編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ロボコンのWRO Japanと提携し、全国のCoderDojoへロボットキットを提供

NPO法人WRO Japan

From: PR TIMES

2020-01-10 11:25

NPO 法人 WRO Japan と一般社団法人 CoderDojo Japan が提携し、約20セットの教育版レゴ(R)マインドストーム(R)を日本各地の道場に無償提供しました。



NPO 法人 WRO Japan は、70以上の国と地域から小中高校生が参加する国際ロボコン『WRO (World Robot Olympiad)』の国内開催、国際大会への日本代表選手団の派遣を通じて子どもたちの学びの機会を提供しています。提供された『教育版レゴ(R) マインドストーム(R) NXT』は、大会指定ロボットキットの一つであり、WRO Japan のスポンサー企業が社内エンジニアの技術研修などに利用されたキットです。

現行機種ではなく発売から年数が経過していますが、現行のマインドストーム用プログラミング環境 (EV3 Software) や、Scratch でも利用できます。ブロックを並べるプログラミング環境だけでなく、C言語やJavaなど豊富なプログラミング環境も特徴的です。
[画像1: (リンク ») ]


【WROとは】
World Robot Olympiad(WRO)は、シンガポールサイエンスセンターの発案により2004年に始まった国際的なロボット競技大会です。世界中の小学生から高校生までを対象に、科学技術を身近に体験できる場を提供し、創造性と問題解決力を育成することを目的に開催しています。
WRO公式ページ(英語のみ):
(リンク »)

【NPO法人 WRO Japanとは】
日本では、シンガポールサイエンスセンターの発案を受けて産学の有志によるWRO Japan実行委員会が組織され、2004年にスタートしました。公益財団法人科学技術振興財団(科学技術館)の協力を得て、ロボット、組込みシステムをテーマとした子どもたちの科学技術への興味意欲の向上、ものづくり人材育成を目的に活動をしています。2008年にNPO法人として新たに発足、現在に至ります。
NPO法人WRO Japanとは:
(リンク »)

[画像2: (リンク ») ]


【CoderDojo Japanとは】
世界100ヶ国・1,800ヶ所ある CoderDojo コミュニティの日本法人として、日本全国の CoderDojo への活動支援や、パートナー企業との連携支援などを行っている。
(リンク »)
パートナーシップについてはこちら
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]