編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「クラウドサイン NOW」がAndroid・Windows版に対応。情報共有をよりスムーズにする店舗間コミュニケーション機能も公開

弁護士ドットコム株式会社

From: PR TIMES

2020-01-14 11:05

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)が提供する対面型クラウド申込み・契約サービス「クラウドサイン NOW」が、大幅にアップデートを行いました。従来のiOS版に加えてAndroid版、Windows版に対応し、店舗間コミュニケーション機能を公開。あわせて、申し込み時の複雑な要件に対応する新プランもご用意しました。



[画像1: (リンク ») ]


対面型申し込み「クラウドサイン NOW」は、タブレットを利用し、契約・申込みが対面で完結できるクラウド契約サービスです。タブレット上に手書きで入力した文字を高精度な認識機能によりデータ化されるため、紙の転記作業をなくすほか、集計したい項目に応じて分析レポートを作成することも可能です。


■ アップデートの概要

(1)対応端末を拡充
iOS版に加えて、Android・Windows版でもお使いいただけるようになりました。既に対応する端末をお持ちの場合、初期コストを抑えてすぐにお使いいただけます。

(2)店舗間コミュニケーション機能の公開
本社と店舗間などで、掲示板・ビジネスチャット・カレンダー・ワークフロー・タスク管理など簡単に共有が可能になります。既読確認機能やコメント機能で共有漏れを防ぎます。

[画像2: (リンク ») ]



(3)インテグレーションプランの提供開始
契約・申し込みする際の複雑な要件への対応が可能なプランです。

活用シーン
・選択したプランに合わせた約款をつけて契約するとき
・金額に合わせた承認フローの変更
・選択したプランの料金が帳票に表示される
・すでに取得済の顧客情報を申込書に反映する
・自社の基幹システムやCRMなどとのAPI連携

このほか、用途に合わせて各種プランをご用意しております。料金や詳細についてはお問い合わせください。


■「クラウドサイン NOW」について (リンク »)
クラウドサイン NOWは、これまで紙で締結していた申込書や契約書を、タブレットに置き換えて契約締結を行うことができるサービスです。タブレット上に申込み・契約に関する情報を手書きで入力することで、デジタル文字に変換され、顧客管理システムなどに自動的に同期されます。タブレットによる対面契約を実現することで、郵送の手間、紙の保管がなくなるだけでなく、申込書、契約書を社内システムなどに転記する手間を削減します。また、入力した情報は顧客管理システム上で分析することができ、データを活用した経営を実現します。


■弁護士ドットコム株式会社について (リンク »)
本 社 東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
設立日 2005年7月4日
資本金 439百万円(2019年9月現在)
代表者 代表取締役会長 元榮 太一郎 (弁護士)・代表取締役社長 内田陽介
事業内容 「専門家をもっと⾝近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護⼠ドットコム」「ビジネスロイヤーズ」「税理⼠ドットコム」、Web 完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]