編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

AI英語教材アプリabceed、会員数100万人突破!

株式会社Globee

From: PR TIMES

2020-01-14 10:25

AI×良質な学習コンテンツにより英語学習者の成果を最大化

株式会社Globee(所在地:東京都港区、代表取締役:幾嶋 研三郎、以下 当社)が運営するAI英語教材アプリ「abceed(エービーシード)」( (リンク ») )は、この度会員数100万人を達成したことをご報告いたします。2016年の正式リリースから約3年半での達成になります。今後も、英語学習者の皆様に最良の学習環境をご提供できるよう努めて参ります。



[画像: (リンク ») ]

AI英語教材アプリabceedは2020年1月10日、会員数が100万人を達成いたしました。2016年5月にTOEIC対策アプリとして正式リリース、2018年末には学習効率の最大化を目指し「abceed AI」を開発、実装しました。2019年11月にはアプリのリニューアルを行い、TOEIC学習にとどまらず、英語学習全般に対応できるよう改良いたしました。今後は、TOEIC以外の分野においてもabceed AIを対応していくほか、スピーキング対策機能を追加するなどコミュニケーション能力向上に向けた機能開発を進める予定です。これからも、英語を学ぶすべての人が等しく最良な学習機会を獲得し、次のステップへ挑戦できるチャンスをつかめるよう、サービスの改良を重ねて参ります。

abceedとは( (リンク ») )
abceedは「学習量×学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材アプリです。TOEICの出題形式に合わせたクイズをはじめとした様々なトレーニング法に対応し、200を超える人気英語教材コンテンツにアクセスすることができます。
さらに、学習最適化エンジン「abceed AI」を活用した問題のレコメンド、スコア予測が可能です。

【abceedの特徴】
・200を超える人気英語教材のコンテンツを活用した学習が可能
・TOEIC(R) L&R TEST PART 1~7までの形式に沿ったクイズや単語クイズ、シャドーイング*、ディクテーション*、スラッシュリーディング*など、約20種類のトレーニング法に対応
・「abceed AI」によりTOEICスコアのリアルタイム予測(誤差6%)が可能
※abceed予測スコアと2019年3月開催のTOEIC公開テスト本番結果当日の差(母数:73名)
・良質な20,000問の中から、難易度や習得状況から最適な問題をAIがレコメンド
・1日30問の学習でTOEICスコアが平均96点アップ
※Unlimited会員のうち、1日30問以上を解いているユーザーの平均予測スコア上昇値
*シャドーイング:音声を聞き、即座に復唱するトレーニング法
*ディクテーション:聞き取った音声をテキストとして書き取るトレーニング法
*スラッシュリーディング:英語の文章を意味のかたまりに分割し読み取るトレーニング法

■当社の企業概要
商 号:株式会社Globee
代表者:幾嶋研三郎
所在地:東京都港区東麻布一丁目7番3号
創 業:2014年6月12日
事 業:学習コンテンツ配信事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]