編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

日本の太陽が宿る象徴「八咫烏(やたがらす)」からインスパイア 2020年FIFA主要大会で使用される公式試合球が登場 『TSUBASA(ツバサ)』

アディダス ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2019-12-11 11:00

12月3日(火)10時より全国のスポーツ店で順次発売開始

国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーのアディダスは、FIFAクラブワールドカップ カタール2019、2020年FIFA主要大会、及び2020明治安田生命Jリーグで使用される公式試合球『TSUBASA(ツバサ)』を発表しました。日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋 清史)がはじめ、全国のスポーツ店で順次販売いたします。



[画像1: (リンク ») ]

 
 国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーのアディダスは、FIFAクラブワールドカップ カタール2019、2020年FIFA主要大会、及び2020明治安田生命Jリーグで使用される公式試合球『TSUBASA(ツバサ)』を発表しました。日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋 清史)がはじめ、全国のスポーツ店で順次販売いたします。

カラーリング・デザインについて

大空を羽ばたく自由、大志の象徴としての翼(つばさ)の日本語より採用しています。古来より日出国 日本の太陽が宿る象徴である「八咫烏(やたがらす)」にデザイン インスピレーションを得ており、革新的で象徴的な6枚均一パネル「アーバンパネルシェイプ」*¹に大空を羽ばたく自由を表現しています。


[画像2: (リンク ») ]



テクノロジー・素材について

1.サーマルボンディング製法

『TSUBASA(ツバサ)』に搭載されているテクノロジーの特長は、「サーマルボンディング製法」を採用したことです。熱接合技術により、縫い目の無い表皮構造を可能にし、どこを蹴っても同一の反発力が生じ、その結果、正確なパスやシュートを実現することが可能となります。


2. *¹ 6枚均一パネル「アーバンシェイプ」

他に類を見ないアディダス独自の「6枚均一」パネル。6枚均一パネルの組み合わせはボールバランスと飛行安定性に貢献します。2018年FIFAワールドカップの公式試合球、『TELSTAR18(テルスター18)』と同様に6枚均一パネルの組み合わせで作られた「アーバンパネルシェイプ」を採用することで、プレーヤーのパフォーマンスを引き出します。


[画像3: (リンク ») ]



使用対象大会:

・FIFAクラブワールドカップ カタール 2019 公式試合球 / FIFA U20女子ワールドカップ 公式試合球 / 2020年FIFA主要大会 公式試合球 / 2020明治安田生命Jリーグ公式試合球

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]