編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

三井住友カード、新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供

三井住友カード株式会社

From: PR TIMES

2020-01-15 15:45

お客さまの快適なキャッシュレスライフを見据えた「安心」「便利」の新しいスタンダードをご提案

 三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、1967年の設立以来、キャッシュレス社会の実現に向けてお客さまと共に歩んで参りました。
 このたび、キャッシュレスをご利用いただくお客さま向けに、新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供する準備が整いましたのでお知らせいたします。
 三井住友カードは、今回ご案内する決済エクスペリエンスを皮切りに、より快適なキャッシュレスライフに役立つ新サービスを今後次々とお届けしてまいります。



<三井住友カードのキャッシュレス決済戦略について>
 三井住友カードは、日本におけるキャッシュレスのリーディングカンパニーとして、事業者・利用者双方の「お客さま起点」でキャッシュレスへの課題解決を目指しています。2019年10月に事業者が抱えるキャッシュレス決済の不自由さの解決として、次世代決済プラットフォーム 「stera」を 発表(※1)いたしました。また、事業者が抱えるデータ活用やマーケティングの課題の解決として、保有する膨大なキャッシュレスデータを統計化し、取引先さま等に対するデータ分析支援サービス「Custella」を同年10 月より提供開始(※2)いたしております。
(※1)参照: (リンク »)
(※2)参照: (リンク »)

 一方、利用者起点に関しましても、急速なキャッシュレスの普及に伴いさまざまな決済手段が乱立するなか、実際にキャッシュレスをご利用されるお客さまが、未だかつてなかった「安心・安全」・「便利」・「お得」を実感できる新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスの準備を進めてまいりました。

<新たなキャッシュレス決済エクスペリエンスについて>
1.次世代カードのリリース
 2020年2月3日(月)より、当社が発行するすべてのクレジットカード(除く提携カード)を30年ぶりにフルモデルチェンジした新カードをリリースいたします。新カードは「先進」と「安心」をコンセプトにしており、キャッシュレスをご利用いただくお客さまに新しいスタンダードをご提案いたします。

■カード情報を裏面に集約
 新しいカードでは、お客さまの大切なカード情報(クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコード)をカード裏面に集約することで、クレジットカードご利用時におけるカード情報の盗み見等のリスクが低減し、個人情報保護レベルが向上します。さらに裏面に記載するカード情報は「Visaクイックリード」(※3)デザインを採用し、縦に並記して分かりやすい表示にしています。

■デザイン性の向上
 カード情報を裏面に集約することで、カード表面のデザイン性も高めています。新デザインでは、未来を映し出す光と足元を照らす光をイメージしており、お客様が歩む希望ある未来を、輝きを放つ1枚のカードに表現しました。

■Visaのタッチ決済を標準搭載
 新カードでは「Visaのタッチ決済」(※4)を標準搭載します。Visaのタッチ決済は、サイン、暗証番号入力が不要で、カードをご利用いただくお客さま自身がレジにあるリーダーにタッチするだけでスピーディーかつ安全にお支払いが完了します。世界のキャッシュレスの主流はすでにタッチ決済になっており、事前の登録やお支払い直前のスマートフォンなどの操作も不要で便利なVisaのタッチ決済が、まもなく日本でもキャッシュレスの主流になることを見据えています。

新カード発行開始日: 2020年2月3日(月)


・既存カードをお持ちの場合、上記以降、カード有効期限更新の際やカード再製の際に、新カードに切り替えさせていただきます。
・新しいカードの詳細については、以下のURLよりご覧いただけます。

(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

(※3)「Visaクイックリード」デザインはVisaカードのみの対応です。また写真入りカードは写真が裏面に掲載され、Visaクイックリードデザインの対象外となります。
(※4)「Visaのタッチ決済」
・本機能はVisaカードのみ搭載しております。
・非接触IC対応チップのうち世界標準のISO14443 Type A/Bの通信規格に準拠したVisaブランドの新しい決済手段です。
・Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。レジにあるリーダーにタッチするだけで、サインも暗証番号の入力も不要で、スピーディーかつ安全にお支払いが完了します。(一定金額を超える支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。)
・詳しくは以下のニュースリリースを参照願います。
(リンク »)

■キャンペーン
 新カードの発行にあわせて、新たにご入会いただいたお客さまやVisaのタッチ決済機能付きカードに切り替えいただいたお客さまを対象に、順次キャンペーンを実施いたします。詳細はキャンペーン実施時に改めてご案内いたします。

【今後予定している各種キャンペーン】

[表: (リンク ») ]


■最短5分でカード番号を発行
 2020年3月より、インターネット経由でカードをお申込みいただくと、最短5分でカード番号を発行いたします。発行した番号ですぐにインターネットでお買い物ができるほか、Apple PayやGoogle Payなどのモバイル決済
サービスに登録することで、実店舗でのお買い物も可能となります。


2.クレジットアプリからWalletへ
 2020年3月より、「三井住友カードアプリ」の大幅なアップデートを行い、「便利」と「安心・安全」を同時に実現する、Walletアプリとして公開いたします。従来のアプリの機能(カード利用履歴の確認、支払口座残高の確認、様々な変更手続き など)をさらに進化させ、他社を含む複数のカードや電子マネーの決済情報をまとめて管理したり、使い過ぎ防止や不正利用防止などの安心・安全機能を新たに導入致します。

