編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

OCR付き請求書処理AI「sweeep」が「クラウド会計ソフトfreee」とAPI連携を開始

オートメーションラボ

From: PR TIMES

2020-01-15 15:05

会計データの連携により請求書の処理をさらに快適に

オートメーションラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、100枚をたった3分で処理可能なOCR付き請求書処理AI「sweeep」において、freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下freee)が提供する「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」とのAPI連携を開始しました。



このAPI連携によりsweeepで読み取った請求書ファイルとAIが自動作成した会計仕訳データを会計freeeへ自動インポートさせることでより快適な業務フローを提供します。また、会計freeeで保持する勘定科目・口座・取引先・品目などマスタデータをsweeepへ常に同期させることが可能となり、システム間の連携ストレスが大幅に軽減され、さらなる利便性の向上・作業効率改善・コスト削減を実現します。


[画像1: (リンク ») ]



■OCR付き請求書処理AI「sweeep」について
sweeep は、当社が提供する企業の請求書処理業務を自動化するクラウド型OCRサービスです。独自のOCRエンジンとAI技術により、アップロードされた請求書を100枚たった3分のスピードで自動仕訳判定、会計処理します。[1] 従来型OCRでは不可欠だった帳票定義をすることなく、さまざまなレイアウトに対応できることが特徴です。また帳票の保管・管理、承認、会計システムへのデータ出力、支払連携など、ワンストップで業務を完結できる周辺機能を備えた特化型AI-OCRとなっており、経理担当者の負担軽減を実現するサービスです。


[画像2: (リンク ») ]

URL: (リンク »)


■API連携の背景
会計freeeは、100万を超える事業所に導入されており(※1)、sweeepを利用する企業からも連携のご要望を多数いただいておりました。また、freee株式会社では様々なクラウドサービスとfreeeとのAPI連携サービス領域の拡大を通したさらなる提供価値の実現を目指して、API公開範囲の拡大や開発サポート体制の強化などを行っています。このような背景のもと、sweeep による請求書データの読み取りからfreee会計業務までワンストップでより快適な業務フローを提供することを目指して、API連携機能の提供が実現いたしました。

※1:2018年4月時点


■会社概要
オートメーションラボ株式会社は、「テクノロジーで仕事にワクワクを」をミッションに掲げ、AI技術を用いた業務自動化サービスを開発運営しています。お客様の生産性の向上、新たな価値創出への貢献を目指し、2011年の創業から経理・人事・営業事務などバックオフィス領域のBPR事業・BPO事業を展開し、2016年にRPAコンサルティングを提供開始。2018年12月、100枚をたった3分で処理するOCR付き請求書処理AI「sweeep」をリリース。


会社名:オートメーションラボ株式会社
本 社:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1F SPACES
代表者:代表取締役 村山 毅
設 立:2011年6月6日
URL: (リンク »)


■本件に関するお問い合わせ
オートメーションラボ株式会社
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]