編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

創刊40周年を超えた「ムー」が、公式サイトで会員限定ウェブマガジン「ムーCLUB」を配信開始

株式会社 学研ホールディングス

From: PR TIMES

2020-01-09 14:15

ムー公式サイト「ムーPLUS」がリニューアル! Noteをプラットフォームに移し、「ムーCLUB」会員限定ウェブマガジンの配信を始める。

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、2020年1月9日(木)に月刊ムー公式サイト「ムーPLUS」をリニューアルし、会員限定ウェブマガジン「ムーCLUB」の配信を開始します。



1979年に創刊され、2019年に創刊40周年を迎えた国内唯一のスーパーミステリー・マガジン「ムー」は、公式サイト「ムーPLUS」( (リンク ») )を全面リニューアルする。
新サイトは株式会社ピースオブケイクが運営する「note」( (リンク ») )をプラットフォームとし、「ムー」公式サイトとしての情報発信のほか、有料ウェブマガジン「ムーCLUB」の配信も開始する。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



2020年の「ムー」ウェブマガジン

スーパーミステリー・マガジン「ムー」は、1979年10月に創刊され、2019年10月に創刊40周年を迎えた。掲げているテーマは一貫して、“世界の謎と不思議に挑戦する”。ブレない、変わらない。昔読んでいた方がそのまま読める、そんな老舗雑誌である。
現在の「ムー」は、月刊誌や書籍の発行のみならず、企業や自治体との協力により、各地でイベントを展開し、Tシャツやピアスからオカルトかるた、毎日滅亡カレンダーに至る公式グッズを生み出すなど、世間との接触機会が多様になっている。
やばい・あやしい・うさんくさいの三拍子揃った「ムー」が、「まだあるんですか?」「実在したんですね!」と言われがちな「ムー」が、2020年に至ってあの1999年に匹敵する強い認知を得るとは驚きである。
見渡せば、世界中のウェブサイトにUFOやUMAの映像と情報があふれ、宇宙論や人工知能がオカルトめいた視点をかざし、同時にわれわれは改元の虹に胸を打たれた。ときにはフェイクニュースや闇の権力が事実を塗りつぶしてしまうような事態と、それらへの反応がSNSでぐるぐる回転している現実も横たわっている。
そんな超日常を迎えた2020年、「ムー」は、公式サイトをリニューアルし、ここ、「note」を舞台に新たなウェブマガジンを始める。
ウェブマガジンでの「ムー」は、ひとまとまりの月刊誌ではなくなる。いくつものウェブニュースの中で、フォローするコンテンツの一部に、だれかがシェアしたネタのひとつとして、「ムー」があり、それぞれが新しい「ムー」となる。
千の顔を持つ「ムー」との新たな遭遇、もしく再会を、ぜひ、お楽しみください。


有料ウェブマガジン「ムーCLUB」

ウェブだから軽く読める、お手軽に楽しめる――ということではない。
「ムーCLUB」の会員となった、“ムー民”のために、深く、怪しく、そして新鮮なコンテンツを届ける有料ウェブマガジン「ムーCLUB」には、「ムー」本誌の最新号からバックナンバーの特集記事が厳選掲載されるほか、ウェブ限定の記事も多数、配信される。

1月の配信予定記事から抜粋
7人の占い師・超能力者による「大予言2020」
兵庫県千種町で発見!「ツチノコのミイラ」
実用企画「予知夢・霊夢入門」
日本裏面史「吉備の魔法宮と錬金術師キュウモウ」
UFOレポート「ロズウェルのUFOスパイ」
[画像3: (リンク ») ]



並木伸一郎「フォーティアンFILE/ネッシーはウナギではない!」
吉田悠軌「怪談解題/歌舞伎町の『落ちる女』たち」
黒史郎「妖怪補遺々々/入ったら出られない『七つのカフカ』の家」
初見健一「昭和こどもオカルト回顧録/懐かしのミステリーグッズ」
宇佐和通「DARK RUMOR/都市伝説ドラマ『キャンドル・コーヴ』の真実」
[画像4: (リンク ») ]

山下メロ「平成UMAみやげ」
松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎「怪談行脚」
辛酸なめ子「魂活巡業」
石原まこちん「ムー散歩」

また、2月以降にも、以下の記事配信を予定している。
羽仁礼「斎藤守弘が発見した『極孔神』信仰」
人間椅子・和嶋慎治「ムー的オリジナル楽曲解説・神々の椅子」
保江邦夫「物理学者のUFO調査回想記」
……などなど。
[画像5: (リンク ») ]

これらのほか、毎月の占い、海外のオカルト・ミステリーニュースを追う時事情報も展開。また、芸能界からスポーツ界、クリエイターにもファンが多い「ムー」だけに、各界の「ムー民」へのインタビューも実施。「天気の子」の新海誠監督や、新日本プロレスJr.ヘビー級チャンピオンの高橋ヒロム選手が超常現象について語るのは、「ムー」ならではのことだ。
さらに三上丈晴編集長のイベント動画などを限定配信していく予定。
一部は全文公開していくので、興味のある記事から覗いていただきたい。


無料で読めるムーペディアや情報記事も充実

リニューアル後のムー公式サイト「ムーPLUS」では、有料マガジン「ムーCLUB」のほか、無料で読める記事も充実。
基本用語や頻出事例を解説する「ムーペディア」、そして旧サイトでも人気だった秘教シンボルや幻獣事典、パワーストーン事典も改めて掲載。
もちろん、ムー公式サイトとしてイベントやコラボ企画、新刊情報なども配信する。
[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

「note」を舞台にリニューアルしたムー公式サイトから、ウェブでしか体験できない「ムー」の世界へ。
ちょっと覗くだけのムー民も、秘密結社「ムーCLUB」のメンバーも、ぜひ、ご期待ください。


[商品概要]

ムー公式サイト「ムーPLUS」
基本無料/有料マガジン「ムーCLUB」月額:900円
(リンク »)


月刊「ムー」とは

1979年10月に創刊され、2019年10月に創刊40周年を迎えた“スーパーミステリー・マガジン”。
創刊当初より、UFO、未確認動物、古代文明、超能力、怪奇現象、魔術や占いなど、あらゆる“あやしいもの”“ムー的なこと”を特集し、国内外の筆者、協力者による多様な仮説を提示している。
国内唯一の超常現象専門誌であり、現在も「世界の謎と不思議に挑戦する」をテーマに刊行されている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]