編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

指紋データをサーバで一元管理できるデータベースソフトウェア OmniPass Enterprise Edition V4 を発売

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2020-02-04 17:05

生体認証管理を効率的に運用し会社の情報資産を守ります

ラトックシステム株式会社は、指紋情報の一元管理が可能な指紋認証システムソフトウェア「OmniPass Enterprise Edition V4」サーバーパック、およびクライアントライセンスを、それぞれ2020年2月下旬より販売開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



OmniPass Enterprise Edition (以下OmniPass EE) V4は、社内ネットワークに接続したパソコンで、指紋認証によるログオンや暗号化データの共有を実現するクライアント・サーバーソフトウェアです。Windowsログオンやパスワード付Webのログオン、暗号化ファイルの作成/復元などで、パスワード認証の代わりに指紋認証を採用することで、確実な本人認証をおこなうと同時に、個々のパスワード管理のわずわしさを省きます。
[画像2: (リンク ») ]

OmniPass EE V4 サーバーパックはWindows Server搭載パソコンにインストールし、指紋認証に関する情報を一括管理します。ユーザー情報を保存して指紋の照合に利用するだけでなく、各ユーザの権限を設定したり、イベントログによるアクセスの監視をおこなったりする機能があります。

OmniPass EE V4 クライアントは、5ライセンスから100ライセンスまでの5種類の中から選択。小規模から大規模まで、ユーザー数やクライアントPCの台数に応じて柔軟に対応することが可能です。

対応OSは、サーバー用がWindows Server 2019 / 2016に対応、クライアント用ソフトウェアは、Windows 10および 8.1、 Windows Server 2019 / 2016に対応しています。(Windows 10および8.1は、32bit/64bit OS共に対応しています)

本ソフトウェアは、当社製のUSB接続指紋センサー
SREX-FSU4GとSERX-FSU4GT、SREX-FSU3、SREX-FSU2に対応しています。
※SREX-FSU4、SREX-FSU1には対応していません。

【OmniPass Enterprise Edition V4】
◆ 特徴一覧


指紋情報データベースをサーバーで一元管理
指紋認証をパスワード入力の代替として利用
-Windowsログオンのパスワード入力を指紋で代用
-ログインが必要なWebサイトのパスワード入力を指紋で代用
-各種アプリケーションのパスワード入力を指紋で代用
指紋認証によるファイル・フォルダーの暗号化でデータ保護
ActiveDirectoryアドオンで簡易な管理/運用を実現
イベントログによる管理が可能
小規模から大規模システムまで柔軟に対応


◆ 対応OS
Windows 10、Windows 8.1(32bit / 64bit両対応)
Windows Server 2019 / Server 2016 / 2012 R2 / 2012
(SREX-FSU4G / SREX-FSU4GT、SREX-FSU3、SREX-FSU2が正常に動作していること)
※Active Directoryに対応している必要があります。
※Windows Serverではビルトインアカウントでは指紋による認証はご使用いただけません。

◆ 対応センサー
SREX-FSU4G / SREX-FSU4GT、SREX-FSU3、SREX-FSU2(弊社製指紋認証システムセット)
※SREX-FSU4、SREX-FSU1には対応していません。
※「SREX-FSU4G / SREX-FSU4GT」と「SREX-FSU3、SREX-FSU2」の指紋データには互換性はありません。
※本アプリケーションに指紋認証センサーは添付していません。別途お求めください。


【関連URL】
OmniPass Enterprise Edition V4
(リンク »)

現行の指紋センサーはこちら
USB指紋認証システムセットタッチ式「SREX-FSU4G / GT」
(リンク »)
(リンク »)

------------------------------------------------------------------------------
既存ユーザー様のセンサー追加時における
アプリケーションの取り扱いについて
------------------------------------------------------------------------------
本製品の標準価格は新規パッケージ版の価格です。
OmniPass EE V3をご使用いただいているユーザー様が新規に現行品の指紋センサー「SREX-FSU4G / GT」を追加される場合、 OmniPass EE V4(サーバー、クライアント共)のバージョンアップが必要となります。
前バージョンをお使いいただいているお客様に対し、有償バージョンアップ版のご提供をおこなっています。くわしくは、弊社システムソリューション事業部にお問い合わせいただくか、ラトックシステム OmniPass EE V4の製品ページをご覧ください。

(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]