編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

賞金総額1億円のeスポーツ大会ツアー「モンスト プロツアー 2019-2020」二代目王者はどのチームに!?前半戦 振り返りレポート

株式会社ミクシィ

From: PR TIMES

2019-12-18 19:05

~ 第7戦 名古屋の観戦チケット情報も発表 ~

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)のXFLAG(TM) (エックスフラッグ)は、2019年11月より開催中のスマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のプロNo.1チームを決めるeスポーツ大会の全国ツアー「モンスト プロツアー 2019-2020」において、2020年2月15日(土)に行う第7戦 名古屋を、東海地区最大級の体験型イベント「アニメ・ゲーム フェス NAGOYA2020」内で実施することをお知らせします。
それに伴い、第7戦の観戦チケットを2019年12月18日(水)15:00より、電子チケット販売サイト「XFLAG TICKET」にて発売します。なお、第5戦 仙台、第6戦 福岡の観戦チケットも発売中です。




[画像1: (リンク ») ]

「モンスト プロツアー 2019-2020」は、全国7会場・全8戦で行うモンストのプロ12チームのNo.1を決める賞金制1dayトーナメント形式のeスポーツ大会ツアーです。本ツアーには、“モンストのプロ”全12チーム※が参加し、1dayトーナメントの「レギュラーシーズン」を全国6会場で7大会にわたり実施。そして、「レギュラーシーズン」の総合成績上位4チームが東京都内で開催する「ツアーファイナル」(詳細は後日発表)に進出し、2019年度のモンストのプロNo.1チームを決定します。

「モンスト プロツアー 2019-2020」特設サイト:
(リンク »)

※モンストは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンス認定タイトルで、50名がモンストのプロライセンスを所持しています(2019年11月現在)。本ツアーでは、チームリーダーがプロライセンス保持者、かつ XFLAG eSports が定めた 一定以上の実績を持つチームを本ツアーに出場できるプロチームと認定しています。チームメンバーは最大5名まで登録可能です。

■「モンスト プロツアー 2019-2020」前半戦レポート
ツアー前半戦では、開幕戦の第1戦 東京を昨年の「モンストグランプリ2018 チャンピオンシップ」「モンスターストライク プロフェッショナルズ2018 トーナメントツアー」王者である「今池壁ドンズα」が制し、貫禄を見せました。続く第2戦 東京と第3戦 幕張では、昨年のモンプロ2018 ツアーファイナル2位の「GV」が勢いに乗り2連勝を挙げ、総合成績1位に躍り出ます。第4戦 大阪では、昨年のモンプロ2018でツアーファイナルに出場できず悔し涙を飲んだ「4Sleepers」が優勝を飾り、今年度のツアーファイナル進出を懸けた上位争いに加わりました。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]

レギュラーシーズン7大会のうち、5大会に出場し総合獲得ポイントを競う本ツアーでは、現在「練習不足。」が4大会を消化し残り1大会となる反面、現在7位の「【華】獣神亭一門」をはじめとした5チームは、未だ3大会の出場権があります。上位勢が現在の順位を守るのか、残りの戦いで上位勢を脅かすチームが登場するのか、戦いは、2020年1月18日(土)開催の第5戦 仙台に続きます。

そして、総合獲得ポイント上位4チームが、2020年2月29日(土)開催のツアーファイナルへの出場権を得ます。引き続き、モンストのプロチームによる熱きバトルにご注目ください。

<大会アーカイブ動画URL>
第1戦 東京  (リンク »)
第2戦 東京  (リンク »)
第3戦 幕張  (リンク »)
第4戦 大阪  (リンク »)


<第4戦 大阪までの総合成績>
[画像6: (リンク ») ]



■「モンスト プロツアー 2019-2020」第7戦 名古屋は「アニメ・ゲーム フェス NAGOYA2020」内で実施!
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



2月15日(土)に行う第7戦は、ポートメッセなごや 第1展示館で行われる「アニメ・ゲーム フェス NAGOYA2020」内で実施することが決定しました。 それに伴い、12月18日(水)17:00より、「XFLAG TICKET」にて第7戦 名古屋の観戦チケットを、先着順で販売します。

