編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

5G向け半導体FPC材料用LCPフィルム量産技術確立

KGK 共同技研化学株式会社

From: PR TIMES

2020-01-09 09:35

2020年 次世代銅張積層板の量産開始

KGK 共同技研化学は、低ノイズ、低消費電力で断線や剥離のないフレキシブルプリント配線板(FPC)用材料を量産する。第5世代通信(5G)機器向けに需要が高まると判断し、5G向け液晶ポリマー(LCP)フィルムの量産設備を群馬県富岡工場で稼働する。



KGK 共同技研化学のLCPフィルムはこれまでスピーカー、ヘッドフォンなどの音響機器の振動板材料向けに展開してきたが、5Gの商用化をにらんで、群馬県富岡工場に約8,000万円を投じ、LCPと銅箔の銅張積層板に加工して市場に供給する。
[画像: (リンク ») ]

LCPオリゴマーを有機溶剤に溶解させたワニスを銅箔上に直接塗工、連続焼成してフィルム上でポリマーへと重合する。塗工焼成にあたって、LCPワニスの液温、雰囲気気温、湿度の条件を確立したのがポイント。LCPは吸湿性が現在主流のポリイミドフィルムの約20分の1と低く、吸湿による電気信号ロスを抑制。発熱も少なく、ノイズの発生や消費電力を抑えられる。電子回路の微細化が進むほど水分による影響が大きくなるためLCPの特性が生かせるとみて量産を決めた。月産能力は3万~10万平方メートルを予定。量産効果により、価格をポリイミドフィルム比3倍強まで抑える。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]