編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

世界初!ノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な※「部品搬送用キャリア」を開発_また、繰り返し使える高耐熱両面粘着シートに「静電対策タイプ」がラインナップに追加

株式会社京写

From: PR TIMES

2020-01-15 11:45



                                           2020年1月15日
各位
                        会 社 名   株式会社 京 写
                        代表者名   代表取締役社長 児嶋 一登
                             (コード番号 6837)
                        問合せ先   執行役員人事総務・経理財務担当 平岡 俊也                             (電話番号 075-631-3193)

◇世界初!ノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な※「部品搬送用キャリア」を開発しました。

株式会社京写(京都府久世郡久御山町森村東300番地 代表取締役社⾧ 児嶋一登)は、従来から開発を続けていた『スクリーン印刷法による治具製造技術』をベースに、高温工程で部品搬送が可能なノンシリコーン粘着インクを使った部品搬送用キャリアを開発しました。
電子機器の小型化、高性能化に伴う部品の小型化要求により、その部品製造工程における搬送方法が複雑化しています。粘着剤を用いた方法として、シリコーンを用いた搬送では、電極部への接点障害リスクおよび、粘着層接触部の濡れ性低下による塗装工程への影響などから、シリコーンを使用しない工法開発※が急務となっていました。京写では、開発したインクを塗布した『部品搬送用キャリア』の供給に、実現の目途が立ったことをご報告いたします。
[画像1: (リンク ») ]



[動画: (リンク ») ]



特許出願中
【製品化時期】
本製品は、1 月に開催されるインターネプコンジャパンで展示いたします。また、2019年 12月より、順次国内工場で試作品の受注を開始しております。
※・・・従来ノンシリコーンとして知られる変性アクリル系粘着剤では、耐熱性や繰り返し使用が課題となっていました。また、フッ素系ゴムを用いた治工具では、タック性や粘着性の制御が課題となっていました。今回、これらの技術課題を解決する製品として部品搬送用キャリアを開発しました。



◇繰り返し使える高耐熱両面粘着シートMagiCarrier(R)-βに、「静電対策タイプ」がラインナップに追加されました。

株式会社京写(京都府久世郡久御山町森村東300番地 代表取締役社長 児嶋一登)は、MagiCarrier(R)-βシリーズに静電対策タイプを追加ラインナップしました。昨今の電子機器の軽薄短小化に伴い、電子部品やモジュール基板は静電気で悩まされてきました。そのため、設備や工具、作業着に至るまで静電気対策が行われています。弊社では、高耐熱両面粘着シートMagiCarrier(R)-βの粘着層に導電性物質を混ぜ込むことで、粘着シートの両面間を同電位にすることに成功しました。接地されている作業エリアや設備に接触させれば、常に接地された環境で製品の着脱が可能です。また、シート厚が0.2mmと薄いため、はさみ・カッター等で簡単にカットすることができ、お客様のあらゆる用途に適用できるように両面粘着仕様になっております。従来からの実装基板はもちろんのこと、電子部品、電子モジュール等の静電気を嫌う製品分野の搬送に、MagiCarrier(R)-β『静電対策タイプ』がきっとお役に立てます。
[画像2: (リンク ») ]

特許出願中
【製品化時期】
本製品は、1月に開催されるインターネプコンジャパンで展示します。また、2019年12月より、順次国内工場で試作品の受注を開始しております。                             
                                     以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]