編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

9年目を迎える 第36回「“わ”で奏でる東日本応援コンサート」を2020年3月11日に渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催~ 東北とともに歩む 復興への希望のステージ ~

セイコーホールディングス株式会社

From: PR TIMES

2019-12-20 15:55



[画像1: (リンク ») ]

 セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO:服部真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、東日本大震災から9年となる2020年3月11日(水)、「“わ”で奏でる東日本応援コンサート 2020 in 東京」を、Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷区)にて開催します。
 2011年の震災直後から9年間開催しているこのコンサートは、東北3県と東京で毎年の公演を重ね、今回通算36回目となります。これまでの35公演における観客数・出演者・コンサート実行委員の数は、のべ3万人ほどにのぼります。
 セイコーは、これからも音楽の力で被災者と支援者のこころをつなぎ、復興への希望の“わ”を広げてまいります。


東北とともに歩む 復興への希望のステージ

 セイコーは東日本大震災の直後から、物的支援だけでなく、こころに寄り添う活動をしたいと考え、被災地の皆さんとともにこのコンサートを開催しています。
 2011年8月、被災していくつか音の鳴らないピアノでの演奏から、このコンサートはスタートしました。2013年からは、被災地の皆さんの声を全国に届け、そして被災者と支援者がこころを繋ぎ、復興への“わ”をさらに広げるため、東北3県に加え、東京でもコンサートを開催しています。
 2019年の東北公演は、宮城県松島町、福島県相馬市、岩手県遠野市の3ヶ所で開催しました。震災直後、支援者が被災者を応援する場だったこのコンサートが、回を重ねるとともに、被災地の皆さんがステージにあがり、復興への道のりを力強く描く希望の舞台へと前進しています。


[画像2: (リンク ») ]


“わ”で奏でる東日本応援コンサート 東北の声
 “わ”で奏でる東日本応援コンサートに寄せられた東北の皆さんの声を、セイコーが取材した被災地の9年間のあゆみとともに伝えています。
・“わ”で奏でる東日本応援コンサート 特設ページ
(リンク »)
・“わ”の掲示板 :  (リンク »)
・参加者の声 :  (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]




復興支援に思いを寄せるアーティストが出演

 今回、東京公演の新たなゲストとして、平原綾香さんの出演が決定しました。2019年、日本中を大いに沸かせたラグビー場「釜石鵜住居復興スタジアム」で君が代を熱唱し、スタジアムから世界中に大きな感動を届けた平原綾香さんを迎え、復興への大きな力を届けます。
さらに、「戦争を知らない子供たち」の大ヒット曲で知られ、“ラブ・アンド・ピース”を広く世に伝えた杉田二郎さん、茨城での被災体験から復興支援活動に取り組む若手注目サックスプレイヤー上野耕平さんが新たに出演します。

震災直後から8年間、このコンサートを第一回より牽引してくださった故 前田憲男さんのご遺志を継ぎ、今年もウィンドブレイカーズのビックバンドを中心に、東日本応援コンサートの支援アーティストである渡辺真知子さん、サーカス、辛島美登里さんが、夏に開催した東北公演に続き、東京公演にも出演します。

「釜石鵜住居復興スタジアム」ラグビー場
 2019年、世界中の注目を浴びた「釜石鵜住居復興スタジアム」ラグビー場は、津波で流された釜石東中学校の跡地に建てられました。2018年7月の「“わ”で奏でる東日本応援コンサートin釜石」開催時、高台に建て替えられた校舎は、その新しい装いで震災の爪跡を物語っていました。


[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

 震災直後、“わ”で奏でる東日本応援コンサート実行委員は釜石市をまわり、応援メッセージが書かれた“わ”の旗を配りました。釜石東中学校の建て替えの間、プレハブ校舎内の校長室に飾られていたこの“わ”の旗は、プレハブ校舎で中学の3年間を過ごした生徒たちに、応援メッセージを届けました。
 2018年には、平原綾香さんが釜石東中学校を訪問し、復興への生徒たちの思いが込められた楽曲「いつかこの海をこえて」を合唱しました。震災から7年を経て、復興への希望とともに新しく建てられた「釜石鵜住居復興スタジアム」ラグビー場は、平原綾香さんの歌声とともにオープンしました。


希望のメッセージで輝かせよう“わ”の星カード

 東日本大震災が起きた2011年3月11日の夜、東北には空いっぱいの星が輝いていたと言います。今年は「“わ”の星カード」に、復興への希望のメッセージを書き込んでいただきました。全国から集まったカードは、5,000枚にのぼります。
 この“わ”の星カードは、コンサート当日、“希望の星空”をイメージした演出でステージ上に飾り、音楽とともに復興への希望の思いを届けます。
 また、銀座・和光のショーウインドウでは、3月5日(木)からコンサート当日までの一週間“わ”の星カードの特別展示を行い、コンサート当日は、ウインドウ内のモニターでコンサートの模様を中継します。
[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]




【「“わ”で奏でる東日本応援コンサート2020 in 東京」の概要】

日時: 2020年3月11日(水) 開場-18:00 開演-18:30
会場: 渋谷Bunkamuraオーチャードホール
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-3477-9111
料金: 2,000円(全席指定)
出演: ウィンドブレイカーズ
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団弦楽アンサンブル/
平原綾香/杉田二郎/上野耕平/渡辺真知子/サーカス/
辛島美登里/山口マリー/くるみee/Always四丁目合唱団/
司会:宮本隆治
名誉音楽監修:前田憲男
主催: セイコーホールディングス株式会社
共催: 株式会社バルケニック
企画制作:“わ”で奏でる東日本応援コンサート実行委員会 実行委員長 服部真二

・本公演に関するお問い合わせ: 株式会社バルケニック
TEL.03-3470-1155 (受付時間:平日12~18時) E-mail:art@volcanic. jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]