編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス『Airペイ』2020年4月に「dポイント」の取り扱いを開始

株式会社リクルートライフスタイル

From: PR TIMES

2020-01-30 17:25

~業界最多水準(全29種類)の決済手段に対応~



[画像1: (リンク ») ]


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健、以下リクルートライフスタイル)が運営する、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス『Airペイ』は、2020年4月に株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下ドコモ)が運営する共通ポイントサービス「dポイント」の取り扱いを開始することをお知らせします。

『Airペイ』について (リンク »)
『Airペイ ポイント』について (リンク »)


取り組みの概要・背景
カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス『Airペイ』は、2018年より対応を開始しているドコモのスマホ決済サービス「d払い(R)」に加え、この度「dポイント」の取り扱いを開始いたします。これにより、『Airペイ』のオプションサービスである、ポイントがカンタンにはじめられる販促支援アプリ『Airペイ ポイント』では、「Tポイント」「Ponta」「WAON POINT」「dポイント」の最大4種類の共通ポイントサービスをご提供可能となり、『Airペイ』全体で対応できる決済手段の数は、業界最多水準(全29種類)になります。

経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」では、日本のキャッシュレス比率を現状の20%程度から2025年までに40%、さらに将来的には世界最高水準の80%を目指す方針が示されています。また、2019年10月より開始した「キャッシュレス・消費者還元事業」に伴い、お店・消費者双方のキャッシュレス決済ニーズは高まりを見せています。
そのような中『Airペイ』は、ネット世代の若年層からお年寄りまで幅広い年代の約7200万人(2019年7月末時点)の会員基盤を全国に持つドコモのポイントサービス「dポイント」の取り扱い開始により、さらなるお店の売上アップや来店したお客さまの満足度向上に貢献いたします。

これまでも、これからも、『Airペイ』ひとつでカンタンにあらゆる決済手段が利用できるようにし、お店と消費者双方のキャッシュレス決済にまつわる不便を解消していくことで利便性・生産性向上を実現し、より一層お店を支援していきたいと考えています。
[画像2: (リンク ») ]



『Airペイ』の店舗への3つの提供価値

1. 業界最多水準(全29種類)の決済手段に対応
「dポイント」の取り扱い開始により『Airペイ』ひとつで対応できる決済手段は、業界最多水準(全29種類)に。
[画像3: (リンク ») ]

※『Airペイ ポイント』は別途お申し込みが必要となります。


2. 端末導入や決済手数料の補助が受けられる
『Airペイ』は、経済産業省が2019年10月より開始した「キャッシュレス・消費者還元事業」において、店舗向けの支援を行う「キャッシュレス加盟店支援事業者(B型決済事業者)」として登録されています。『Airペイ』を導入することで国からの補助を活用することができます。

<『Airペイ』の具体的な補助内容>
・端末導入補助
必要な機器(iPad+専用カードリーダー)が0円となる「キャッシュレス0円キャンペーン」を実施中です。
これにより店舗は端末費用の負担なく導入できます。
・決済手数料補助
「キャッシュレス・消費者還元事業」実施期間中は、通常3.24%または3.74%の決済手数料が実質2.16%に。

※本キャンペーンは予告なしに変更または終了、終了後に再開することがありますのであらかじめご了承ください。


3. 『Airレジ』との連携で、注文入力から会計までスムーズに対応
0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』と連携すると、会計時の対応は決済手段をタップするだけで完了。より便利に使えます。端末ごとに異なる操作方法を覚える必要もなく、二度打ちによるミスも発生しません。


「dポイント」とは
「dポイント」は、ドコモが提供する共通ポイントサービスで、ドコモの回線契約がない方もご利用になれます。
dポイント加盟店での「dポイントカード」「dカード(R)」「dカード GOLD(R)」「dカード プリペイド(R)」のご提示、d払い加盟店での「d払い」による決済や、月々の携帯電話料金のお支払いなどでためることができます。
たまった「dポイント」は、1ポイントにつき1円として、dポイント加盟店やd払い加盟店でのお買い物にご利用になれるほか、ドコモの月々の携帯電話ご利用料金や機種変更代金などのお支払いなどにもご利用になれます。
(リンク »)
※dポイント加盟店でのお支払いに「dポイント」を利用する際は、dポイント利用者情報の登録が必要です。
[画像4: (リンク ») ]



『Airペイ』とは
『Airペイ』は、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービスです。主要国際ブランド7種のクレジットカードと、「Suica」「PASMO」などの全国の交通系電子マネー9種、「Apple Pay」などの決済手段に対応しています。
また、『Airペイ』のオプションサービスとして、中国最大級のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」「WeChat Pay」をはじめ、「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「au PAY」など6種のQR決済に対応できる『Airペイ QR』や、「Tポイント」「Ponta」「WAON POINT」に加え、今回2020年4月に取り扱いを開始する「dポイント」など4種の共通ポイントサービスに対応できる『Airペイ ポイント』(※)など、業界最多水準(全29種類)の決済手段に対応しています。
いずれもiPadまたはiPhoneと専用カードリーダー1台でカンタンに利用することができ、今後もあらゆる決済サービスに『Airペイ』ひとつで対応できるよう推進していきます。
(※)『Airペイ ポイント(powered by POICHI)』は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎)が提供する、ポイントおまとめサービス 「POICHI」と連携し、「POICHI」が取り扱う複数の共通ポイントを、ひとつの端末でカンタンにはじめられる販促支援アプリです。
[画像5: (リンク ») ]


※「d払い」「dカード」「dカード GOLD」「dカード プリペイド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]