編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

みずほ情報総研、リホストにより『給与計算サービス』のシステム維持費削減

株式会社エクサ

From: PR TIMES

2020-01-28 10:25

1年半でCOBOLプログラム約6,000本のリホストを予定どおり完遂し、『給与計算サービス』事業収益性の改善に成功

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役 社長執行役員:千田 朋介、以下 エクサ)は、みずほ情報総研株式会社(以下、MHIR)が提供する「FX-Ware(R)給与計算アウトソーシングサービス」の基幹システムをリホストし、システム維持費削減・事業収益性向上に貢献しました。



事例詳細はこちら  (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

MHIRでは、1,000社以上の導入実績を誇る「FX-Ware(R)給与計算アウトソーシングサービス」で、コストの高止まりや収益性の改善をめざし、基幹システムのIBMメインフレームからの脱却を決断しました。移行方式はリホストを選択、移行先にWindowsベースのMicro Focus Enterprise Serverを採用。約1年半という短期間でCOBOLプログラム約6,000本の移行を予定どおり完遂し、システム維持費削減・事業収益性を改善されました。

お客様の声


現新比較フェーズはまさに正念場でしたが、エクサは本プロジェクトのために、テスト指示書の読み取りからジョブの実行までを自動化する専用ツールを作成してくれました。おかげで、プロジェクト日程に余裕をもたせることができたと思います。
エクサの文化なのか、プロジェクトチームの特性だったのか、作業を効率化させるツールが次々出てきて驚きました。あの手この手を駆使してなんとしても納期を守るという気迫を感じて心強かったです
大規模なシステムの移行ということで、難易度の高いプロジェクトでしたが、準備段階から密に連携し課題をつぶし込むことができました。検討開始直後は2年程度の期間を見積もっていましたが、今回1年半という短期間で移行ができたのは、協力してくれたエクサ社から得られたアドバイスが大きかったと感じています
以前よりもシステム規模も大きくなっており、今回のプロジェクトも決して簡単なものではなかったと思います。ただ、過去に経験したシステム更新と比べると、スムーズに移行を完了させることができました。
高品質かつ計画どおり移行できたことが何より。全社としてシステムの先鋭化に取り組んでおり、脱メインフレームの試金石でもあったこのプロジェクトの結果は、担当役員からも『当初の思惑以上の結果』という声をいただきました


事例詳細はこちら (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

事例詳細はこちら (リンク »)

株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月
資本金:1,250百万円
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。先進技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
URL: (リンク »)

事例詳細はこちら (リンク »)

※記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標の場合があります。
※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]