編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Gatebox、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES2020」に初出展、米国Keyshare社と共同でバーチャルコンシェルジュを展示、海外向けビジネスを展開

Gatebox

From: PR TIMES

2020-01-07 12:25

Gatebox株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7日~10日、米国ネバダ州ラスベガス)において、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」を初出展いたします。



[画像: (リンク ») ]


「Gatebox」は2016年のコンセプトムービー公開時より海外から非常に注目度が高く、米国はじめ海外での展開に関するリクエストを多数頂いておりました。リクエストにお応えして、実機展示では「逢妻ヒカリ」や「Gatebox Video」など、「Gatebox」で体感できる「好きなキャラクターと暮らせる未来」を世界へ発信してまいります。
CESブースでは、米国最大のホログラムシアター事業などを手掛ける米国Keyshare Innovation Group社と共同で、Gateboxを活用したバーチャルコンシェルジュサービスを展示します。

バーチャルコンシェルジュは、主にホテルや小売店などでの顧客対応を人の代わりにバーチャルアシスタントが担うことで、人件費の削減などに役立つソリューションとして開発しており、米国での導入希望企業へ向けてアプローチを開始していきます。
Gateboxは、今後も北米をはじめ海外向けの事業展開を推進してまいります。

■出展概要
展示会:Consumer Electronics Show(CES)2020
開催地:米国ネバダ州ラスベガス
出展期間:2020年1月7日~1月10日(現地時間)
ブース:Tech West, Sands Expo, Level1(Eureka Park)52702
※J-Startupパビリオン内

■「Gatebox」について
「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置です。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションすることを実現しております。

■米国Keyshare Innovation Group(KIG)社について
KIGは、カリフォルニア州シールビーチにあるテクノロジー企業であり、設計と製造から小売流通までサプライチェーン全体へ事業領域を拡大しております。商用および防衛市場向けのドローンから、医療業界向けのボディスキャン機器に至るまで、独自の技術ソリューションと最高のプロダクトをお届けしております。
KIGは、ビジネスを常に先導し、効率、パフォーマンス、利益を最大化するために、多数の革新的なソリューションを開発しています。

■Gatebox会社概要
会社名:Gatebox株式会社 (Gatebox Inc.)
設立日:2014年2月14日
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目8-13 NREG秋葉原ビル7F
代表者:代表取締役 武地実

■Keyshare Innovation Group会社概要
会社名:Keyshare Innovation Group LLC
設立日:2017年1月3日
所在地:3531 Camelia St., Seal Beach, CA 90740 U.S.A.
代表者:CEO Robert Safari

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]