編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Chuwi Hi10 Airの後継モデルである「Hi10 X」がリリース予定

CHUWI INNOVATION LIMITED.

From: PR TIMES

2020-01-08 12:05



CHUWI(ツーウェイ)の製品タブレットPC「Hi10 Air」の後継機種である「Hi10 X」は、スペックが全面的に強化されています。CPUはGemini Lake N4100プロセッサに変更し、メモリとストレージも4GB+64GBから6GB+128GBに増量しました。「Hi10 X」は近日中に販売予定です。
[画像1: (リンク ») ]


スペックがパワーアップ

「Hi10 X」はインテルN4100プロセッサ搭載。周波数最大2.4GHzに達します。第9世代UHDグラフィックス600を搭載し、4Kビデオも楽々デコード。全体的の性能は前代Atom Z8350より100%アップ。高性能と省エネルギー性を両立することができます。
[画像2: (リンク ») ]

「Hi 10X」が搭載した6GB LPDDR4メモリは、処理速度を向上させるだけでなく、eMMCストレージも64GBから128GBに増量しています。また128GBまで認識のTFカードで容量を拡張可能です。

[画像3: (リンク ») ]


ベンチマークスコア比較

「Hi10 X」のベンチマークスコアはAtom Z8350の2倍に高めます。CPU-Zの測定結果ではシングルスレッド性能が126.3点、マルチスレッド性能が486.9点でした。
[画像4: (リンク ») ]


GeekBench 4の測定結果ではシングルコアスコアが1730点、マルチコアスコアが5244点、OpenCLが12500点となり、これも同様にAtom Z8350の2倍になります。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


ほかのベンチマークソフトCineBench R15の測定画面をご覧いただきますと、N4100の性能もZ8350の倍になります。
[画像7: (リンク ») ]


スペックのほかにも、10.1インチフルラミネーションIPSディスプレイ、USB Type-C*2、フルメタル製ボディ、筆圧1024レベルスタイラスペン対応など数多くの特徴を持ち、この価格帯でこの性能なら十分満足して頂けます。

製品情報の詳細は公式サイトをご覧ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]