編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

「WOWOW 町山智浩の映画塾!」映画評論家・町山智浩がアカデミー受賞作品を独自の視点で語りつくす怒涛のトークライブを開催!

株式会社WOWOW

From: PR TIMES

2019-12-20 14:35

映画評論家・町山智浩が映画の魅力を語りつくすトークライブの開催が決定!
トークテーマは「アカデミー賞受賞作品特集」
過去の栄冠に輝いた4作品をピックアップし、町山独自の視点で作品の魅力を語りつくす。



WOWOWがお届けしている映画から、話題作や隠れた名作を選んで映画評論家・町山智浩が解説を行う人気動画企画『町山智浩の映画塾』がスタジオを飛び出し、トークライブを開催!
今回は、2月10日にWOWOWで生中継される第92回アカデミー賞授賞式に先駆け、過去の栄冠に輝いた4作品をピックアップ。作品の制作意図、役者の演技、時代背景など、町山が独自の視点で語りつくす怒涛のトークライブ。
[画像1: (リンク ») ]


今回のトークテーマは「アカデミー賞受賞作品特集」
■「ビール・ストリートの恋人たち」(2018年アメリカ)
原作は、オバマ前・米国大統領やマドンナらが敬愛する作家・ジェームズ・ボールドウィンの小説。長年映画化を望んでいたジェンキンス監督が、『ムーンライト』の撮影以前に脚本を執筆し、権利を獲得した念願の企画。1970年代ニューヨークに生きる若きカップルが、命をめぐる試練に直面し信念を貫く運命のラブストーリー。圧倒的な映像美と叙情的な音楽が印象的な作品。第91回アカデミー賞では、助演女優賞をはじめ、脚色、作曲賞の3部門にノミネートされ、レジーナ・キングが見事、助演女優賞受賞を果たした。

■「ブロークバック・マウンテン」(2005年アメリカ)
2005年の映画界で最も注目を浴び、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞などに輝きながら、惜しくも賞シーズンのハイライトとなるアカデミー賞で作品賞を逃してしまった本作。同性愛というセンセーショナルな題材を取り上げながら、詩情豊かに普遍的な愛の物語へと高めたリー監督(「グリーン・デスティニー」)の演出手腕は確かで、H・レジャー、J・ギレンホール、M・ウィリアムズ(「ブルーバレンタイン」)、A・ハサウェイ(「レ・ミゼラブル」)ら当時の若手俳優陣が、登場人物たちの長年にわたる葛藤を熱演。第78回アカデミー賞で監督賞など3部門、第62回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた秀作。2人のカウボーイが約20年にわたって織り成す、“許されぬ愛”を描く。

■「シカゴ(2002)」 (2002年 アメリカ)
フォッシー(「オール・ザット・ジャズ」など)が生み出した同名人気ブロードウェイミュージカルが、ハリウッドのトップスターたちの豪華競演で、ついに映画化を実現。第75回アカデミー賞では実に12部門で計13のノミネーションを獲得し、ミュージカル映画としては34年ぶりの快挙となる作品賞に輝いたのをはじめ、計6部門で受賞。同賞で助演女優賞に輝いたC・ゼタ=ジョーンズはもちろん、本格的な歌と踊りに体当たりで挑戦したR・ゼルウィガー、R・ギアらのダイナミックな熱演も見もの。

■「マイ・レフトフット」(1989年 アイルランド・イギリス)
ダニエル・デイ=ルイスがアカデミー主演男優賞受賞の人間ドラマ。脳性小児麻痺に冒され左足を用いて絵を描くまでの人生を描く。アイルランド出身の画家・詩人・作家のクリスティ・ブラウンが、自らの半生を綴った自伝を映画化した人間ドラマ。これが初監督となるジム・シェリダン監督は、主人公の苦悩に寄り添いつつもセンチメンタルに陥らず、ユーモアを交えた人生讃歌として描いている。撮影中ずっと車椅子に座り、左足だけを使って生活したダニエル・デイ=ルイスがアカデミー主演男優賞に輝き、母親役ブレンダ・フリッカーも助演女優賞を受賞した。

[画像2: (リンク ») ]

【町山智浩(まちやまともひろ)プロフィール】
映画評論家。1962年、東京都出身。早稲田大学法学部卒業。在学中に啓文社の大百科シリーズを編集した後、宝島社に入社。雑誌『宝島』、ムック『おたくの本』『裸の自衛隊』『いまどきの神サマ』などの編集に携わる。洋泉社に転じて『トンデモ本の世界』を企画編集、雑誌『映画秘宝』を創刊し、97年に退社。現在はカリフォルニア州バークレー在住。柳下毅一郎と映画評論家コンビの『ファビュラス・バーカー・ボーイズ』としても活動。『映画の見方がわかる本』『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか』ほか著書多数。共著に『地獄のアメリカ観光』『ファビュラス・ バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』がある。

【公演情報】
「 WOWOW 町山智浩の映画塾! 」
■日程:2020年2月6日(木) 開場18:30/開演19:00
■会場:渋谷ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
■出演者:町山智浩

【チケット情報】
ローソンチケットにて12月22日(日)10時より発売
¥3.000(税込)※全席整理券付自由席
ローソンチケット(Lコード:33189)
(リンク »)
0570-000-407(オペレーター対応10時~18時)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【WOWOWでの放送情報】
『ビール・ストリートの恋人たち』
2020年2月放送予定(WOWOWシネマ)
[画像3: (リンク ») ]


[画像4: (リンク ») ]



『ブロークバック・マウンテン』
2020年2月放送予定 (WOWOWシネマ)
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

『 シカゴ(2002) 』
2020年2月放送予定(WOWOWプライム・WOWOWシネマ)
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


[画像9: (リンク ») ]

『 マイ・レフトフット』
2020年2月放送予定(WOWOWシネマ)
[画像10: (リンク ») ]


[画像11: (リンク ») ]

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]