編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

【100回以上開催の人気セミナー】2/3(月)沖縄で初開催!教育市場の現況や教室開設のポイントがわかる「こどもロボットプログラミング教室事例・開設セミナー」

アフレル

From: PR TIMES

2020-01-13 11:05

参加申し込み受付中

 株式会社アフレル(所在地:福井県福井市、代表取締役社長:小林靖英)は、新たな事業拡大をお考えの事業者様向けにこども向けのロボットプログラミング教室開設支援を目的としたセミナーを100回以上開催しています。この度、好評につき、2月3日(月)沖縄で初開催いたします。当日は一日に3回のセミナーを開催し、目的が異なる事業者様に合わせた内容を実施します。(10:00~11:30学習塾事業者様向け/13:30~15:00新規事業担当者様向け/16:00~17:30英会話教室事業者様向け)具体的な事例を交えながらプログラミング教育市場の現況や、初めての方でもわかりやすい教室開設の為のポイントを解説します。充実の内容となっておりますのでぜひご参加ください。( (リンク ») )



[画像1: (リンク ») ]



セミナー概要


■学習塾事業者様向け【2020年必修化直前 プログラミング教育導入説明会】
2020年小学校必修化のプログラミング教育ではプログラミングの学習を通して、「主体性」、「創造性」、「課題発見力」、「問題解決力」といった「チェンジ・メーカー」の素質が身につくといわれています。プログラミング教育必修化を目前に、プログラミング教育実績10年以上のアフレルによる、学習塾を展開される事業者様向け説明会を実施いたします。説明会では、プログラミング教育市場の現況と今後の展望やプログラミング教育導入による学習効果、実際に学習塾へプログラミング教育を導入するにあたっての具体的な方法(教材:教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3※1・講師育成・クラス編成など)をお伝えします。

[表1: (リンク ») ]



■新規事業担当者様向け【ゼロから始めるプログラミング教室】
2020年小学校プログラミング必修化を目前にして、こどもの習い事としてプログラミング教室の需要が高まっています。プログラミング教室は日本の将来を担うこどもの育成を通して社会貢献できるという視点とともに、プログラミング/教育未経験者でも始められるビジネスとして、新規事業で始める異業種からの参入が増えています。このセミナーでは、はじめてプログラミング教室を開設する方向けに、こども向けロボットプログラミング教室を開設するための『8つの柱』を中心に丁寧にご説明します。

[表2: (リンク ») ]



■英会話教室事業者様向け【プログラミング導入・事例紹介セミナー】
こども向け英会話教室を運営されている方向けセミナーです。「英会話教室でもっと集客したい」「英語でプログラミングを教えるってどういうことか知りたい」といった考えをお持ちの方におすすめです。本セミナーでは、小学校の教育市場の現状、英会話教室でプログラミングコースを開設する価値、さらに英語でプログラミング学習に取り組まれている教室様の最新事例をご紹介します。世界各国で使用されているレゴのプログラミング教材をご紹介したのち、ご希望の方は個別でご相談いただけます。

[表3: (リンク ») ]




オンライン無料個別相談会(完全予約制)

アフレルでは会場に来られない方、じっくりご相談したいという方の為に、
ロボットプログラミング塾・教室開設支援担当者による「オンライン無料個別相談会」を実施します。
開催日:弊社営業日
時間枠:9:30~11:00/13:30~15:00/15:30~17:00のいずれか
申し込み後の流れ:担当者より日程調整のご連絡を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。
個別相談会のお申し込みは下記リンクからお申込みください。
(リンク »)

※1教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3


[画像2: (リンク ») ]

MIT(マサチューセッツ工科大学)とレゴ社の協力により開発されたロボットプログラミング教材で、初代の発売から約20年間、様々な国で採用されてきた、まさに世界標準のロボットプログラミング教材です。教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3はCPUを内蔵したインテリジェントブロックとセンサーやモーター、ギアで自在にロボットを組み立てられ、作成するプログラムによって自律制御が可能で、科学技術、ロボティクス、コンピュータ教育を強力にサポートする教材です。

■株式会社アフレルについて
明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

■お問合せ先
株式会社アフレル 東京支社 吉田、檜山(ひやま)
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-7-9 日本橋茅場町プレイス7F
E-mail: as-seminar@afrel.co.jp  URL: (リンク »)
TEL: 03-6661-9251 FAX: 03-3249-3741

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]