編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

「Customer Engagement Conference TOKYO」に出展、OMO実現のためのリアルタイムCDP「INTEGRAL-CORE」

株式会社EVERRISE

From: PR TIMES

2020-01-16 10:45

1月22日(水)渋谷ヒカリエ、Repro初主催カンファレンス

デジタルトランスフォーメーション(DX)のためのテクノロジー支援を行う株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田宏昌)は、2020年1月22日(水)に渋谷ヒカリエで開催されるカンファレンス「Customer Engagement Conference TOKYO(以下CEC)」に、顧客データ活用のための次世代データベースエンジンCDP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」を出展します。

特設ページ: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]




イベント概要


[画像2: (リンク ») ]


イベント名 :Customer Engagement Conference TOKYO

      (カスタマー エンゲージメント カンファレンス トーキョー)

開催日時  :2020年1月22日(水) 11:00~18:30

会場    :渋谷ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1 9F)

参加費   :無料(要事前登録)

想定来場者数:1,000名

申し込み  : (リンク »)

主催    :Repro株式会社( (リンク ») )

ハッシュタグ:#cectokyo

お問い合わせ :CEC TOKYO 事務局  cectokyo@event-web.net



弊社ブースのご案内


これからのCEのために重要になるリアルタイム顧客データ基盤、CDP「INTEGRAL-CORE」をご紹介します。


ブース場所 :Hall A 展示エリア

出展内容  :・CDP操作画面デモ
       ・CDP解説マンガ配布(※)
       ・ノベルティー配布

※CDP解説マンガは下記ページからもダウンロードいただけます。
(リンク »)



CDP「INTEGRAL-CORE」(インテグラルコア)とは

CDP(=次世代DMP)とは、オンライン上の行動履歴、広告データ、オフライン実店舗での行動データなどを収集・統合し、顧客ひとり一人の姿を可視化するデータ基盤です。

広告配信などアクションの最適化、顧客理解、顧客体験向上(CX向上)、新しいビジネスモデル構築を進める上でハードルになる「データのサイロ化」を解決します。


【INTEGRAL-COREの特徴】


セグメントではなく「個客」単位の管理
リアルタイム高速処理で顧客の「今」を捉える
様々な外部ツール(BI、MA、LPOなど)と柔軟に連携可能



[画像3: (リンク ») ]




会社概要


当社は、デジタルトランスフォーメーション(DX)に必要不可欠なテクノロジーを幅広い企業に対して提供しています。10年以上にわたるマーケティング・アドテクの技術提供の実績に裏打ちされた、「ハイトラフィック・ビッグデータを扱い、かつ高可用性を実現する高度な技術」を持っています。この分野の技術に対応できる企業は国内でも限られています。各企業で収集した大量のデータをユーザーに紐づけ活用し、購買などに結びつけるための知見も合わせて提供しています。

社 名:株式会社EVERRISE(エバーライズ)
代表者:代表取締役 倉田宏昌
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F
設 立:2006年7月
U R L: (リンク »)



問い合わせ先

株式会社EVERRISE
広報担当・船崎(ふなざき)

MAIL : sakura.funazaki@ever-rise.co.jp
T E L:03-5772-3346(平日 9:00-18:00)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]