編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

健康に関するテクノロジーを楽しく体験できるイベントを名古屋ロボケアセンターで開催

CYBERDYNE株式会社

From: PR TIMES

2020-01-14 15:45

~ 高齢者や障害者が利用可能な装着型サイボーグHAL(R)を体験しよう ~

CYBERDYNE株式会社(本社:つくば市 以下当社)は、障がいをお持ちの方や、加齢などにより身体機能が低下した方に対し、世界初の装着型サイボーグHALをはじめとする様々な最先端テクノロジーを利用し、脳・神経・筋系の機能改善を促す「Neuro HALFIT(R)」を全国14か所のロボケアセンターにて提供しております。その一つとしてCYBERDYNE株式会社の関係会社「名古屋ロボケアセンター」(名古屋市中村区)は、2019年8月のオープン以来試験的営業を行なっておりましたが、2020年1月より本格営業を開始します。そこでこのたび、同センターを一般の方に認知してもらうために、子どもからお年寄りまでを対象に、HAL(R)をはじめ健康に関する様々な最先端テクノロジーを体験してもらうイベントを、1月25日 (土) 10時~18時に開催します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


●イベント内容
当社製品、装着型サイボーグHAL(R)の紹介、野球の前田健太選手も取り組んでいるトップアスリート向けプログラム「IWA式 Neuro HAL プラス」、モーションセンサーを利用した福祉・介護・教育現場向けのテクノロジー「TANO」などについて説明するミニセミナーや、HAL(R)の装着体験、リハビリトレーニングツール「TANO」を使った姿勢測定や釣りゲーム、血管年齢測定や血圧測定、健康機器や癒しロボットの体験などができます。
HAL(R)自立支援用腰タイプに新たに追加された動作中の生体電位信号を可視化できるモニター機能も体験できます。
一般参加可能、参加無料、申込不要。(※時間の記載がないものは10:00~18:00)

●イベント日時
日時:1月25日(土) 10時~18時
場所:名古屋ロボケアセンター
所在地:〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-4-22 エディオン(EDION)名古屋本店内

1.ミニセミナー
 HAL(R)をはじめとする最先端テクノロジーについて解説する3つのミニセミナー(計約40分)を
  1. 11:00~、2. 14:00~、3. 17:00~の3回開催します。

・「革新! サイボーグを装着してアスリートの潜在能力を呼び起こす」(15分)
- あの前田健太投手も取り入れているIWA式 Neuro HALプラスとは -
    IWA ACADEMY STRENGTH FIELD DIRECTER 田邊 大吾
・「装着するサイボーグHAL(R)って何?」(15分)
    CYBERDYNE(株)取締役、鈴鹿・大分・湘南ロボケアセンター(株)代表取締役 安永 好宏
・「最新テクノロジーで触れずに計ろう、遊ぼう!」(10分)
    TANOTECH株式会社 代表取締役 三田村 勉


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

2.HAL(R)の装着体験
スタッフがお手伝いしながら、実際にHAL(R)を装着していただくことができます。脚、もしくは腰につけるHAL(R)を通じて、着るだけでサイボーグになれる体験をしていただきます。 (30分)


3.HAL(R)腰タイプ自立支援用 モニター機能体験

[画像5: (リンク ») ]

新たに追加されたHAL(R)︎腰タイプ自立支援用のモニター機能を使って、装着者自身の生体電位信号などの情報をリアルタイムで確認する体験ができます。


4.TANOを使った姿勢測定やゲーム体験
当社が販売代理点として展開している、モーションセンサーを利用したリハビリテーショントレーニングツール「TANO (TANOTECH株式会社が開発)」を使い姿勢測定やゲームの体験ができます。
  ・姿勢測定
[画像6: (リンク ») ]

正面から見た肩と骨盤左右の傾きによるX脚やO脚のチェック、正面から見たシルエットのチェック、側面から見た猫背や反り腰などのチェック、上空から見た姿勢の歪みやねじれの測定、床面の重心の中心線からのずれのチェック、さらに各箇所の角度と「姿勢スコア」を測定します。
   

