編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

プログラミング不要で複数SaaSを連携するiPaaS企業、Anyflow株式会社へ出資

グローバル・ブレイン株式会社

From: PR TIMES

2020-01-08 10:45

グローバル・ブレイン株式会社(以下、GB)が運営する、グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合(以下、GB7号ファンド)は、プログラミング不要で複数SaaSを連携するクラウドネイティブiPaaS企業(※iPaaS: integration Platform-as-a-Service)、Anyflow株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO 坂本 蓮、以下「Anyflow」)への出資を実行したことをお知らせいたします。



複数のアプリケーションを連携する iPaaSは、グローバル市場では飛躍的に成長しており、SaaSの浸透が進む国内市場においても今後大きく期待される領域となっています。Anyflowは、SaaS同士をAPI接続することで、プログラミング不要・簡単なGUI操作で複数のSaaS繋ぎ合せ、定型業務・ワークフローの自動化を実現します。将来的には、国内・海外SaaSを統合・管理するプラットフォームの役割を担っていく予定です。

GBは、Anyflowの経営メンバーの事業推進能力、優れたプロダクト企画・開発力とiPaaSの市場将来性を高く評価し、出資を決定いたしました。本出資を通じて、多数のSaaS企業の成長支援を通じて培った知見やネットワークを活用し、AnyflowがiPaaSプレイヤーとして国内SaaSシステムの核と位置づけられる存在となるよう、事業展開の支援をしてまいります。

※iPaaS(integration Platform-as-a-Service)とは異なるアプリケーション・SaaSシステム同士を繋ぐことのできるAPI連携などを提供することで、データ統合やシステム連携を簡単に行うことができるクラウドサービスを意味します。


■Anyflowについて
会社名 Anyflow株式会社
所在地 東京都目黒区駒場1-28-5
代表者 坂本 蓮
設立日 2016年2月
事業内容 Anyflowの企画・開発・運営・販売
URL (リンク »)


■GB7号ファンドについて
登記上の名称 グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合
無限責任組合員 グローバル・ブレイン株式会社


■GBについて
会社名 グローバル・ブレイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町10-11
代表者 代表取締役社長 百合本 安彦
設立日 1998年1月
事業内容 ベンチャーキャピタル事業
URL (リンク »)

[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]