編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

JNB投資信託で全取扱ファンドの購入時手数料を無料化

株式会社ジャパンネット銀行

From: PR TIMES

2020-01-28 13:45

~さらにキャンペーンで信託報酬をキャッシュバック!~



[画像1: (リンク ») ]

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖 智人、以下「ジャパンネット銀行」)では、2020年2月3日(月曜日)より、現在JNB投資信託で取り扱う全ファンドの購入時手数料を無料化します。
これにより、購入時手数料0円のノーロードファンド数は、都市銀行・ネット銀行・新規参入銀行中No.1(※1)の361本になります。

また、2020年2月3日より、信託報酬をキャッシュバックするキャンペーンを実施、購入時手数料無料化と信託報酬のキャッシュバックで、お客さまの資産運用をより強力にサポートいたします。

信託報酬キャッシュバックキャンペーンについて


[画像2: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



詳しくはキャンペーンページをご覧ください。
キャンペーンぺージ: (リンク »)


JNB投資信託について
・取り扱いファンド数は361本で都市銀行・ネット銀行・新規参入銀行中No.1(※1)。
・つみたてNISA対象ファンドも50本と充実、都市銀行・ネット銀行・新規参入銀行中No.1(※1)。
・お客さまのニーズにあったファンドを厳選し、幅広く取り扱っています。信託報酬業界最低水準の「eMAXIS Slim」シリーズと「<購入・換金手数料なし>」シリーズを取り扱っているのは、銀行ではジャパンネット銀行だけ!(※1)

※1 投資信託(金融商品仲介業を除く)の取り扱いがある、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ソニー銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行で調査(ジャパンネット銀行調べ:2020年1月27日時点)。

ジャパンネット銀行の投資信託について
(リンク »)

◎投資信託の重要事項について
(リンク »)

-------------------------------------------------------------------------------------
株式会社ジャパンネット銀行
登録金融機関
関東財務局長(登金)第624号
加入する金融商品取引業協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
-------------------------------------------------------------------------------------

今後もジャパンネット銀行は、お客さまの資産運用ニーズにお応えできるよう努めてまいります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジャパンネット銀行の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]