編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

Microsoft Dynamics 365 のアジア向けソリューション、ベトナム・タイへの導入支援を強化~日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント付き

SYSCOM USA

From: PR TIMES

2020-01-10 10:05

ベトナム、タイで普及する電子インボイスへの対応に向けて、Dynamics 365を用いた実現方法を企業毎にアセスメントするソリューション、Microsoft AppSourceを通して提供をはじめる。

SYSCOM USA INC.(ニューヨーク、President&CEO:佐藤誠詞、以下SYSCOM USA)は、マイクロソフトが提供するインテリジェントビジネスアプリケーション「Dynamics 365」の海外導入・サポートを得意としているクラウドソリューションパートナー。その東京支店(丸の内)では、ベトナムで今年の11月1日から使用が義務付けられるe-Invoiceへの対応、及び、タイで2018年より採用が始まったe-Tax Invoiceへの対応として、Dynamics 365を用いた実現方法を提案するためのAssessmentについて、マイクロソフトが運用するクラウドマーケットプレース、AppSource( (リンク ») )を通して提供を始める



SYSCOM USA ( (リンク ») )はニューヨーク本社と東京支店を軸に、米州とアジアへDynamics 365の導入・サポートを提供するMicrosoft Cloud Solution Partner(CSP)。電子インボイスの運用について、Dynamics 365で実現させるための本Assessmentは、ベトナムで事業を営んでいる、もしくはこれからベトナムへ進出する企業に向けた支援。

1.VAS(Vietnamese Accounting Standard):ベトナムの会計基準はベトナム財務省(「MoF」)により、国際財務報告基準(「IFRS」)に基づいて決定されています。最新リリースはCirculars No. 200/2014 / TT-BTCであり、VASには様々なフォームとレポートのガイダンスが存在する。
【VASの基本的な要件】
・会計に関する全のレポートはベトナム語
・会計通貨としてはベトナムドン
・VASに基づく特定のレポート

2.e-Invoice(電子インボイス):現在、ベトナム政府は商品とサービスを販売するにはe-Invoiceを利用する規則の政令No.119 / 2018 / ND-CP(「政令119」)を発行しました。2020年11月1日から、ベトナム国内のすべての企業は、紙ベースの代わりにe-Invoiceを発行することが義務付けられています。
【提供されるアジェンダ】
・現地企業からのヒアリング
・一般的なビジネス要件とDynamics 365への影響の査定
・Dynamics 365を元としたe-Invoiceの発行、申告、保管方法の提案
【成果物】
・Dynamics 365のFIT / GAP報告
・VASおよびE-Invoiceに集中した査定報告

3.e-Tax Invoice & Receipt:Thailandでも2018年1月1日よりe-Tax Invoice & Receiptの利用が始まっている。電子化されることによる紙ベース、郵送料、保管スペースの削減から、管理・検索効率の向上より、今後の普及が見込まれているため、ベトナム同様に、タイの企業に向けてもAssessmentすることでアジア向けのソリューションを強化して行く。

4.Microsoft AppSourceによる提供:両ソリューションは、マイクロソフトが運営するクラウドマーケットプレース、2つのストアのうち「AppSource ( (リンク ») )」を通して提供する。


[画像: (リンク ») ]


【日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント】
SYSCOM (USA) INC. 様におけるアジア諸国のDynamics 365導入を強化するソリューションの提供開始を心より歓迎いたします。SYSCOM (USA) INC.様は、米国ニューヨークに本社を構え、東京支店では、日本およびアジア諸国のDynamics 365導入と運用保守サービスの実績を持たれてるマイクロソフトのパートナーです。今回のサービスは、貴社がこれまで培ってきた基幹システム導入の豊富な経験と、Dynamics 365の深い知識を活用し、日本企業が課題の一つとする、アジア拠点の基幹システム導入をクラウドに特化した弊社のサポートサービス「Microsoft Advanced Support for Partners」と強力に連携いただきます。この取り組みによって、Dynamics 365によるデジタルトランスメーションの推進に貢献いただけることを期待しております。
日本マイクロソフト株式会社
ビジネスアプリケーション事業本部
本部長 大谷 健

Microsoft、Dynamics 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]