編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

【事前登録開始】CX改善SaaSで企業の採用力を加速

HeaR株式会社

From: PR TIMES

2020-01-14 09:45



「CX=Candidate Experience(候補者体験)」向上支援のHeaR株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:大上諒、以下「HeaR」)は、採用CX改善SaaS(β版)のリリースに先駆け、特設サイト( (リンク ») )を公開しました。
当サービスは自社のCXスコアを見える化し、採用フローのボトルネックを改善していくことで採用力向上を目指します。
サービスの詳細はこちらの特設サイトよりご覧ください。

「HeaR」特設サイト: (リンク »)

リリースの背景


[画像1: (リンク ») ]


1)買い手市場から、売り手市場へ
近年、採用市場は買い手市場から、売り手市場に変わりつつあります。
採用は年々複雑化し、母集団形成だけでは上手く採用できない企業も増えてきました。
そこで、求職者に選ばれる企業にならなければなりません。

2)転職潜在層へのアプローチが必要不可欠
採用市場が激化するなか、優秀な人材は転職市場に出てこないと言われています。
そこで、中長期的に転職潜在層までアプローチする必要があるのです。

3)採用情報のオープン化
現在ではインターネットが普及しているからこそ、内部の情報も表に出やすいことから、嘘偽りなく求職者にありのままの情報をオープンに伝える事が鍵となります。


3つの提供価値

本SaaSでは、自社のCXスコアを見える化し、採用フローのボトルネックを改善していきます。


[画像2: (リンク ») ]


1)企業の採用CXスコアを算出
各選考ごとに候補者へアンケートを送信。職種ごと(エンジニア・ビジネス・副業など)や選考フェーズ(メンバー・リーダー・役員など)によって質問内容が変わります。
面接官の態度や当日までの対応などを網羅的に質問し、自社の採用CXスコアを計算。他社との比較も可能です。

2)選考フローの課題を見える化
HeaR独自のアルゴリズムで選考フローの改善点を発見。選考施策ごと、(求人票・一次面接・内定通知など)やメンバーごとに課題を見える化します。
課題を「緊急度」と「重要度」のマトリクスで表示するため、どこから着手すべきかが一目瞭然です。

3)改善コンサルティング
採用体験のボトルネックを担当コンサルタントと二人三脚で解決します。コンサルティングと運用代行も行う2つのプランを提供中です。

より、詳細なサービス内容について知りたい方はこちらから資料をダウンロードください。
URL: (リンク »)


「HeaR」で解決できる課題


[画像3: (リンク ») ]


・ターゲット外の母集団形成
事業を伸ばすペルソナやキャンディデートジャーニーを策定し、自社に合った候補者を集めることができます。

・他社との競争に負ける(選考辞退)
採用CXスコアを通して選考フローや面接官の改善点が分かるため、辞退率の減少が期待できます。

・入社後のちぐはぐなオンボーディング
弊社メンバーがオンボーディング施策(業務設計や体制構築)をコンサルティング・設計代行いたします。


本件に関する代表取締役CEO大上 諒のコメント

求職者”を”選ぶ時代から、求職者”が”選ぶ時代へ。
企業が「選ばれる立場」に変わったにも関わらず、多くの企業の採用体験は変わらないままです。
ブラックボックスになりがちな採用体験を数値化し、採用力向上の一助になれればと思います。


本リリースに関するお問い合わせ

社名     :HeaR株式会社 / HeaR Inc.
本社所在地  :東京都品川区西五反田1-32-2-3F
設立     :2018年8月24日
代表取締役  :大上諒
URL     : (リンク »)
お問い合わせ先:info@hear.co.jp
事業内容   :採用業務における代行、CX改善コンサルティング

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]