編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

LINEでのお客さまサポートを拡充、AIチャットから有人チャットへの連携を開始

株式会社ジャパンネット銀行

From: PR TIMES

2020-01-29 16:55

~お客さまに身近なLINEでの対応範囲が充実~

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)は、2020年1月29日(水曜日)より、LINEでのお客さまからのお問い合わせ対応を拡充し、AIを活用した対話型チャットボットと担当者による有人チャットの連携を開始します。



【LINEでのお客さまサポート】
ジャパンネット銀行のLINE公式アカウントではAIチャットを利用し、お客さまのお問い合わせにお答えしておりますが、今回の機能追加で、AIチャットでお客さまのお困りごとが解決しなかった場合はAIチャットが有人チャットを案内し、そのまま担当者とチャットを行うことができるようになります。
普段からお客さまが使い慣れたLINEのトーク画面での対応を拡充することで、より便利にストレスなくお困りごとを解決いただけます。
※AIチャットは24時間365日対応、担当者へのチャット連携は平日9時~17時です。

【AIチャットから有人チャットへの遷移】

[画像1: (リンク ») ]


【ジャパンネット銀行のLINE公式アカウントについて】
お客さまサポートのアシスタント「モネ」が、24時間365日LINEでお客さまからのお問い合わせにお答えしています。カスタマーサポート専用として2017年11月に開始、友だち数は順調に伸び、2年1か月で15万人を超えました(158,650人 2020年1月28日現在、ジャパンネット銀行調べ)。

ジャパンネット銀行のLINE公式アカウント: (リンク »)

■幅広い問い合わせ対応
ATMでの入出金方法、Visaデビットの利用方法、ログインなどのお困りごとから、口座開設方法や支店名の確認など、幅広い質問にお答えしています。

■残高・取引明細の確認
口座情報を連携すれば、ログインすることなくトーク画面で普通預金の残高や直近5日間の取引明細を確認できます。

■コミュニケーション
ジャパンネット銀行でも販売しているナンバーズの数字選びや、運勢占い、日々のあいさつ、雑談などの対話も行うことができます。「モネ」というキャラクターを活かし、一般的な銀行のイメージにとらわれないフレンドリーなコミュニケーションを行っています。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


他にもジャパンネット銀行はお客さまのニーズや利用シーンにあわせたお問い合わせ対応チャネルをご用意しています。

【ジャパンネット銀行のお問い合わせ対応チャネル】
・電話/担当者による対応(年末年始、ゴールデンウィークの休業日除く9時~17時)
 ※お問い合わせ内容により、電話の対応日・時間は異なります。
・チャット/担当者による対応(平日9時~17時)
・ジャパンネット銀行LINE公式アカウント/AIチャット、残高・取引明細の確認(24時間365日)、有人チャットへの接続(平日9時~17時)
・お客さまサポートページ/よくあるお問い合わせ、AIチャット(24時間365日)、有人チャットへの接続(平日9時~17時)


今後もジャパンネット銀行は、お客さまのニーズにあわせた利便性の高いサービスの提供に努めてまいります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジャパンネット銀行の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]