編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

箱根駅伝2020を往路・復路ともにPlayer!がスタートからゴールまでリアルタイム速報!

ookami

From: PR TIMES

2020-01-04 13:55

ライブからニュースまで、スマホだからこそできる新しいスポーツライフをデザイン

新年あけましておめでとうございます!スポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、2020年1月2日,3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝2020)をスタートからゴールまでリアルタイム速報いたします。Player!は、大学3大駅伝のラストを飾る箱根駅伝2020の速報を往路・復路ともに全力でお届けします。

iPhoneアプリ: (リンク »)
箱根駅伝2020往路: (リンク »)
箱根駅伝2020復路: (リンク »)



< Player! とは >
[画像: (リンク ») ]

スポーツが持つワクワクをもっと身近に、人々の日常に感動を。Player! はスポーツの「リアル」を体験できるスマートフォンアプリです。Player! があれば、感動のあの「一瞬」を見逃すことなく、ライブの熱狂を語り合いながら、スポーツをもっと身近に楽しむことができます。あなたの興味にあったニュースやスケジュールもまとめてチェックできます。スタジアム、テレビに次ぐ、第三の観戦ポータルへ。さぁ、Player! で新しいスポーツライフを始めましょう。


< 箱根駅伝2020 展望 >
大学三大駅伝のラストを飾る、箱根駅伝2020の往路が本日1月2日、復路が明日1月3日スタートする。優勝候補は前回大会を制した東海大学だ。全日本大学駅伝を黄金世代の4年生を欠いた状態で制すなど、圧倒的な選手層を誇る。これまで通り"速さ"に加えて"強さ"を手に入れた東海大学が、令和初の箱根王者となるか。対抗は東洋大学と青山学院大学だ。東洋大学は大学生ナンバーワンランナー、相澤晃を中心に頂点を狙う。全日本大学駅伝で驚異の区間新記録を叩き出した相澤は、その力を箱根路でも見せつけるか。青山学院大学も、吉田圭太ら好ランナーの中にスーパールーキーの岸本大紀が加わり、強さがある。その他では出雲駅伝を制した國學院大學にも注目だ。そしてダークホース的存在なのが東京国際大学。ムセンビやヴィンセントの留学生とエース伊藤達彦、真船恭輔ら力のある選手が揃う。箱根駅伝予選会をトップ通過、全日本大学駅伝でも4位に食い込んだ実力は本物だ。


< 詳細 >
往路日程: 2020年1月2日(木) 8時00分スタート
復路日程: 2020年1月3日(金) 8時00分スタート

総距離(217.1km)
往路(107.5km)
1区(21.3km)大手町 読売新聞社前~鶴見
2区(23.1km)鶴見~戸塚
3区(21.4km)戸塚~平塚
4区(20.9km)平塚~小田原
5区(20.8km)小田原~箱根町 芦ノ湖駐車場入口

復路(109.6km)
6区(20.8km)箱根町 芦ノ湖駐車場入口~小田原
7区(21.3km)小田原~平塚
8区(21.4km)平塚~戸塚
9区(23.1km)戸塚~鶴見
10区(23.0km)鶴見~日本橋~大手町 読売新聞社前

速報ページ(往路): (リンク »)
速報ページ(復路): (リンク »)


※本大会のようなPlayer!による速報は、どなたでも無料でできます。
Player!は、体育会、スポーツチーム、リーグの皆様が試合速報を通じて、多くの方に試合をお届けし、ファン獲得、エンゲージメントするお手伝いをします。
チームの広報の方、大会運営者の方、是非こちらよりお問い合わせください
→ (リンク »)


【Player! アプリ概要】
タイトル Player!(プレイヤー)
ジャンル スポーツエンターテイメントアプリ
配信開始日 "iPhone版:2015年4月/Apple Watch版:2016年9月 Android版:近日公開予定"
利用料 完全無料(アプリ内課金なし)
開発・運営(権利表記) 株式会社ookami((C)ookami, Inc.)
対応言語 日本語、英語
サービスURL App Store: (リンク »)
公式サイト (リンク »)
公式twitter (リンク »)


【ookami 概要 (2020年1月1日現在)】
商号:株式会社 ookami
本社所在地:東京都世田谷区羽根木1丁目21-8
代表者:代表取締役 尾形 太陽
事業内容:スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」の開発・運営、スポーツ情報インフラの開発・運営
沿革:
2014年4月 株式会社ookami設立
2014年6月 為末大氏、株式会社ユーザベース、個人投資家より資金調達を実施
2014年7月 本社を東京都渋谷区神宮前に移転
2014年9月 「Player!」β版を公開
2015年3月 海老根智仁氏、小松利彰氏ら個人投資家より資金調達を実施
2015年4月 「Player!」iPhone版を正式に公開
2015年12月 App Store Best of 2015 受賞
2016年4月 グリーベンチャーズより資金調達を実施
2016年9月 2016年度グッドデザイン賞を受賞
2017年3月 IMJ Investment Partners、グリーベンチャーズ、朝日新聞社らより資金調達を実施
2017年6月 IVS 2017 Spring Kobe「LaunchPad」出場
2017年10月 東京急行電鉄株式会社が行う「東急アクセラレートプログラム2017」ファイナリスト、New Work賞受賞
2018年6月 NTTドコモ・ベンチャーズ、みずほキャピタル、朝日メディアラボベンチャーズ、アシックス・ベンチャーズらより資金調達を実施
2019年4月 創業メンバーがForbes Asia Under30のCONSUMER TECHNOLOGY部門で、Asiaを代表する30人に選出
2019年10月 Forbes JAPAN SPORTS BUSINESS AWARD 2019を受賞
2019年12月 Ruby biz グランプリ2019 特別賞を受賞

株式会社ookamiは、「人」と「情報技術」の調和によって、スポーツの新しい価値を創造する、スタートアップ企業です。現代は情報革命の渦中にあり、テクノロジーの進歩により個人のライフスタイルはまだまだ大きく変わっていきます。伝統的なスポーツエンターテイメントのあり方にもまた、変換点が求められています。ookami はそんなめまぐるしい社会の中、世界のスポーツに革新を起こすべく、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」を開発、運営しています。より豊かなスポーツライフを、スポーツの感動を、世界中の少しでも多くの人々にお届けできるよう、メンバー一同、全力で挑戦をして参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]