(写真: (リンク »)  より)
 ・ ゲーム体験
サッカー、バッティング、的あて、走る、泳ぐ、魚釣り、ボウリング、リズム動作、スロットマシン、お絵かきなど、豊富な種類のゲームを楽しむことができます。

[画像7: (リンク ») ]


4.TANOを使った釣りゲーム大会 (15時~開催)
子どもたちに人気の、TANOを使った釣りゲーム大会を開催します。景品をご用意して、お待ちしております。
            (写真: (リンク »)  より)


5.血管年齢測定、血圧測定、健康機器体験
血管年齢や血圧を機器で測定します。そのほか健康機器を体験していただきます。
[画像8: (リンク ») ]


6.癒しロボット体験
ぬいぐるみの内部に、スマートホンのパネルに活用されている静電センサーを頭やあご(猫のみ)、背中・尻尾に配置。「撫でる」と「触る」の違いを感知して、鳴き声を変えます。本物の猫や犬を飼っている気持ちになれる癒しロボット「なでなでねこちゃん」「なでなでワンちゃん」の体験ができます。(写真: (リンク »)  より)



Neuro HALFIT(R)(ニューロ HALFIT(R))とは


[画像9: (リンク ») ]

世界初の装着型サイボーグHAL(R)による脳神経・筋系の機能の改善を促す新しいプログラムです。
今まで自分では難しかった動作でも、ご利用者様自身の意思と完全に同期したタイミングで何度も繰り返すことができるようなサポートを行えるのが装着型サイボーグ HAL(R) の大きな特徴です。
従来のリハビリとは異なり、神経伝達の強化を促す HAL(R) を用いた新しい「 Neuro HALFIT(R) 」により脳卒中や脊髄損傷などによる後遺症からの改善がなかなかできなくなってしまったご利用者様でも、更なる改善が期待できます。
人の立ちたい!歩きたい!という「思い」に応える HAL(R) によって、ご利用者様の「もう一歩進みたい」「もっと生活を改善したい」を共に実現していきます。

Neuro HALFIT(R)のプログラム一例
<HAL(R)自立支援用下肢タイプ>
[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]

[画像12: (リンク ») ]




<HAL(R)自立支援用単関節>

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]


<HAL(R)自立支援用腰タイププログラム>


[画像16: (リンク ») ]

[画像17: (リンク ») ]

[画像18: (リンク ») ]

イベント会場・施設概要
屋号: 名古屋ロボケアセンター
所在地: 〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-4-22
      エディオン名古屋本店内
営業時間: 10:00~19:00/休日:水曜
電話: 052-526-2226
WEB:  (リンク »)

 <名古屋ロボケアセンターの運営会社>
 社名: 鈴鹿ロボケアセンター株式会社
 所在地: 〒513-0816 三重県鈴鹿市南玉垣町3500−3(鈴鹿医療科学大学白子キャンパス内)
 代表者: 安永好宏 営業時間: 9:00~18:00/休日:土・日・祝日
 電話: 059-389-7762    WEB:  (リンク »)


会場アクセスマップ (エディオンの駐車場を利用可能です)

[画像19: (リンク ») ]




【プレスリリース配信元・取材に関するお問い合わせ】

 名古屋ロボケアセンター 広報窓口 株式会社インフォデザイン (門脇)
 電話:050-3717-0758 (携帯:090-4950-6769)  FAX:052-308-1868  E-mail:copro@info-de.co.jp


【その他お問い合わせ先】

CYBERDYNE株式会社 広報・IR 担当
TEL: 029-869-9981


取材ご連絡用紙

取材をご予定の場合は、会場準備の必要上、お手数ですが、下記項目をご記入のうえ、
FAX 052-308-1868  にご送信いただくか、
メールに同項目の内容を記載のうえ  info@info-de.co.jp  にご送信をお願いします。
※前日夕方、もしくは別日程の取材をご希望の場合は、個別にご相談ください)

<名古屋ロボケアセンターオープニングイベントへの取材を申し込みます>
 日時: 2020年1月25日(土) 10:00~18:00
 場所: 名古屋市中村区名駅南2-4-22 エディオン名古屋本店内 (エディオンの駐車場利用可能)


[表: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]