「アニメ・ゲーム フェス NAGOYA2020」特設サイト: (リンク »)
「アニメ・ゲーム フェス NAGOYA2020」公式Twitter: (リンク »)

また1月18日(土)にMOVIX仙台にて開催する第5戦 仙台、2月1日(土)にTOHOシネマズ天神・ソラリア館で開催する第6戦 福岡の観戦チケットも「XFLAG TICKET」にて、大会当日まで販売中です。チケット購入方法の詳細は、「XFLAG TICKET」にてご確認ください。

XFLAG TICKET: (リンク »)
※会場ごとに当日の販売終了時間が異なります。詳細は「XFLAG TICKET」にてご確認ください


<スケジュール>
◆レギュラーシーズン
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

◆ツアーファイナル ※「レギュラーシーズン」の総合成績上位4チームが出場
[画像11: (リンク ») ]



XFLAG では、今後も引き続き、友だちや家族とワイワイ楽しめる“アドレナリン全開”のバトルエンターテインメントを提供してまいります。

■モンスターストライク < (リンク ») >
スマートフォンの特性を活用した、誰でも簡単に楽しめる爽快アクションRPGです。自分のモンスターを指で引っぱって弾き敵のモンスターに当てて倒していくターン制のゲームで、壁やモンスターへの“跳ね返り”や“ぶつかり”を上手く活用することで、クエストを攻略していきます。一緒にいる友だちと最大4人まで同時に遊べる協力プレイ(マルチプレイ)が特徴です。2013年10月の提供開始より多くのユーザーの皆さまにご利用いただき、2019年10月時点では世界累計利用者数が5,200万人を突破しました。


[画像12: (リンク ») ]

■モンスターストライク アプリ概要
ゲーム名:モンスターストライク
カテゴリ:ゲーム(アクションRPG)
プレイ料金:無料(一部有料/アイテム課金あり)
対応機種(OS):
【iOS】iOS8.0以降
【Android™】Android 4.3.0以降(Android 4.3.0未満は動作不可)
利用方法
・各ストアで「モンスト」を検索
【iOS】 (リンク »)
【Android】 (リンク »)
【Amazon】 (リンク »)

[画像13: (リンク ») ]

■モンスターストライク スタジアム アプリ概要
ゲーム名:モンスターストライク スタジアム
カテゴリ:ゲーム(アクション)
プレイ料金:無料
対応機種(OS):
【iOS】iOS6.0以降
【Android】Android 4.3.0以上(Android 4.3.0未満は動作不可)
(リンク »)

利用方法
・各ストアで「モンスターストライク スタジアム」を検索
【iOS】 (リンク »)
【Android】 (リンク »)

■ミクシィグループ < mixi.co.jp >
ミクシィグループは、1997年の創業以来、SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」など、友人や家族といった親しい仲間と一緒に楽しむコミュニケーションサービスを提供してきました。人々の生活がより豊かになる未来を思い描き、ITの側面からコミュニケーションの活性化を促す事業・サービスを推進することで、より良いコミュニケーションの創造に取組んでいます。


[画像14: (リンク ») ]

■XFLAG™ < xflag.com >
エンターテインメント事業のさらなる発展を図るため、2015年8月、株式会社ミクシィ内にブランド「XFLAG」を立ち上げました。XFLAGでは、"ケタハズレな冒険を。"をスローガンとして、「モンスターストライク」や「共闘ことば RPG コトダマン」などを提供するほか、"アドレナリン全開"の、ドキドキワクワクするゲームや映像コンテンツなどを世界に向けて発信していきます。


"ミクシィ"、"mixi"、mixiロゴ、"XFLAG"、XFLAGロゴ、"モンスターストライク"、"モンスト"、"MONSTER STRIKE"、"モンスターストライク スタジアム"、" MONSTER STRIKE STADIUM" は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ミクシィの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]