編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Uniposに「giftee for Business」を提供 ~ EtoE(Employee-to-Employee)領域で新たなインセンティブとしてeギフトを活用 ~

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2019-12-25 14:05



[画像: (リンク ») ]

eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、「『はたらく』と『人』を大切にする世界へ」をビジョンに掲げ、従業員一人ひとりの貢献を見える化し組織課題を解決する「Unipos」を運営するFringe81株式会社の子会社Unipos株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:斉藤知明/以下、Unipos社)へ「giftee for Business」を提供しました。本連携により、2019年12月1日から「Unipos」内でやり取りされる従業員間の報酬「ピアボーナス」を、App Store & iTunes ギフトカード(デジタルコード)、Google Play ギフトコードと交換することが可能となりましたのでお知らせいたします。

ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業(※1)を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」(※2)、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※3)、地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」の4サービスあり、個人、法人、自治体を対象に広くeギフトサービスを提供しております。

Uniposは、感謝・称賛のメッセージと少額のピアボーナスを従業員同士で送り合えるサービスです。Uniposを利用すると、従業員同士の感謝・称賛の言葉が、全従業員が見ることのできるタイムライン上で、日々の隠れた貢献とともに見える化されます。これまではUnipos内でユーザーが獲得したピアボーナスの支給方法は、給与のほか、各導入企業が定めたインセンティブ(食事券等)のみでしたが、「giftee for Business」との連携により、先行して提供をしておりましたAmazonギフト券に加え、App Store & iTunesギフトカード(デジタルコード)、Google Play ギフトコードでの支給も2019年12月1日より可能となりました。これにより、各従業員がAmazonギフト券・App Store & iTunesギフトカード(デジタルコード)・Google Play ギフトコードのうちいずれかを選択し、ピアボーナスを受け取ることができるようになります。

本案件は、ギフティにとって初となるEtoE(Employee-to-Employee)領域へのサービス提供となり、従業員間でeギフトを贈りあうという新たなeギフトの利用価値を提供することが可能となりました。

ギフティは、今後も、実店舗およびオンライン上で利用可能なeギフトの品揃えを強化し、「giftee」および「giftee for Business」のサービスの充実を図ってまいります。また、企業へのeギフトサービスの導入・運営を推進するとともに、eギフトの普及を通し、日頃の気持ちを伝える手段として気軽にギフトを贈りあう習慣や文化の創出を目指します。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組むeギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です。
(※2) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです。
(※3) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます。
・ (C) 2019 iTunes K.K. All rights reserved.
・ Google Playは、Google LLC の商標です。
・ 本プログラムはUnipos社による提供です。本プログラムについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。Uniposヘルプセンター: (リンク ») までお願いいたします。
・ Amazonは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

■ ピアボーナス(R)Uniposについて
 ピアボーナス「Unipos」は、従業員一人ひとりの貢献を見える化することで、様々な組織課題を解決するwebサービスです。日々の見えづらい貢献にも光をあてることで、従業員のエンゲージメントを向上させるほか、従業員間に信頼関係を生み、連携を強くします。導入前後の組織改革プロジェクトのサポートも充実しており、現在メルカリ社をはじめ310社以上で採用されています。
(リンク »)

■ 株式会社ギフティについて
社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目10−25 齊征池田山ビル2F
設立: 2010年8月10日 (サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,518,269千円
代表者: 代表取締役 太田 睦
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
     ・カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
     ・法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
     ・eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
     ・電子地域通貨および電子チケットのプラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL: 株式会社ギフティ  (リンク »)
    カジュアルギフトサービス「giftee」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]