編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

トレンドマイクロと国内販売代理店契約を締結、産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品を提供開始

東京エレクトロン デバイス株式会社

From: PR TIMES

2020-01-14 11:45

産業制御機器をサイバー攻撃から保護

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)はIT環境のセキュリティにおけるリーダーであり、革新的なセキュリティソリューションを提供するトレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 以下、トレンドマイクロ)と国内販売代理店契約を締結し、産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品を2020年1月14日から受注を開始します。



昨今、工場や重要インフラで使用される制御機器やセンシング機器などの産業制御システム(ICS:Industrial Control System)で産業用ネットワークのオープン化・標準化が進み、ITシステムと同様にランサムウェア、標的型攻撃などのサイバー攻撃のリスクに直面しています。インターネットから分離されたクローズド環境においても、クローズド環境であるという安心感から有効なセキュリティ対策がとられていないのが実情です。また、工場のスマート化に伴い、USBメモリや持込PCなど外部から持ち込まれたデバイス、インターネットに産業制御機器が接続されることでコンピュータウイルスに感染するリスクが増加するため、セキュリティ対策が急務になっています。

上記課題を解決するために、産業制御システムの脆弱性を悪用したサイバー攻撃や許可していない通信をネットワーク上で遮断するIPS/IDS製品を提供します。産業制御システムの各機器をネットワーク上で保護するため、動作要件や機器の仕様上ソフトウェアをインストールすることができない機器の保護が可能です。また、保護対象の産業制御システムの機器の接続台数、各機器のデバイス名、メーカ名、IPアドレス、OS、使用するプロトコルなどの情報を可視化して、サイバー攻撃の発生原因や対処について検討を可能にします。

  *システム構成イメージ
[画像1: (リンク ») ]

※トレンドマイクロ資料より引用

【産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品ラインアップ】
・産業用IPS「EdgeIPS」
工場のネットワークに設置することで、配下に接続されている産業制御機器を保護します。脆弱性を悪用する攻撃を防ぐIPS/IDS(仮想パッチ)機能、産業制御機器に対するOTプロトコルの通信をプロトコル/機器/命令の種類で制御する機能を提供します。


-  価格(1台あたり):
 ・初年度 154,000円(税抜)(ハードウェアとライセンスを含む)
 ・次年度以降 33,000円(税抜)(年間ライセンス)
-  受注開始時期:2020年1月14日
[画像2: (リンク ») ]

・産業用ファイアウォール「EdgeFire」
工場のネットワークに設置することで、配下に接続されている産業制御機器を保護します。脆弱性を悪用する攻撃を防ぐIPS/IDS(仮想パッチ)機能、産業制御機器に対するOTプロトコルの通信をプロトコル/機器/命令の種類で制御する機能を提供します。また、ネットワークスイッチ/NATによってネットワークをセグメンテーションする機能、ITプロトコルの通信を制御するファイアウーウォール機能を提供します。

-  価格(1台あたり):
 ・初年度 352,000円(税抜)(ハードウェアとライセンスを含む)
 ・次年度以降 66,000円(税抜)(年間ライセンス
-  受注開始時期:2020年1月14日
[画像3: (リンク ») ]

・OTセキュリティの集中管理コンソール「OT Defense Console」
「EdgeIPS」「EdgeFire」の保護対象である産業制御機器の接続台数、各機器のデバイス名やメーカ名、IPアドレス、OSバージョン、使用プロトコルなどの情報を集中管理する「OT Defense Console」を提供します。「OT Defense Console」は、「EdgeIPS」「EdgeFire」でブロックした不正な通信内容や通信元を可視化し、サイバー攻撃の発生原因や対処を検討できます。


-  価格:
 ・ハードウェアアプライアンス版※ 880,000円から(税抜)
 ・初年度ノードライセンス 11,000円から(税抜)
 ・次年度以降ノードライセンス更新費 11,000円から(税抜)
  ※バーチャルアプライアンス版は、ノードライセンスのみで使用可能。
-  受注開始時期:2020年1月14日
[画像4: (リンク ») ]

TEDでは、産業・機械、エネルギー、交通・公共インフラなどの分野をターゲットに、今後3年間で
30億円の販売を目指してまいります。


【サポート体制】
導入・構築・検証支援までをサポートするとともに、ヘルプデスクサービスを提供します。

トレンドマイクロ株式会社IoT 事業推進本部IoT 事業開発推進部長 和木 正浩氏は次のように述べています。「トレンドマイクロは、本発表を歓迎します。東京エレクトロンデバイス様が当社の産業制御システム向けセキュリティソリューションをお客様に提供することで、工場の継続的な安定稼働の実現に寄与できることを期待しています。」

【セミナー情報】
-どう防ぐ?最新のIoTセキュリティ対策~新時代に求められるIoTセキュリティ事情!
日 程:2020年2月7日(金) 13:30~17:30(開場:13時より)
場 所:AP新橋 Room F
    (リンク »)
定 員:25 名(定員に達し次第、登録受付終了とさせていただきます)
参加費:無料
申込: (リンク »)

トレンドマイクロ株式会社について
(リンク »)

東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL: (リンク »)

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
(リンク »)

<製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
トレンドマイクロ窓口 和田・板谷
Tel:045-443-4020、Fax:045-443-4062
(リンク »)

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]