編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

カーナビステーション「ストラーダ」ベーシックモデル CN-E320Dを発売~新設道路を収録した2020年度版新地図搭載

パナソニック

From: PR TIMES

2020-01-16 11:25



[画像: (リンク ») ]

パナソニック株式会社 オートモーティブ社はAV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション CN-E320Dを2020年2月初旬に発売します。

本製品は、見やすい地図と分かりやすい案内の2020年度版新地図(※1)を搭載した「ストラーダ」のベーシックモデルです。

新東名高速道路の厚木南IC~伊勢原JCTや新名神高速道路の新四日市JCT~亀山西JCTなど、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け全国で新設された主要な高速・有料道路の情報を収録した2020年度版新地図(※1)を搭載。
交通事故防止対策のカラー舗装や、訪日外国人向けに変更された道路標識までリアルに反映させた新地図で、見やすく分かりやすく案内します。

さらに、交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載し、ルート案内中に交通状況が変わると渋滞を回避するルートを自動で再探索。準天頂衛星システム「みちびき」(※2)にも対応した高い自車位置測位精度でドライブをサポートします。
また、AV機能でニーズの高い「BLUETOOTH(R) Audio」(※3)に対応し、スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生でき、手軽に車内でも楽しめます。

「ストラーダ」の上位機種から継承した、高いナビゲーション機能とリアルでわかりやすい案内表示の新地図で、安心・快適なドライブをサポートします。

【主な特長】
1. リアルでわかりやすい案内表示の2020年度版新地図(※1)を搭載
2. 交通情報サービス「VICS WIDE」に対応し、渋滞を回避してルート案内
3.「BLUETOOTH(R) Audio」(※3)に対応し、スマートフォンなどの音楽をワイヤレス再生

▼「ストラーダ」SSDカーナビステーション CN-E320D
(リンク »)
※1 高速・有料道路の情報は2019年4月開通分まで、国道・都道府県は2019年2月開通分まで収録しています。
※2 準天頂衛星システム「みちびき」初号機のみの対応のため、「みちびき」からの電波を受信できる時間帯は限られます。サブメータ級測位補強サービスやセンチメータ級測位補強サービスなどには非対応です。
※3 BLUETOOTH(R)のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。

【お問い合わせ先】
お客様ご相談センター(オートモーティブ担当)
フリーダイヤル:0120-50-8729(受付時間 9:00~18:00 365日)

<関連情報>
・パナソニック「ストラーダ」SSDカーナビステーション CN-E320D
(リンク »)
・パナソニック カーナビ/カーAV
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]