編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

世界初*の育てるAIトレード「マイメイト」2020年夏頃、実取引化へ - AIに任せるこれからの投資 -  

インヴァスト証券株式会社

From: PR TIMES

2020-01-16 11:25



インヴァスト証券株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役:川路 猛)が提供するAIシグナル配信サービス「MAiMATE/マイメイト」で実取引ができるサービスを2020年夏頃のサービス開始を予定しています。*当社調べ

MAiMATEは、「お客様自身がAIを作り、育てていく」というユニークなコンセプトの基に誕生したサービスです。 β版は、2019年8月よりFXの売買シグナル配信サービスとして提供を開始しており、既に3,000種類以上のAIが当社のお客様によって作成され、育成されております。

新しいMAiMATEは、取引可能な資産クラスを当初FXのみの予定としておりますが、今後、複数の資産クラスを取り扱う「マルチアセット化」を視野に入れており、将来的には様々な資産クラスを取り扱う予定です。
MAiMATE のAIは、インヴァスト証券に口座をお持ちであればどなたでも無料で作成いただけます。作成にあたりお客様は(1)取引させる通貨ペア、(2)学習させるテクニカル指標、(3)ニュース情報、(4)教育方針の4つを選ぶだけ。選択すると、お客様毎に異なるAIが誕生いたします。誕生したAIは“トレーナー“であるお客様の育成方法を取り入れ学習し、さらに個性的なAIへと成長していきます。

新しいMAiMATEでは、人気のAIを育成したトレーナーであるお客様がメリットを享受できるポイントプログラム制度の導入なども予定しております。また、β版で誕生したAIに実際の取引をさせたいというお客様のご要望を受け、β版で育成したAIでのお取引も可能となります。

今後のアップデート情報は「MAiMATE」サイトにて随時公開してまいりますのでぜひご覧ください。

・MAiMATE サイトはこちら>> (リンク »)
・MAiMATE公式ガイドはこちら>> (リンク »)

■MAiMATE AIエージェント全体の2019年累計成績(2019年8月14日~12月31日)
個々のAIエージェントが継続学習を通して相場観を掴み着実に利益を積み上げた結果、MAiMATEサービス全体で400,000pips近い利益を獲得!登録AIエージェント数も順調に伸び3,000件超に到達。AIエージェント1件あたりの平均累計損益は +129.4pipsで着地しました。
[画像1: (リンク ») ]


※「AIエージェント誕生後のフォワードテスト結果のみ」を抽出
※ 疑似的なトレード結果は、インヴァスト証券「トライオートFX」のレートを使用しております。

■MAiMATE 次期バージョンの機能概要

※画面イメージ
<バージョンアップ後>
[画像2: (リンク ») ]

<現在>
[画像3: (リンク ») ]

※変更点は赤字
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]



【会社概要】
商号:インヴァスト証券株式会社 上場市場:JASDAQ 証券コード:8709
本社所在地:東京都港区西新橋1丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル
代表者:代表取締役 川路 猛
資本金:59億6,508万円
設立: 昭和35(1960)年8月10日
事業内容:金融商品取引法に基づく金融商品取引業
登録番号:関東財務局長(金商)第26号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会  一般社団法人日本投資顧問業協会  日本証券業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]