編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

iMedtac 社が サイバーリンク AI 顔認識技術「FaceMe(R)」を自社スマートメディシンキャビネットに導入

サイバーリンク株式会社

From: PR TIMES

2020-01-08 14:05

新世代の AIoT 統合医療ケアプラットフォームで医薬品管理の安全性を向上



台湾 台北(2019年1月8日)CyberLink Corp.(5203.TW) : (本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)AI と顔認識技術のパイオニアであるサイバーリンクは、FaceMe(R) AI 顔認識エンジンが、IoT を活用したスマート医療サービスを提供する iMedtac 社の「スマートメディシンキャビネット(自動錠剤分包機)」製品に統合されたことを発表しました。このスマートメディシンキャビネットは IoT と顔認識技術を搭載し、AIoT 医療ケアサービスプラットフォームと統合することで、医薬品管理の安全性を向上させます。

[画像: (リンク ») ]

IoT 技術は医療技術改革における重要な推進力であり、高齢社会などの多くの要因によって年々増加する医療の需要へのソリューションを提供します。iMedtac 社 は最新の顔認識と AI 技術を医療製品に採用することで、病院の管理体制の問題点を効率的に解決し、新世代の AIoT 統合医療ケアサービスプラットフォームを構築しました。

iMedtac 社のスマートメディシンキャビネットは、新しいプラットフォームの重要なキーであり、医薬品の保護管理と安全な処方を行うことができます。多くの病院では、医薬品は人の手によって管理されており、少なくとも2人の薬剤師が医薬品キャビネットの鍵とパスワードを保持する体制を取っています。FaceMe(R) を搭載した iMedtac 社の新世代のスマートメディシンキャビネットは、AI 顔認識技術を用いて医療スタッフを識別することで、資格のある薬剤師のみにアクセスを許可し、医薬品の安全な管理と効率的な処方を提供します。スマートメディシンキャビネット管理システムは、処方資格を保持する医療スタッフの出退勤管理システムと同期されており、医薬品処方の許可を正確にコントロールします。このソリューションは、薬品管理の安全性を大幅に向上させ、処方にかかる時間を短縮し、医療ケアの全体的な品質向上に貢献します。

サイバーリンク最高経営責任者 (CEO) ジャウ・ホァン博士 (Dr. Jau Huang) は以下のようにコメントしています。「AI 人工知能技術の急速な成長により、医療業界の様々な側面における改革が可能になり、治療、安全性、患者のケアの質における飛躍的な進歩が促進されます。サイバーリンクの FaceMe(R) AI 顔認識エンジンは、さまざまな AIoT シナリオに適用でき、iMedtac 社のスマートメディシンキャビネットに統合することで、顔認識を使用して医薬品のへアクセス許可を制御し、病院での医薬品管理の効率と正確性を向上させ、医療業界における改革を促進します。」

iMedtac 社の創設者 Ken Yu 氏(余金樹)は以下のようにコメントしています。「FaceMe(R) AI顔認識技術を導入することにより、スマートメディシンキャビネットは AI と IoT 技術を医療にもたらし、処方薬の安全管理レベルを大幅に向上させます。iMedtac 社は最新の医療技術とソリューションの提供に努め、サイバーリンクと協力して AIoT 統合医療ケアサービスプラットフォームを構築し、グローバルなスマート医療ケア市場に変化をもたらすことができます。」

サイバーリンクの FaceMe(R) AI 顔認識エンジンを搭載する iMedtac 社のスマートメディシンキャビネットは、台湾の多くの医療センターで採用されています。iMedtac 社は台湾医療機関の成長を継続することに加えて、この AIoT ソリューションをアジアおよび世界に市場を拡大していき、スマート医療産業を前進させます。


サイバーリンク株式会社について

1996年に設立。台湾に本社を置くコンピュータ・ソフトウェアメーカーです。

デジタルメディアの作成、再生、共有などのアプリケーションの開発を行っており、欧米をはじめ世界各国で、一般ユーザーに高解像度映像の再生、簡単かつプロ並みのビデオ、写真編集の体験を提供しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのハードウェアメーカーにバンドル採用いただいています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、顔認証システム「FaceMe(R)」を開発。ディープラーニングアルゴリズムによる正確かつ高速な個人認識・認証技術をベースにしたスマートリテール、スマートセキュリティ、スマートシティやスマートホーム等のAIoTソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

サイバーリンク株式会社についての詳細は公式HPをご覧ください:jp.cyberlink.com

Copyright 2019 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。

※本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、将来的に変更される可能性があります。

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2019 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]