入された実績を持つメール無害化ソリューションとしてご好評いただいております。
日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。

・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設立日: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売/保守サポート、クラウド/ASP事業、Webリューションのコンサルティング及び開発
・HP : (リンク »)
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

◇製品やサービス関するお問合わせ
サイバーソリューションズ株式会社
営業部電話:03-6809-5858  FAX:03-6809-5860 メール:sales@cybersolutions.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]