編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Microsoft Teamsの利用ログからチームコミュニケーションを可視化する「エンゲージメントレポート」の提供を開始

ディスカバリーズ株式会社

From: PR TIMES

2020-01-07 14:25

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、働く人に特化したビックデータ解析クラウドサービス「インテリレポート」に、チームのコミュニケーションを可視化するエンゲージメントレポートを追加し、2020年1月7日より提供を開始します。これまで経験や感覚に頼っていたチームの生産性やエンゲージメントが定量化されるため、コミュニケーションやコラボレーションの課題が顕在化しやすくなります。これによって改善への取り組みが具体性を増して、効果を高める助けになります。



背景
リモートワークの導入で成果を出すために、多くの企業は社員間のコミュニケーション不足を防ぐ取り組みを行っています。総務省の調べによると、リモートワークと併せて、チャットなどのビジネスICTツールや制度の導入を行っている企業は87.5%にのぼります(※)。しかし、社外での業務が増えることで情報格差を受けたり正しく伝わらないことで、生産性やモチベーションが下がることもあり、期待していたリモートワークの成果を上げられないケースがあります。このような背景を受け、チャットや会話、リアクションを含むチームコミュニケーションの利用ログを自動的に収集・解析してスコア化するレポートを開発しました。
※出典:総務省「ICTによるイノベーションと新たなエコノミー形成に関する調査研究」(2018)


インテリレポートとは
インテリレポートは、働く人に特化したビックデータ解析クラウドサービスです。メールやチャット、ファイルのシェアなどのコラボレーションやコミュニケーションの状況を、Microsoft Office 365 等の生産性クラウドサービスからワークログを自動的に収集して、組織の生産性やエンゲージメントなど価値のあるレポートとして可視化します。
リモートワークを導入すると、マネージャーが部下の働き方を把握しきれなくなるという課題が指摘されるケースがありますが、インテリレポートは Microsoft Teams や Exchange のワークログを収集して可視化することでこれを解決します。マネージャーはインテリレポートで部下の働き方を見ながら、メンバーと信頼関係を築いて一人ひとりが成果を発揮できるようなサポートができるようになります。その結果、社員は働きがいやチームに対しての愛着心を持てるようになり、生産性向上だけではく、離職率の低下にもつながります。


チームコミュニケーションを可視化するレポート
今回新たに追加するエンゲージメントレポートは、Microsoft Teams の利用ログからチームコミュニケーションの活性度の推移を計測してスコア化します。Teams 上で行われたチャット、会話、いいね等のリアクション回数から、誰と誰がつながっているのか、発信度の高い人は誰かなど、チームの実態を分かりやすいネットワーク図で可視化します。またそれを数値化して、コミュニケーションスコアの推移を計測します。
[画像1: (リンク ») ]


[画像2: (リンク ») ]

インテリレポートには、この他にも生産性レポートとアイディエーションレポートが含まれています。


[画像3: (リンク ») ]



Office 365 の利用ログを元に、組織全体や、部門、従業員単位での近似的業務時間をレポートする生産性レポートからは、時間外労働が発生している部門や従業員が一目で分かり、持ち帰り残業の実態も明らかになります。働き方のモデルケースを発見できれば、より良い働き方を組織に伝播させることができます。


[画像4: (リンク ») ]



膨大に蓄積された情報の中から、本当に価値のあるナレッジや情報を特定し、またナレッジ共有に貢献している従業員が誰なのか分かるのがアイディエーションレポートです。社内で利用価値の高い情報を生み出し、共有している部門や従業員のノウハウを分析するキッカケとなります。


《 料金について 》
月額 600円 × ユーザー数


エンゲージメントレポートは、人事権限とマネージャー権限を持つユーザーが閲覧することができます。
インテリレポートはお申込みから30日間無料でご試用いただけます。
インテリレポートの詳細は製品サイトでご覧ください。 (リンク »)



ディスカバリーズについて
ディスカバリーズは、イノベーションをもたらす「働く場」を実現するため、職場でのコミュニ ケーションの活性化からチームのエンゲージメントを高めるサービスを提供しています。個人の生産性を高めるだけではなく、異なる所属部門でも一緒に働くチームの中でコミュニケーションを図り、相互に貢献しあう(=エンゲージメント)働き方の実現を支援しています。 2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ディスカバリーズが支援した導入企業の総社員数は 2017年時点で100万人以上におよび(※)、顧客満足度 93%の実績があります。社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていくことをビジョンとして掲げています。ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。

ディスカバリーズ株式会社 企業サイト (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]