<Wallet新機能概要>
■日常のお金の情報をまとめて管理
 他社発行のカードを含む様々なカード、電子マネー、ポイントカード、Visaプリペイド、銀行口座などの情報が一目で確認いただけます。複数のアプリを立ち上げることなく、このアプリ一つで、ご自身の日常のお金の情報をまとめて管理することができます。
[画像2: (リンク ») ]



■ワンランク上の利便性・安心の実現
1.ご利用通知
カードを使うたびにリアルタイムでプッシュ通知でお知らせいたしますので、不正使用もすぐに察知できます。
[画像3: (リンク ») ]




2.あんしん利用制限
お客さまが利用したくない場面でご自身で利用停止の設定が可能ですので、使わないときは停止するという新しい「安心」を享受いただけます。
(「海外利用」、「インターネットショッピング」、「すべてのカード利用」の区分で利用停止設定が可能)
[画像4: (リンク ») ]



3.使いすぎ防止アラート
お客さまが任意に設定したご利用上限金額を超えると、アプリにプッシュ通知でお知らせいたします。使いすぎを抑制し、ご自身の状況や希望に沿ったクレジットカードの利用が図れます。
[画像5: (リンク ») ]


4.口座残高不足アラート
カード引き落とし額と銀行口座の残高を比較して、残高が不足しているとアプリ上に表示いたします。クレジット引き落とし時の残高不足に事前に気づくことができます。
[画像6: (リンク ») ]



3.新しいコンセプトによる「かぞくのおさいふ」のリリース
 2020年3月より、ご家庭のより快適なキャッシュレスライフのサポートを目的に、クレジットカードとVisaプリペイドカードの長所を融合させた新しい決済サービス「かぞくのおさいふ」を開始いたします。
 それぞれのご家庭で必要に応じた単位のお財布を、キャッシュレスで管理いただけます。

■家族をつなぐ新しいプラットフォームの提案
 家庭を支える親にとって、家計や子どものお小遣いの管理は大きな課題です。家計を現金でやりくりする場合、利用使途が分かりにくく、収入に見合った適正な支出の把握も困難です。一方で、家計をクレジットカードでやりくりする場合、プライベートの利用が混在したり、つい使いすぎたりといった不便や不安があります。

 また、子どものお小遣いを現金で渡している場合、子どもが何に使っているのかを両親が把握するのは容易ではありませんし、紛失の心配もあります。急にお小遣いが必要になった際も、現金が手元にない、離れているのですぐに現金を渡せないなど、不便な要素があります。一方、子どもにクレジットカードの家族カードを持たせようとしても、年齢制限があったり、使い過ぎの不安など、思うようにいかないことがよくあります。

 このような課題に対し、三井住友カードは、家族のお金の流れに着目し、家族みんなのキャッシュレスを実現するため、家族をつなぐ新しいプラットフォームとして、「かぞくのおさいふ」を提案いたします。

■「かぞくのおさいふ」のコンセプト
家族をつなぐ新しいプラットフォーム「かぞくのおさいふ」の仕組みは以下のとおりです。
・家族で共有している家計を「かぞくのおさいふ」1つに集約
・家計の管理者は予め、毎月の家族のご利用予定額をクレジットカードで「かぞくのおさいふ」に入金(チャージ)
・「かぞくのおさいふ」から、お小遣いや仕送りとして家族の「個々のおさいふ」に入金
・家族は入金された範囲でVisaのプリペイドカードを利用
※本サービスは6歳以上(小学生以上)の方であればカードをお持ちいただけます。
・家計の管理者は、利用通知メールやアプリを通じて家族のお金の流れを見守り、快適に管理


[画像7: (リンク ») ]


 夫婦にとっての共通のおさいふ、子どものお小遣い用のおさいふ、ご両親への仕送りのおさいふ、これらを一括で管理できる、まさに家族をつなぐ今までにない新たなプラットフォームです。また、お子さまのお小遣いは親が残高を管理しながらお子さまのご利用を確認いただけますので、上手なお小遣いの使い方についてご家庭内で話し合うなど、金融教育の第一歩としても役立ち、キャッシュレスの入門として便利にご利用いただけます。

<ご利用ケース1>
子どものお小遣いとして、「かぞくのおさいふ」を利用
[画像8: (リンク ») ]


<ご利用ケース2>
夫婦が家計用に「かぞくのおさいふ」を利用
[画像9: (リンク ») ]


■かぞくのおさいふの充実の機能
かぞくのおさいふは、充実の機能を備えています。
1.ご利用通知サービス
家族のカード利用の都度、本人と家計管理者宛にメール通知が届くので、利用内容と残高を簡単に把握できます。
2.夫婦で共通のおさいふ
家計管理者として夫婦で残高を共有できます。
3.あんしん利用制限サービス
カード紛失時など、即座にご利用をロックできるほか、海外利用やインターネットの利用停止に対応しています。
4.オートチャージ
お小遣いや仕送りなど、決まった金額を毎月自動で入金が可能です。また、残高が指定金額を下回った場合も自動で入金することが可能です。
5.アプリとの連動
カードご利用明細や、残高など、アプリでリアルタイムに確認いただけます。
6.残高のおまとめ
家族間で残高を送りあうことができます。

 三井住友カードは、今後もお客さまにより安心・安全で利便性の高い決済手段を提供し、キャッシュレス社会の実現に向け取り組んでまいります。

以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]