編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

リアルタイムOS「VxWorks」がRISC-Vをサポート

ウインドリバー株式会社

From: PR TIMES

2020-01-15 13:05

ニュースハイライト
・ 最も広く採用されている商用リアルタイムOSであるVxWorksが、RISC-Vアーキテクチャをサポートしました。
・ ウインドリバーは、最新のオープンハードウェア命令セットアーキテクチャをサポートし、業界をリードするVxWorksを強化し続けます。
・ ウインドリバーは、RISC-V Foundationに加盟しました。



2019年12月10日、カリフォルニア州アラメダ発 – インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは本日、業界をリードするVxWorks(R)リアルタイムOS(RTOS)がRISC-Vオープンアーキテクチャをサポートしたことを発表しました。VxWorksは、オープンハードウェア命令セットアーキテクチャ(ISA)であるRISC-Vをサポートする、最も広く採用されている商用RTOSです。また、ウインドリバーはRISC-V Foundationに加盟しました。RISC-V Foundationは、RISC-V ISAの標準化、保護、促進に取り組む非営利団体で、ハードウェアおよびソフトウェアのエコシステムと協力し、あらゆるコンピューティングデバイスでの使用を目指しています。

VxWorksには、RISC-Vのサポートに先立ち、C++17、Boost、Python、Rustのサポートを含む複数の革新的な機能が追加されました。VxWorksは、C++17、Boost、Python、Rustをサポートする初のRTOSです。

RISC-V FoundationのCEO、カリスタ・レドモンド氏は次のように述べています。「ウインドリバーをRISC-V Foundationおよび私どものグローバルなエコシステムに迎えることができ、嬉しく思います。VxWorksにより、組込み開発者の中でRISC-Vへの関心が大幅に高まるでしょう。ウインドリバーとRISC-Vコミュニティによる継続的なソフトウェア開発に期待しています」

ウインドリバーの製品担当バイスプレジデント、ミッシェル・ジェナールは次のように述べています。「オープンアーキテクチャ開発のダイナミズムをハードウェアにもたらすRISC-Vの普及拡大が楽しみです。ウインドリバーがVxWorksのイノベーションを継続する中で、Unleashedボードを提供するSiFiveやPolarFire(R) SoC FPGAボードを提供するMicroChipなどのパートナーとの協業により、RISC-Vの成功に貢献できることを嬉しく思います」

MicrochipのFPGA 部門製品マーケティング担当副社長、シャキール・ピアラ氏は次のように述べています。「VxWorksが当社のRISC-VベースのPolarFire SoC FPGAファミリをサポートすることにより、Linuxに対応し、リアルタイム性を強化した、低消費電力、高熱効率、かつセキュアなソリューションを求める組込みシステム設計者にとって、非常に魅力的なソリューションが実現します。ウインドリバーとのパートナーシップは、RISC-Vのエコシステムとコミュニティの発展を協働で推進するために重要です」

SiFiveの社長兼CEOのナビード・シェルワニ博士は、次のように述べています。「ウインドリバーがRISC-V向けにVxWorksを提供し、RISC-Vのエコシステムがさらに充実しました。SiFive Core IPやそのデバイスでVxWorksが実行できることで、世界中に新しいアプリケーションの市場が生まれるでしょう」

VxWorksの詳細については、こちらをご覧ください。
(リンク »)

[画像: (リンク ») ]


ウインドリバーについて
ウインドリバーは、エッジコンピューティングソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。そのテクノロジは1981年から世界で最も安全でセキュアなデバイスに搭載され、20億を超える製品に使用されています。包括的なポートフォリオは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、広範なパートナーエコシステムに支えられています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、最高水準の安全性、セキュリティ、パフォーマンス、信頼性が要求される重要インフラシステムのデジタルトランスフォーメーションを加速しています。詳細については、ウインドリバーのサイトをご覧ください。
(リンク »)

# # #

※Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

※本プレスリリースは2019年12月10日に発表したプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]