編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

まもり高める乳酸菌L-137 X デリバリー型 社員食堂「シャショクル」コラボ企画オフィス

スターフェスティバル株式会社

From: PR TIMES

2019-12-17 11:00

ワーカーに対する 健康管理 & 労働生産性の向上を目指しハウスウェルネスフーズの「まもり高める乳酸菌 L-137」を お弁当販売スペースにて無料提供!

フードデリバリー事業を展開するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO岸田祐介)と、ハウス食品グループ本社株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 浦上 博史)は、共同企画として、スターフェスティバルが展開する、オフィスまでランチをお届けする デリバリー型 社員食堂「シャショクル」売り場にて、ハウスウェルネスフーズの「まもり高める乳酸菌 L-137」を無料提供いたします。



[画像1: (リンク ») ]


ハウス食品グループでは、食のチカラで人々の健康を支えるため、長い年月をかけて乳酸菌研究に取り組んでまいりました。この研究から「まもり高める乳酸菌 L-137」が誕生し、家庭料理を中心としたあらゆる食事になじむ商品特性を活かして、日々の暮らしのなかで手軽に健康習慣を取り入れられるよう働きかけてまいりました。

社員の欠勤コストはひとりあたり3.6万円*という調査結果があります。12月から2月にかけては気温の変動も大きくオフィス内での健康管理が重要な時期になっています。

今回のコラボ企画では、この時期に合わせ、オフィスのなかで食べる“お弁当”にあわせて「まもり高める乳酸菌 L-137」を摂取することにより、オフィスワーカーの健康管理への意識向上を目指して企画いたしました。日々のランチのなかで無理なく続けられる健康習慣を取り入れることにより、企業の労働生産性向上に貢献してまいります。

*出典:横浜市(横浜市と東京大学未来ビジョンセンターが、市内の中小企業6社に対して行った、健康経営の測定結果より)

ハウスウェルネスフーズ「まもり高める乳酸菌L-137」の無料配布について

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」の売り場スペースにおいて、お弁当1折を購入された方に、「まもり高める乳酸菌 L-137」のパウダースティック1本を配布いたします。飲料などに溶かして、手軽に摂取することが可能です。


[画像2: (リンク ») ]


・期間 :2020年1月末まで(予定)
・場所 :東京・横浜エリアのシャショクル契約ビル・企業(※一部企業を除く)
・時間 :シャショクル契約ビル・企業の販売時間に準ずる
(※数量限定のため、無くなり次第終了)


ハウスウェルネスフーズ「まもり高める乳酸菌L-137」シリーズについて

「まもり高める乳酸菌L-137」シリーズは、乳酸菌を100億個配合しています。また、加熱処理加工や保存状態により変化しやすい 生きている乳酸菌を 加熱処理で安定化することで、サプリメントやパウダースティック、ドリンクやゼリーなど、いろいろな形で商品をお届けできるようになりました。常温・長期保存が可能なため、買い置きや持ち運びにも便利です。暮らしに取り入れやすいよう、あらゆる食事になじむ風味にこだわりました。

[画像3: (リンク ») ]


・ハウス食品「まもり高める乳酸菌L-137」シリーズ ブランドサイトURL: (リンク »)
・発売地区:全国
・発売チャネル:全チャネル(※「シャショクル」での販売はございません)


「シャショクル」について( (リンク ») )

「シャショクル」は、会社内やオフィスビルの一角に売り場を設け、飲食店のお料理を日替わりでお届けするデリバリー型 社員食堂サービスです。ワンコイン程度の低価格帯、有名店・話題店、ヘルシー系など、さまざまな飲食店のお弁当・ビュッフェを”食のセレクトショップ”のように取り揃えています。企業は低コストで食事面での福利厚生を導入することが可能です。従業員規模に合わせたデリバリープランも展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]