編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

平城宮跡歴史公園での自動運転バスの実証実験で 「オンデマンド交通サービス」を採用

PerceptIn Japan合同会社

From: PR TIMES

2020-01-09 11:35

PerceptIn Japan合同会社(注1)(以下、パーセプティン)は、現在行っている奈良県奈良市の平城宮跡歴史公園での自動運転バスの実証実験において、富士通株式会社(注2)(以下、富士通)のオンデマンドでの配車を実現するクラウドサービス「FUJITSU Future Mobility Accelerator オンデマンド交通サービス」(以下、「オンデマンド交通サービス」)を採用し、1月18日より運用を開始します。

今回の実証実験では、パーセプティンが開発した自動運転技術と低速電動車両を活用した「マイクロ・ロボットタクシー」(注3)の現在位置や定員人数といった情報と、利用者の人数、時間、乗降する停留所といった予約情報を「オンデマンド交通サービス」上でマッチングさせることで、自動運転で周遊する車両と複数停留所での乗降ニーズに応じて効率的に配車することが可能となるかを検証します。



【 背景 】
パーセプティンは、「マイクロ・ロボットタクシー」による来場者の回遊性の促進やアトラクションとしての集客力の検証、及び商用サービスとして提供するための運用面や技術面の課題抽出を目的に、2019年11月より平城宮跡歴史公園における8人乗り低速電動車両を活用した「マイクロ・ロボットタクシー」サービスの実証実験を行っています。これまで、平城宮跡歴史公園内の周遊コースに設置された3つの停留所では、予約受付担当がトランシーバーで連絡を取り合いながら各停留所の乗車可能人数をカウントし、先着順の乗車としていました。そのため、利用者にとっては、停留所に来たが満席で乗れない、また今後いつ乗れるかもわからない状況でした。

パーセプティンと富士通は、2019年6月3日より開始したFUJITSU ACCELERATOR (注4)第7期へのパーセプティンの参加をきっかけに、「マイクロ・ロボットタクシー」と「オンデマンド交通サービス」を連携させることで、地域における交通サービスやビジネスモデルを両社で模索してきました。今回、本実証実験において、利用者の予約、配車、定員管理、車両位置情報監視を実現する富士通の「オンデマンド交通サービス」を活用し、自動運転で周遊する車両を複数停留所での乗降ニーズに応じ効率的に配車することが可能となるかを検証します。

【 実証実験の概要 】


期間 2020年1月18日、19日、2月1日、2日、15日、16日、29日、3月1日
平城宮跡歴史公園(所在地:奈良県奈良市)
本実証実験では、停留所にいる予約受付担当が利用者の人数、時間、乗降する停留所といった予約情報を、運行車両内にいるセーフティードライバー(注5)が実際の乗降人数などの情報を専用のアプリケーションに入力します。それらの情報と運行車両の現在位置や定員人数などの情報を「オンデマンド交通サービス」上でリアルタイムに自動的にマッチングさせることで、自動運転バス利用者の需要に応える配車・運行を適正に行えるかを検証します。

パーセプティンは、自社開発した自動運転用のシステムとセンサーを、最大速度20キロ/時程で走行可能な電気自動車に搭載し、セーフティードライバーを配備し、平城宮跡歴史公園を自動運転で周遊します。また、場内に3つの停留所を設置し、予約受付担当を配備します。

富士通は、各停留所の予約受付担当が使用する、乗車定員に応じた予約受付、運行車両の予約情報管理や位置情報管理のためのオペレータアプリを提供します。また、セーフティードライバーが使用する、各停留所で乗降する予約情報閲覧、乗降者を管理するためのドライバーアプリを提供します。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


【 今後について 】
パーセプティンと富士通は、本実証実験における検証結果を基に、「オンデマンド交通サービス」による自動運転車の呼び出し、無人での確実な乗降管理の遂行など、地域活性化に貢献する自動運転によるモビリティサービスの提供に向けて、お互いのシステムに求められる要件を抽出し、改善に向けて検討していきます。

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 注釈 】
(注1) PerceptIn Japan合同会社:本社 東京都千代田区、日本法人代表 Shaoshan Liu。
(注2) 富士通株式会社:本社 東京都港区、代表取締役社長 時田隆仁。
(注3) マイクロ・ロボットタクシー:最寄り駅と自宅間のラストワンマイル、地域住民の生活の足、そして観光スポット間の移動など、公共交通や既存の交通手段を補完する、新しいコンセプトのマイクロモビリティ。
(注4) FUJITSU ACCELERATOR:革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組合せ、世の中へ新たな価値を提供することを目的に、豊富な顧客基盤を持つ富士通事業部門とのマッチングによる新たな事業機会の創出を目指す取り組み。
(注5) セーフティードライバー:自動運転車両に同乗し、タブレット端末操作によるスタート/ストップ指示、及び緊急時の対応を行う者。

【 関連Webサイト 】


PerceptIn Japan 社( (リンク ») )
「オンデマンド交通サービス」紹介サイト( (リンク ») )
FUJITSU ACCELERATOR 紹介サイト( (リンク ») )


≪本件に関する問い合わせ≫
PerceptIn Japan合同会社
担当:川手恭輔
PiJapan.info@perceptin.io

富士通株式会社
富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話:0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・当社指定の休業日を除く)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]